2022年06月25日

来期新規講座開講に向けて講師面談

DSC03840c.jpg

 「那須シニアカレッジ」は、新年度が10月開講である。開講に向けて5月から準備が始まる。現状の講座以外に新規講座開設の申し込みも毎年あり、書類選考の後、役員面接が行われて開講の準備が始まる。交通費程度のささやかな講師報酬が支払われるが、ボランティアといってよい。現在21名の講師により27講座が開かれている。毎年多少の閉講があり、新規講座の開設は必須ともいえる。今日は、2講座の面談を行った。次は、新規講師がシニアカレッジの活動規程を理解し、受講生が集まれば開講の運びとなる。
 全国には、生涯学習の一環として地域行政が直接運営する場合、外部に委託する場合、市民が主体に立ち上げ自主運営する場合など形態は様々なようだ。名称も、生涯学習校、市民大学、カレッジなど様々だが、学校教育法に準じた教育施設を持っている訳でもなく、講座主体の生涯学習の集まりと理解することが正しいのだろう。当シニアカレッジもコロナ禍で受講生が減少した。高齢者が集団活動の場に参加することを家族が心配して、遠ざかっていることが最も大きな理由だ。新規講座を開設してもその点が解消しない限り、大きな改善を望むのは難しいが、学習に臨む気持ちも大切だが、健康寿命促進のためにも外に出る機会になって欲しいと願っている。
posted by はらっち at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2022年06月23日

日本の未来を託して

IMG.bmp
" 参議院議員選挙投票所入場券 ”

 「参議院議員選挙投票所入場券」が届いた。妻と連名の宛先だ。記憶にない。これまでは個別のハガキ形式だったように思う。選挙投票は欠かしたことが無いが、那須へ移住してからは期日前投票が殆どだ。町内の期日前投票所は、庁舎(役場)高原公民館の二カ所。距離的には高原公民館が近いのだが、黒田原方面へ出掛けた序が多いので庁舎になる。今回もそのように予定している。
 公示されて一斉に各党の選挙公約がメディアに流れ始めた。共通項は、「物価高騰対策」が並んでいる。その対策として「賃金」「消費税」も共通項。最近、メディアは先進国で賃金の上昇がみられない日本の実態を取り上げている。友人曰く[一時、未来は「JAPAN as No.1」とさえ言われていただろう、その日本は何処へ行ったのよ、ここ20年の政治の責任だよ]と怒り心頭だ。「今回の公約も目先の対策だけだね、日本をどのようにするか、長期的な政策を述べてくれないと」とも。「いや〜、現実的には海外旅行費が3割高の方が痛いね」と円安を揶揄することも。良識の府と云われてきた参議院、政党色を消して人物で選びたいとも思うが、それには琴線に触れる候補者が。ささやかな一票だが、明るい未来を期待して棄権する訳にはいかない。
posted by はらっち at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月22日

腰痛前線拡大中

DSC04725c.jpg
   ” シモツケ (6月22日)”

 時々、忘れた頃に腰痛が再発する。その兆候は、薄々感じると腰痛ベルトをしてビタミン剤を補給して対策を講じるのだが、効果てき面とはならない。診察を受けても「湿布を出しておきます。後は、腹筋と背筋を鍛えることですね」と云われるのが目に見えている。今日は、ゴルフコンペ「どんぐりの会」の月例なのだが、今朝まで様子を見ていたが、やはり十分にクラブが振れずドタキャンすることに。幹事にお詫びの電話と グループLINEに連絡を入れた。最近、腹筋運動をサボっていることと、連日長時間パソコンに向かっていることも要因なのだろう。庭にはシモツケが彩っているが、一方剪定した後片付けも気になっている。回復するまで自分に優しく振る舞うことに。
posted by はらっち at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月19日

売れない宅地

DSC03749c.jpg
   ” 知人の宅地 150坪 ”

 私の知り合いで3名が那須町内に別荘地内に宅地を所有している。三人の共通項は、バブル期に投資目的で購入したようなもので、老後は別荘を建てても良いと思うような考えだったようだ。その内の一人が、「娘達が相続したくないので売りに出すよ」と云うことで現地の小生にその手続きを託してきた。懇意にしている建築業者に不動産屋を紹介してもらい、店に訪問し社長と売却に関する相談をした。「取扱いは出来ませんね」と厳しい一言
 @ 土地の仲介は殆どない
 A 土地を保有していて建築を進める人はいる
 B 家屋付きの物件であれば引き合いはある
依頼した物件は名前の知られた別荘地内なのだが、別荘地としては敷地面積が狭い(150坪)、定住するには生活する上で利便性に欠ける等購入動機を喚起させるポイントが無いという。確かに、不動産情報を見ると驚くような価格で家屋が購入できる。土地を売却するには厳しい環境だが、テレワークの時代、若者にも食指が伸ばせる魅力的な環境ともいえそうだ。
posted by はらっち at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2022年06月16日

鷲子山上神社へ下見

2022.6.15.jpg
   ”鷲子山上神社(6月15日小雨)”

 「鷲子山上神社」へ下見に行った。26日にこの神社で知人のお嬢さんがお宮参りをするとのことで、お母さんから撮影を頼まれた。那須へ移住して間もなく写真仲間と訪れたが、殆ど詳細な記憶が無い。「鷲子山上神社」の名前を読めない恥ずかしさだ。知人のO夫人に恥を忍んで「ナビで設定できないのだけど、正式な読み方を教えて」と尋ねると「とりのこさんしょうじんじゃ」ですよ。「えっ、わしのこじゃないの」という掛け合い漫才のような有様だ。
 我が家から51km、約1時間半を要した。幹線道路から神社へ向かう山道は、対向車とすれ違うことも儘ならない道幅で一方通行ではないのだが、「入り口」「出口」と神社を周回するように案内している。境内は、フクロウ神社と云われるだけあって殆どの置物がフクロウだ。小雨で参拝者は数える程度だったが、これから紫陽花の開花時期を迎えると参拝者で賑わうことは、数多くの駐車場からも予想できる。明日から夏日が戻ってくるという。26日当日が穏やかな陽気であって欲しいと願う。
posted by はらっち at 16:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月14日

休耕田の姿

20220614_144039.jpg
" 休耕田の姿(6月14日 曇り)”

 那須高原地区には、開発された別荘地住宅地が点在している。その間は、昔の姿そのままに田園風景が広がっていた。移住して間もない頃は、我が屋付近の住宅地と幹線道路へ繋がる間は水田が広がり、田植え、稲刈りの光景も見ることが出来た。今日、散歩コースに道の駅方面に出掛けてみた。このコースは、余り距離が無く運動のための散歩には不適当なのだが、怪しい雲行きにこのコースを選んだ。
 我が家を出ると、以前のような水田は無く荒れた地が農道を挟むように続いている。減反施策が背景にあるのか、後継者難が農業を衰退させているのか詳しくは判らないが変貌し続ける原風景が残念である。
posted by はらっち at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2022年06月12日

6月のシロヤシオ

DSC03786ac.jpg
    ”シロヤシオ(6月12日曇り)”

 那須の銘木の一つ「シロヤシオ」、五葉ツツジともいう。愛子内親王のお印としても知られている。那須町内では数多くのお宅で育成し楽しまれている。我が家も移住後、庭に1本植えた。その後、知らない内に庭の中央に1本芽が出て今では50pほどに育っている。
 那須町で群生している地域は、マウントジーンズ上の中の大倉付近が有名である。尾根伝いに両脇に白い花で囲まれるような華やぎだ。シロヤシオの育ちは遅く年に数センチと伸びないのも、希少価値を助長しているかもしれない。
 我が家では昨年、木が真っ白になるほど花を付けたが、今年は3輪だった。隔年の開花という説もあるが、本当のところは知らない。花の時期は華やいでいて良いのだが、5月末から6月中旬にかけて紅葉のように葉をオレンジ色に染めるのも好きだ。連日の雨で洗われるよう輝いている。
posted by はらっち at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月11日

「那須連山展望コース」を歩く

2022.6.10.bmp

 昨日(6月10日、金曜日)、恒例の「遊歩会」があった。前夜の天気予報が気になっていた。早朝、霧雨が降っていたが、幹事のSさんからは、既に下見をして決行とのメールが6時に入って来た。今回はご近所さんのK下さんの愛車に同乗させて頂くことに。6時10分には自宅へ迎え来て頂き、集合場所へ。68号線の大谷の交差点を左折し、マウントジーンズへ向かう駐車場で待機。今回は、参加人数も少なく天候も悪いことから、二人で顔を見合わせて「今日は乗り気じゃないね」と。少し早く着き過ぎたようだ。7時前にAさんが到着し出発。今日は、残念事に参加者は最小の3名。68号線を外れ別荘地内に入ると途中から、那須連山が一望できるエリアに着いたが、残念事に霧に霞んでいて見えず。この辺は眺望も良いこともあってペンションが立ち並んでいる。少し歩くと最近人気な広大なひまわり畑に沿って歩く。数年前から入場料を取るようになった。最近、屋外ではマスク着用も緩和されているが、習慣になってしまい三人ともマスクを外さない。走行距離7qを1時間20分で周回。出発前まではやる気も低かったが、歩きながら世間話をしながら楽しい時間を過ごした。

 
posted by はらっち at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月08日

久しぶりの映画鑑賞

2022.6.8.bmp
   ” TOPGUN MAVERICKのパンフレット表紙”

 今朝思い立って映画を観に行くことに。以前から気になっていたトム・クルーズ主演の「TOPGUN」である。映画通の友人は既に観たという連絡を貰っていた。コロナ前までは頻繁に映画館に通っていたが、昨年は一度も足を運ぶことは無かった。映画館は、いつもの「フォーラム那須塩原」。出掛ける前にネットでチケット購入にトライしたが、クレジット決済が上手く行かずに時間切れで、映画館で購入する羽目に。9時50分の上映だったが、9時過ぎに行くと長蛇の列にネット購入しなかったことを後悔した。それでも席に座ると、上映開始時でも50名程度の観客数、後の人達はどのプログラムへと。
 スクリーンは、この施設で最も大きな300席の一番スクリーン。スクリーンも大きければ音響も良くお気に入りの場所。席を取る場合は、隣の席を空けて取るのが暗黙の了解事項だが、上映間際になって隣に座ろうとする人が現れた。おっちゃんだったら目くじらを立てる所だが、女性となればその気も起きず自分のいい加減さに嫌気を指す。
 映画の内容についてのコメントは差し控えるが、娯楽映画として十分に楽しめた。エピローグでポルシェを背に二人が佇む姿がやけに気に入ってしまった。予告で12月に「アバター続編」の上映が写しだされた。楽しみである。
posted by はらっち at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2022年06月05日

運動不足解消の散歩コース

page.jpg
  ” 自宅近くの散歩コースの風景 ”

 「ゴルファーの上達方法は歩くことですよ」とアマチュアゴルファーの質問に応えた青木プロ。大分前の話になる。最近、スコアが悪いのは歩いていない精かもしれないなどと良いように解釈しないでもない。又、診察の時に担当医に「運動不足です、自分に優しい性格が災いしていますね」というと、「一日、水分は2リットル、1万歩は歩きたいですね」とさり気なく言うのである。
 普段、時計型のゴルフナビの万歩計を利用して日々の歩数を気に掛けているが、平均して5000歩と云ったところだ。田舎暮らしの移動手段は車、どうしても歩くことが少なくなる。3時過ぎになって万歩計の数字を見ては、極端に少ないことに気が付くと、手近な散歩をすることにしている。愛犬が若い頃の散歩コースだ。約2500歩、30分。途中にはゴルフ場に沿って歩くので、ゴルファーの姿を見かけては、途中下車も時々。この程度の歩く距離では焼け石に水なのだが、ぼんやりとテレビ観戦より有意義と自画自賛である。
posted by はらっち at 16:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月03日

今日の駒止め滝

DSC03747c.jpg
  ” 那須高原駒止の滝(6月3日9時頃)”

 昨晩の雹には驚かされた。今朝は、草花と車の確認を急いだ。クレマチスが首をうな垂れていたが、他には被害なく安堵。曇り空だが、雨が無いことを確認し、久しぶりに駒止の滝をスナップに出掛けた。ゴルフ仲間のK下氏さんをお誘いした。移住されて5〜6年らしいが、那須に付いてはそれほど歩き回ってなく知らない事も多いという。その一つに駒止の滝があった。平日、天候も定まらないこの時期、観瀑台に人影は無かった。近くの北温泉も未踏と聞くが、復路の上り坂が頭をよぎり、「ここはテルマエロマエのロケ地、次回、奥方とご一緒にどうぞ」とスルーした。大丸温泉から恋人の聖地、湯本民宿街を通り旭橋手前から普段利用しない抜け道を利用して帰路に。K下さんには初めての事ばかりで驚きもあったようだが、「次回は、知ったかぶりを発揮して奥方のご案内を」と。次回訪れる時は錦秋の時期だろうか。
posted by はらっち at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2022年06月02日

ナスヒオウギアヤメ真っ盛り

DSC03735ac.jpg
   ” ナスヒオウギアヤメ(6月2日7時頃)”

 そろそろ「ナスヒオウギアヤメ」の開花時期だろうと県道68号線沿いの一つ樅へ車を走らせた。我が家から2〜3分の距離。真っ盛りで今が見ごろだった。しかし、いつもと違った背丈が低いように思われる。カメラのアングルに苦心をしそれを感じ取る。
「ナスヒオウギアヤメ」は、アヤメの変種で那須地方にだけ自生する。昭和天皇が那須町一つ樅で発見された。株の一部が昭和天皇により皇居に持ち帰られ東御苑で栽培されているという。
 那須検定「那須学物語」編によると、「ヒオウギアヤメの変種で花茎の先に紫色の花をつける。花茎は1mほどの背丈で高く枝分かれしている。アヤメに比べ葉の幅が広く全体的に大型。」とある。

DSC03736c.jpg

 一つ樅の自生地は、68号線沿いの三角地にありそれほど広くは無い。
posted by はらっち at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2022年06月01日

今日は写真の日

DSC03840bc.jpg
" クレマチス ”

 今日6月1日は「写真の日」。写真、カメラに関係する者には記憶しておきたい日でもある。1841年6月1日に日本で最初に写真撮影が行われた記念日であるが、モデルは薩摩藩主の島津斉彬と云われている。その日を記念して日本写真協会が1951年に制定した。その後、島津斉彬撮影説は誤りだったと訂正されているが、記念日はそのまま生きている。
 最近のカメラ産業の勢いは影を潜め、メーカー数も限られている。CIPAの統計資料を覗くと2010年度をピークに2021年度は最盛期の6.8%の生産数になっている。この衰退の要因はカメラ付き携帯、スマフォの利用者数拡大が最も大きな要因と推察する。又、ユーザーの楽しみ方も静止画から動画へと志向が変わり、その動画が簡単に撮れて簡単に再生できることもカメラの役割を変えたのだろう。全世界のカメラ市場占有率を独占してきた日本製カメラだが、関係者の一人として寂しさは拭いきれない。現状をみると今日は、少し寂しい写真の日でもある。
posted by はらっち at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月31日

断捨離のお手伝い

キャプチャ.JPG

 先日、知人Oさんの別邸を訪れた。「断捨離の途中だけど、義父のカメラが沢山見つかってね、価値あるものか、使えるか見てくれない」という要望だった。那須高原の別邸で年間の半分位は過ごされているので定住者に近いともいえる。既に何回か訪れている豪邸はいつものことながら綺麗に整理されている。広い庭も業者の手を借りているようにさえ見えるが、本人が草刈り機を駆使しているとのこと。
 テーブル上に10数台のカメラレンズが並べられた。一眼レフはニコンのフォトミック、交換レンズ3本、専用フラッシュ(未使用)で作動していた。コンパクトカメラ6台ほど。全ての製品は、ケースに収納され、電池が抜いていなかったことで、カビや電池漏液で使用不可であった。その内の1台に、全くお目に掛った事の無い製品があった。帰宅して調べると旧ソ連製の製品でネットオークションサイトで260円の取引価格が表示されていた。その事をOさんに伝えると爆笑されていた。「近い内にカメラ店へ持ち込んでみるよ」とのこと。最近は、一部のフイルムカメラを除いて安く引き取られているが、さて如何程になるか興味深い。
 我が家では、気持ちはあるのだが断捨離が進んでいない。部屋が空いていることを幸いに物置化していて物が増える傾向にさえある。「1年間使用しないものは、今後使う頻度も少なく処理すべし」らしいが、踏ん切りが付かない。一度息子立ち合いでプレ断捨離を実施することも一案かと思っている。
posted by はらっち at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月29日

平年並みにロニセラ開花

page.jpg
” ロニセラ(5月28日)曇り ”

 夏の陽ざしがやって来た。昨日の日中の車載温度計は25度を指していた。この時期は湿度も低く爽やかな風で暑さを感じない快適さだ。我が家近くの那須街道は大渋滞を起こしている。コロナ対応が緩和されたことも誘因の一つだろう。ツツジ、シロヤシオの季節は既に終わっているので、新緑が楽しみだろうか。
 我が家では、シャクヤクが開花中でロニセラが咲き始めた。例年の開花時期と照合すると略平年並みの時期。スイカズラが欲しくて購入したのだが、花の形はそれほど華やかでは無いが緑色と合っていて気に入っている。橙色が終わると紫色が開花する。大分橙色に勢力を侵されているが、これも楽しみである。初夏の訪れを報せるロニセラの開花である。
posted by はらっち at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2022年05月26日

敗戦続きのゴルフの戦い

20220525_122451.jpg
" 那須黒羽GCのランチ(5月25日)”

 那須へ移住してから幾つかのゴルフグループに参加している。これもコミュニケーションツールの一つで、スローライフの一角を占めている。昨日は、その一つ「どんぐりの会」の月例があった。コースは、その都度世話役が選出して決めるが、回数の多いのは「那須黒羽GC」。コースレートがそれなりでプレーし易いこと、プレー費が那須地区の標準的な料金で年金生活者の懐に優しいことも理由。
 このコンペは、賞品もなければ賞金もなく成績に関することはBBになると次回の世話役になることで、ペナルティーのようなものだ。「これではモチベーションが上がらないよね」と 比較的ご近所さんのゴルフ仲間K下さんと握っているのだが、これがいけない。1勝11敗と散々たる結果なのである。この1年実戦経験が乏しいことが災いしているようで、時々大叩きをするのが敗因の大きな理由だ。しかし、当分勝ち目は無さそうだ。敵は、やる度に成績を伸ばし、当方は、良くなる要因が見つからない。でも、プレーできる事と楽しめることで十分満足と逃げ場を探している。次回の敗戦理由は「年齢が違うよね」と言い訳しないように、結果を出したいと思うのだが、さて。
posted by はらっち at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月22日

芍薬の季節到来

DSC03695c.jpg
   ”芍薬(コーラムチャーム)5月19日 ”

 我が家の庭には、6種類の芍薬(シャクヤク)が育っているが、先陣を切って「コーラムチャーム」が咲いた。6種類の内で色合いが最も好きな花である。4年ほど前に根きり虫にやられて枯れて2代目だ。今朝は、雨に打たれて花びらを固くしていたが、それ程開花期間が長くなく、もう見納めかもしれない。来年に向けて剪定とお礼肥しが欠かせない。
posted by はらっち at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2022年05月21日

広報モニター会議に出席

IMG.bmp
    ” 広報那須5月号 ”

 昨日、那須町庁舎会議室で開催された「第1回モニター会議」に出席した。18年前の移住後間もない時に1回目のモニターになっているので2回目になるが、知人のDさんからのお誘いが参加の動機である。最近、モニター応募を募っても集まらないらしい。今回の会議には5名のモニターの内4名が出席したが、全て顔見知りの人達、安堵感と若い男性、女性の顔が無いのが残念。庁舎側からは、担当の課長、係長、主査の3名の方が主席。自己紹介から広報誌「広報那須」の現状について説明があり、意見交換に進んだ。発行部数は8600部だが、「広報那須」がどれほど読まれているのか疑問、制作の努力が報われていないのではないかと多数意見。今日、ネット情報社会、紙媒体の配信から更なる電子情報への切り替えも必須では無いかとの意見も。情報満載の「広報那須」、情報を欲しがっている人は誰なのか、読んで欲しい人は誰なのかにより、掲載情報も異なってくる。1万世帯、約25000人町民の那須町だが、リゾート特有の定住者以外の不定期半町民も多い。那須の良さを知って頂くにも、豊かなライフスタイルを享受するにも那須町の情報配信の有り方が注目されている。予定の会議時間を大幅に超過して1回目の会議が終了した。


posted by はらっち at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月20日

集団検診の日

GUM06_CL11006.jpg

 那須町では、年に一度の集団検診が行われる。2月頃には 、検診予定日と検診場所の問い合わせが来て、その回答に合わせて詳細な連絡が来る。自宅宛てに大腸がん検診の検便(2日法)と検尿の容器が送られて来る。これは検診場所での混雑を回避する手段とみた。コロナ感染対策の副産物かもしれない。高齢者になると検診料金は無料になる。 検診料が有料でもリーズナブルである。考えようによっては、早期発見で保健コスト(治療費)を抑えられれば安くなり、町民の健康寿命促進に寄与できることになる。
 ゆめプラザにて8時30分検診の連絡を頂いていたが、8時10分に着いてしまった。10分程待つように言われてマイカーの中でテレビ視聴をしていると、受付の女性がわざわざ呼びに来てくれたのには恐縮してしまった。受付に行くと待機者は誰もいない、体重、身長測定、眼底検査、心電図、血液採取、レントゲン撮影と全く待ち時間なしでスムースに流れて約15分程で終了した。先日、PETを受診し、3か月毎に定期診察を受けているので、胃カメラ等は省いている。それにしてもコロナ感染対策が徹底されていて、全く混雑しない集団検診は、コロナ終息後もこの方法でお願いしたいものである。
posted by はらっち at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2022年05月18日

先が見えない?

GUM06_CL06016.jpg

 半年前位から視力の低下が顕著になっていることに気が付いていた。ゴルフの時、ショットしたボールの行方だが「よくあんな遠くまで見えるね」と云われるのが自慢だった。それが、全く見えなくなった。左右の目を片方ずつチェックするとどうも左目の視力が悪い。先日、メガネ店で検眼してもらうと、免許証更新のクリアライン0.7ぎりぎりだった。これでは、次回来年の更新が危ういと思い、今日、眼科クリニックへ意を決して出掛けた。
 那須町内には眼科が無く隣町の那須塩原市になるのだが、それも限られている。何年か前に飛蚊症で診察を受けた那須塩原駅前のクリニックを再診した。9時から診察だが、10分前に行くと広い駐車場は満車に近く、待合室は座る席も無かった、1時間ほど待たされて問診に近い視力検査の後診察、「精密検査をしましょう、瞳孔を開くので今日は、車の運転は出来ませんよ、宜しいいですね」と念を押された。40分後点眼で瞳孔が開き、眼底撮影、眼球の断層撮影等の後診察、「白内障ですから手術しましょう、と決断するレベルには無いですね、後一月後に再診して決めましょう」との診察結果に複雑な心境。予想していた長時間の2時間半の診察。外に出ると瞳孔が開いているので眩しくて眼を開けていられない。車に駆け込みサングラスを掛け何とか歩ける明るさに。那須塩原駅前までランチをしようと歩いたが昼食時で3軒の店は満席、歩いて車に戻ると1時間ほど経過したこともあり何とか視界が落ち着いてきた。いつもより更に慎重運転に心掛けて帰宅。目薬を支給されたが、一月後の診断結果が気になる。殆どの人が通る老化現象、手術して先が見通せればスローライフも更に楽しめそうなのだが。
posted by はらっち at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記