2016年05月06日

毎日が日曜大工

DSC02377c.jpg
    ” 修復完了のデッキ階段 (5月6日)”

 我が家には庭に面して9坪のデッキがある。木製、俗に言うウッドデッキだ。10年前に全部取り換え、出来るだけ痛みを少なくするように毎年防腐剤を塗布している。4〜5月前より階段の一部の踏みづらが柔らかくなってきて補修をしたのだが、最近、特に柔らかさが増し「階段の上り下りが不安」と妻から苦情が増して修理を試みた。踏み面の真ん中をのこぎりで切ると簡単に取り外す事が出来た。取り付け分も踏み面も腐っていた。他を診るとやはり痛みが激しい。作りかえるには専門家の力が必要なようだ。取り敢えず手持ちの木材で修復をした。
 デッキ全体にも防腐剤を塗布したが、表面だけでは防腐効果は怪しい。又、作業(塗布)も明らかにいい加減だ。費用を掛ければ腐り難いネオウッドと云うような材料もあるらしい。これは、防腐剤を塗布する必要も無いという。ご近所の写真仲間のTさんのデッキがそうだ。デッキの寿命と身体の寿命、天秤に掛けて損得を試算するのも空しい。毎日が日曜日の生活、時間は十分にあり過ぎる。いつでも日曜大工だ。当分、素人大工で補修を続けてみようと思う。
posted by はらっち at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記