2016年04月30日

デニッシュパンを焼く

DSC02366c.jpg
      ” デニッシュパン(4月30日午後)”

 一昨日、COPPEで「クロワッサン」の講座があった。気心の知れた女性がお二人と初対面の女性がお二人の計5名の賑やかな講座になった。メニューはクロワッサンだったが、好んで食べないので私だけデニッシュ食パンに替えて頂き学んだ。
 しかし、野暮用があって焼成を待たずに教室を後にし夕刻、デニッシュ生地を頂きに行き、冷凍保存していた。今日の午後、解凍しバターを入れて二次発酵させ、食パン型に入れず三つ編みにして焼成しみた。いつもの食パンと違い発酵時間や焼成時間が判らず、オーブンを覗きながらの悪戦苦闘。それなりに様になった。
明日の朝食に味見をしてみようと思うが、出来ばえが良ければパン作りメニューに加えたいと思っているが果たしてその結果は・・・・。
posted by はらっち at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | パン生活

2016年04月29日

庭桜が雨に散る

DSC08649c.jpg
         " 我が家の庭桜 (4月27日 午後)” 

 鉢物の庭桜を那須へ移住してから庭に下ろした。我が家を得たりとばかり元気に蔓延り始めた。背丈は1m弱、庭の片隅、道路脇に咲いている。ご存じない方も多いらしく通りすがりに「これな何の花ですか?」と問い掛けられ、「桜です」というと驚かれる。先日、伊王野の道の駅で鉢物で販売しているのを見かけた。花付きも良く、場所を取らずにチョットした華やかさを楽しむのも良い。昨晩から今朝に掛けての強風雨ですっかり花を散らしてしまった。
posted by はらっち at 17:20| Comment(3) | TrackBack(0) |

2016年04月27日

牡丹の大雄寺へ

DSC02355c.jpg
     ” 本堂前の牡丹(4月27日13時頃)”
 
 午前中、「フォーラム那須塩原」で映画を観た序に、大雄寺(だいおうじまで足を延ばした。

page4.27.jpg

 大雄寺は、大田原黒羽にある。「牡丹が開花した」と云うニュースに足を運んだのだが、咲き始めでGWになってからが見頃になると思われる。この寺は、修業の場でもあるが、静かな佇まいと境内には所々に腰を休める処もあって、庭園を眺めながら時間を忘れるにも良い。
posted by はらっち at 18:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月26日

同僚夫妻と那須高原の休日を過ごす

DSC02334c.jpg
      " 那須高原セントミッシェル教会礼拝堂(4月26日)”

 同僚夫妻は、社内結婚と云う事もあり私には共通の友人。今年も奥方の出身那須塩原市内の菩提寺に墓参に訪れた。いつも那須高原に宿を取り、西那須塩原駅前の菩提寺への送迎が終わると拙宅での雑談、大半が昔話を楽しむ。翌日はホテル仕立てのバスの出発時間2時半まで、芦野、伊王野地区、少し足を延ばした南会津、大内宿、白河と計画も無く車を走らせる。 
 今日は、ビジターセンター、観瀑台、北温泉、峠の茶屋まで行った。峠の茶屋駐車場片隅のテーブルで休んでいると、「はらっちさ〜ん」と若い女性の声、何と、MAOさんがお姉さんを助手席に新車で案内中。
 その後、ステンドグラス美術館へ。過去に案内済みと思っていたが、失念をしていたらしい。ミュージアムショップ2階に小生の湖水地方の写真が展示されているので案内。4年ぶりに訪れた。この後、セントミッシェル礼拝堂へ。ここでは写真撮影もOKなので早速にスナップ。ランチは、Liccaにてパスタランチ。
 新緑又は紅葉の季節の再訪を促し、夫妻はホテルのバスで帰路に着いた。 
posted by はらっち at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月25日

桃源郷?

DSC02326c.jpg
     ” 桃の花が満開 (4月25日10時頃)”

 5〜6年前まで雪柳街道沿いに桃の木の並木道があった。宅地化のために一部伐採されて見映えが悪くなった。宅地化するにも残せば良いものをと友人と愚痴話をした記憶がある。  その奥に桃の木の群生地がある。畑を取り囲むように彩っている。友人宅へ届け物をした序に立ち寄ってみた。満開だった。一通り撮り終わって車に戻ろうとしたら、カメラを持った四人の男性と出会した。顔見知りの人かと思ったが、覚えが無かった。車のナンバーを見ると「練馬」ナンバーだ。別荘族か、定住者か判らないが、写真好きな人達には写材を嗅ぎつけてこられるのだろう。桜が終り桃の花が彩る季節になった。
posted by はらっち at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月24日

シラネアオイ一輪ひっそりと

DSC08625c.jpg
       ” 我が家の庭のシラネアオイ一輪 (4月22日)”

 シラネアオイの株は、毎年のようにシラネアオイ園で購入して庭に植えているが、成績は極めて悪い。翌年は、申し訳なさそうに芽を出すが咲く事は皆無。今年は、一輪咲いた。しかし花の大きさ茎丈は低い。
 「上手く育たないんだよね」とシラネアオイ園のオーナー佳奈さんに泣き事をいうと
1. 冬乾燥させていません。霜柱が立つと土壌が乾燥しますよ
2. 肥し喰いなので十分に寒肥しをやっていますか
と云われた。土壌も影響しているのだろうと、昨年、40L程土壌を頂き植え替えたが、結果は同じだった。さてどうしたものか。最後の手段は、佳奈さんに往診に来て頂くか、それともシラネアオイを育てるのを諦めるかの選択肢か。GW明けにシラネアオイへ馳せ参じてアドバイスを頂こう。
posted by はらっち at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月23日

菩提寺にも春の訪れ

page4.23.jpg

 菩提寺の境内に足を踏み入れると、ツツジが開花まじかに彩られ、本堂近くの枝垂れ桜は花を散らし始めていた。この菩提寺は、我が家から車で約30分の距離にあり、母の祥月命日には訪れるようにしている。ツツジ、枝垂れ桜の他に梅、牡丹、シャクヤク、モクレンなどが季節の彩りを添える。それらの木々、草花は手入れが行き届いていて気持ちが良い。ひと月に一度の訪れは、形式的にならない様に戒めるようにしているが、さて、その気持ちはご先祖に届いているのか計り知れない。 
posted by はらっち at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月21日

カタクリ、ギンランを求めて

page4.21.jpg
        ” 我が家で開花中のイカリソウ(4月21日10時頃)”

 昨日、那須シニアカレッジ「カメラ基礎知識講座」があった。講義が終わってその足で受講生のO田氏と伊王野、芦野地区へ向かった。目的の一つは、伊王野城址(霞ケ城)近くの公園のカタクリを求めて行ったのだが、残念ながら花は終っていた。次は、芦野地区の竹林内に咲くギンランが目的だ。数年前に開花中のギンランが眼に入り、再訪したいと思っていた。知人のフェースブックに開花中のギンランを見て、慌てて来たのだが影も形もなった。知人に電話を入れると掲載したギンランは、数年前のものだと恐縮していた。ご一緒したO田氏には無駄足を踏ませてしまったが、昼食は伊王野道の駅の水車蕎麦で溜飲を下げて帰宅。
posted by はらっち at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月19日

シャクナゲの開花は例年より早い

DSC08585c.jpg
    
 気温の上昇と共に一揆に草花が咲き始めた。その一つにシャクナゲ(石楠花)がある。庭に5本あるが殆どがアズマシャクナゲで一揆に開花するが、屋久島シャクナゲの開花はいつも遅い。

DSC08594c.jpg

 1m程に成長した日本シャクナゲ(アズマシャクナゲ)が2本あるが、その内の1本は、25年ほど前に奈良在住の時、室生寺の参道で購入したものだが長生きをしてくれている。以前は、引っ越しを想定して植木鉢で育てていたが、庭に下ろしてから生育も良く花付きも良い結果をもたらしている。シャクナゲが終わるとツツジ類の開花になる。
 
posted by はらっち at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年04月17日

愛車は夏へ衣替え

hero_tyre.png
        ” 愛車装着のタイヤ(225X65X18)”
   
 昨日、冬タイヤから夏タイヤへ履き換えた。例年、4月下旬に行っているので、少し早い。2年前だったろうか、4月24日に積雪があり、それが記憶にあって慎重になっている。今シーズンは雪も少なく、冬タイヤの活躍の場は少なかった。効果があったのは、南会津の雪道、北温泉へ走った時位ではないだろうか。
 自宅から近くの68号線沿いにブログ繋がりの知人のカーサービス会社があり、そこへ始めてお願いをした。ご主人がおられて、作業待ち時間の間世間話に花が咲いた。地元の店の良いところだ。
 やはり夏タイヤの走り、乗り心地が違う。最近、友人の事故を耳にしただけに、気を抜かず安全運転を肝に命いじたい。
posted by はらっち at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月16日

那須の桜を訪ねて

DSC08564c.jpg
      ” 時庭橋付近より那須連山を望む(4月16日9時頃)”

 天気が崩れるとの予報を耳にして、慌てて撮り残した那須里地区の桜を撮りに行った。クリアな青空ではなく不満は残ったが、こればかりは自力では如何ともし難い。

page4.16.jpg
     ” 縦;4号線沿い  右上;田中地区 右下; 余笹川沿い”
 
 里地区は、殆ど葉桜に近い状態で、時期的に遅すぎたようだ。旧田中小学校跡地の校庭では、シニア男女が桜に囲まれながらゲートボールに興じていた。これからは、高原地区で残り少ない桜を楽しむ事になりそうだ。  
posted by はらっち at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月13日

野草の佇まい

page4.13.jpg
      ” 上;キクザキイチゲ(紅紫) 下;トガクシショウマ(4月9日)
             マクロレンズ撮影 ”

 気温の上昇と共に、庭では草花が芽を出し始めた。既に開花をして野草も幾つか。その内の一つがムラサキイチゲ、ムラサキの色が鮮やかだ。トガクシショウマも一輪で終わりかと思っていたら、三輪に増えた。
眼を凝らさないと見過ごすような大きさだ。先日の強風で花弁を痛めているが、この時期は存在感を示している。
posted by はらっち at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年04月12日

鶴ケ城の桜は満開!

DSC02281c.jpg
    ” 鶴ケ城の桜 (4月12日13時頃 晴)”

 冬の寒い日に「桜を観に行こう」と計画が持ち上がり、その時4月12日と決行日を先取りして、愉快な仲間達と会津へ出掛けた。朝方の出発時は気温も低くく、現地での天候も気になっていたが、絶好の花見日和となった。
8時に出発して東北道を北上して郡山を経由し磐越道会津若松で降りて、一路喜多方へ。

page4.12.jpg
    ” 日中線記念自転車歩行道の枝垂れ桜 ”

 喜多方ではラーメンを食べる事が大きな目的の一つ、昼時には早いので桜の名所(日中線記念自転車歩行道)の枝垂れ桜を観に行く。かつて喜多方駅と熱塩駅を結んでいた日中線の線路跡地の一部約3kmが遊歩道となり道路両サイドに枝垂れ桜が咲き誇り楽しませてくれる。
 喜多方ラーメンを食した後、会津若松鶴ケ城に立ち寄り花見を楽しむ。今日が真っ盛り、この日しかないという絶好の日であった。ライトアップも素晴らしいに違いない。総走行距離290kmの「春のチョイ旅」は大満足。
posted by はらっち at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月11日

我が家の桜は八分咲き

DSC08538c.jpg
    ” 我が家の桜 (4月10日16時頃)マクロレンズ撮影 ”

 我が家の庭の片隅に咲いている桜は、八分咲き。種類は「ソメイヨシノ」のはずだが定かで無い。枝の一部が駐車場に架かり、邪険に扱っている。というのも樹液が車の上に落ちて塗装を痛めているのだ。先日写真仲間のG蕃邸を訪れると、立派な桜が姿を消していた。同様な理由だ。
 ピンクがきつ過ぎるようにも思えるが、4〜5日楽しませてくれそうだ。
posted by はらっち at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年04月09日

那須町の桜の競演

DSC02163c.jpg
         ” 伊王野専称寺の枝垂れ桜 (4月8日10時頃)曇”

 那須町内も桜の開花情報が届くようになった。室野井へ行った序に伊王野、芦野地区の桜を見て回った。
伊王野専称寺は、那須町に二つある重要文化財の一つ「金銅阿弥陀如来立像」がある。毎年のように訪れているが、青空になった事が無い。普段の行いが理由とは考えたくないが。

DSC02189c.jpg
     ” 堂の下岩観音 (4月8日11時頃) ”

 5〜6台で満車となる駐車場は三脚が並んでいた。菜の花、桜、定番のアングル、「四季の那須フォトコンテスト」でも入賞の回数が多い。夜にはライトアップがされる。

DSC02203c.jpg
     ” 那須歴史探訪館と御殿山の桜 (4月8日11時半頃) ”

 歴史探訪館は、東京オリンピックスタジアムのデザインで脚光を浴びている隈研吾氏作。道路を挟んだ向こう側には御殿山の桜が彩りを添えている。

DSC02211c.jpg
     ” 旧平久江家の枝垂れ桜 (4月8日11時半頃)”

 芦野郵便局の直ぐ近くに旧平久江家の枝垂れ桜が道路を塞ぐように垂れ下がっている。残念なことに電線が被ってしまった全景をカメラに収める事が出来ない。地元有力者が東京電力に電線の移設を依頼しているようだが、今年も実現していない。観光立町をいうなら自治体が積極的に動きべきだと思うが、腰が重い。

DSC02219c.jpg
     ” 御殿山から芦野の田園、遠くに那須連山を望む(4月8日)”

 御殿山の桜は、全山満開に後2〜3日だろうか。御殿山から那須連山を望む光景も「四季の那須フォトコンテスト」で、何回か上位入賞を果たしている。ピクチャーフレームの桜がチョット寂しい。
今週の土曜日、日曜日は花見で賑わう事だろう。
posted by はらっち at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月07日

奥甲子の秘湯大黒屋へ

page4.06-2.jpg

 那須高原から会津方面に抜けるルートの一つに甲子道路がある。2008年に甲子トンネルが出来るまでは、冬季期間は通行止めになっていた。その甲子トンネルの入り口付近に「奥甲子温泉」がある。温泉施設は、大黒屋のみだ。

page4.06-3.jpg

 トンネル開通と共に、利用者も増え経営状態も右肩上がりになったのだろう、立派な施設に姿を変えてしまった。甲子トンネル前を沢方面に降りて行くと大黒屋の建物が目にはいる。入湯料は、700円、確か以前訪れた時は600円だったように記憶している。
 「今は、誰も入っていませんのでゆっくりと入ってください」と帳場で声を掛けられる。13時を過ぎると本館の男湯、女湯は清掃のためクローズになり、回廊を渡って、混浴の大岩風呂に向かう。隣に女風呂「桜の湯」があり、度胸の無い女性には救いである。といっても女性が入っているところに入るのを躊躇するのは男の方が多いと聞く。大岩風呂は泉温が低い、中央付近は1.2mの深さがある。立って入る事になるが、中央には腰掛け用の岩がある。透き通る単純泉も良いが、やはり那須鹿の湯の硫黄泉が好きである。
posted by はらっち at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月06日

カフェ&パイの店タラゴン

DSC08277.JPG
      
 国道4号線を那須から白河へ向かって走ると、林に囲まれた土手沿いに目立たない店がある。「カフェ&パイの店タラゴン」。パンの先生から推奨されていたので気になっていた。思い切って訪れてみた。林を切り開いた駐車場からは、店を一回りするようにして玄関に入る。

page4.06.jpg

 店内は、シックな佇まいで、道路側にはサンルームが増設されて青空を見上げる事が出来る。「母娘の営業でお待たせする事があります。」と玄関ドアに告知がされている。ユニークだ。人あたりの良い対応に納得。
パイ料理に、飲み物、サラダが付いたランチセットメニューは、1100円(税込)。リーズナブルな料金にも満足。4号線を走りさるトラックの騒音を除けば、お薦めの店の一つ。
posted by はらっち at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年04月05日

雨中の花見は・・・・

DSC02124c.jpg
      ” 恩師宅の枝垂れ桜 (4月5日10時頃小雨)”

 中学生時代の恩師より「枝垂れ桜見頃になった」とお誘いを受けた。毎年の事だが、今まで時期を逸していた。今年も4〜5日前に連絡を頂いたのだが、天気予報とにらめっこで雨を避けて今日にした。それが残念なことに、矢板を過ぎると雨が激しくなり鹿沼の恩師宅に到着した頃も小雨にはなったが、青空など望むべくも無かった。
 桜の撮影には順光、背景が青空と云うのが綺麗に仕上がる定石だが、残念な結果だ。旧家の恩師宅は、他にも枝垂れ桜が1本、八重桜が2本ある。八重の方は連休頃らしい。鹿沼となると簡単に足を延ばせる距離でも無いので、「来年の青空に期待します」とご挨拶をして失礼した。帰宅すると那須高原では曇り空で雨は降らなかったらしい。これからは地元の桜の開花に期待である。
posted by はらっち at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月04日

バットマンVSスーパーマンを観る

IMG.jpg
     ” おまけに頂いたクリアファイル (4月1日)”

 久しく映画館に行っていない事を思い出して、「フォーラム那須塩原」へ出掛けた。特別観たい映画があった訳では無く、「待たずに観られるものを観る」という条件に合ったのが「バットマンVSスーパーマン(ジャスティスの誕生)」だった。久しぶりのスーパーマンに出合う。内容は、推して知るべし娯楽映画で、ここまで主役を簡単に扱うのか、という苦笑ものとみた。
 スーパーマンと云えば、52歳の若さで亡くなった「クリストファー・りーブ」が忘れられない。今風に言えばイケメンの代表格。スーパーマンの父親役は、マーロンブランドだった。彼も既に故人。初期のスーパーマンのイメージが焼きついていて、どうもピンとこない。エピローグからは続編もあるらしい。観た後は、記念にカタログを購入し、最後のページに入場券の半券を貼りつけて保管しているのだが、今回は食指が動かなかった。
posted by はらっち at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年04月02日

春なんだね〜。

DSC08484c.jpg
       " トガクシショウマ (4月2日16時頃)”

 芽が序々に土の中から顔を出し始めた我が家の庭の情景。レンゲショウマ、ヤマシャクヤクが赤い芽は印象的だ。その傍で、トガクシショウマが一輪咲いていた。見落すところだった。毎年、咲いてはくれるのだが、「おまえいつ咲いたのよ」と苦情を投げ掛けるようなタイミングになっている。トガクシショウマは、茎丈が20〜30cmになると云うが、我が家のは10cm位だ。今回は、茎丈が2cm程で1cm位の花を付けた。戸隠山で発見されたことから、「トガクシショウマ」と命名されたようだ。庭で小さな春を見つけた。
posted by はらっち at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) |