2016年05月12日

花屋敷を訪問

DSC08719ac.jpg
         ” ケマンソウ (5月12日10時頃)”
 
 写真仲間のK地さんから、「クマガイソウ、ケマンソウ等が咲いているお宅がありますよ」とご連絡を頂いた。昨年も情報提供を頂いていたが秋頃で、春の開花時期を楽しみにしていた。昨日、「K地サンからご紹介頂きました」と連絡をすると、快諾を頂いた。昨日と打って変わって快晴、花の撮影には不向きだ。カメラ2台とマクロレンズ、広角ズーム、小型三脚、そして傘を車に積んで出掛けた。快晴の時は、陽射しを遮る傘が必需品だ。きっと迷って辿りつかないだろうと想像していたが、案の定2度途中で電話して辿りついた。

DSC02401ac.jpg
         ” クリンソウ (5月12日)”

 広い敷地は、草木で埋め尽くされている。特に「クリンソウ」が幅を利かせているようだ。「クリン亭」と名が付いているが納得。母屋の入り口にノートを利用した芳名帳が置いてある。維持費のためにと云う事で200円の寄付金を缶にいれて敷地内に。
 既にグループの姿があり、奥様は説明に忙しい。それから入れ替わり立ち替わり訪問者の姿が。「NHKから取材に来て放映させて欲しいと云って来たけど断りました」とご主人のコメント。好きな人が静かに楽しんで欲しいとのご意向。屋敷内には、2本の太い幹のシロヤシオが多くの花を付けている。このシロヤシオの幹の太さを見れば、如何に歴史を刻まれたお宅かが想像できる。クリンソウの他にシラネアオイ、オダマキ、エビネ、レンゲツツジ、ハンカチの木、牡丹、芍薬など敷地内を埋め尽くしている。色々な花時に訪れる楽しみがあるお宅にお邪魔をした。K地さんに感謝である。

posted by はらっち at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報