2016年06月08日

那須町栄華の跡

6.6.jpg
     ” 映画館だった建物 (6月6日)”

 スローライフ娯楽の一つに映画館通いがある。那須地区では、周囲を見回しても映画館は那須塩原市の「フォーラム那須塩原」しか見当たらない。足を延ばすと宇都宮、郡山になるのではないだろうか。12年前に移住した時、黒磯に小さな映画館があった。「椅子が固くてね、辛いんだよね」という知人の感想を思い出す。一度は入ってみようと思っている内にこの映画館も閉館となった。
 黒田原地区が、明治19年鉄道開通以降、物流拠点として栄華を極めたことは色々な記事になり、年配の方の言葉からも想像ができる。その一つに黒田原にも映画館があったらしい。黒田原駅から徒歩数分のところ、那須町庁舎にも程近い処に今でも建物を見ることが出来る。現在は、倉庫として活用されているようだ。友人の伝を介して館内を見たいと思ったが実現しなかった。きっと2本立て、3本立てで上映されていたに違いない。建物を横を歩いてみたが、歓声が聞こえてきそうな想像を掻き立ててくれる。栄華の一コマである。
posted by はらっち at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報