2016年06月10日

薪割でグロッキー

DSC02641.JPG
     ” 夕刻、諦めて投げ出した薪割(6月10日18時頃)”

 昨夕、薪割機を届けて頂いた。翌朝早くから薪割を始めたいと意気込んでいた。何故なら、一日で終わるかどうか不安でたっぷりと時間を取りたかったのだ。ご近所を意識して朝7時の時刻を待って作業を始めた。夕刻17時半まで昼食時の休憩20分を差し引いても、約10時間、休みなく作業をした。
 日没まで作業をしようとしたが、流石に気力が萎えて約20本を残してギブアップした。例年、夕刻には終了するのだが、今回はどうしたことだろうと自問。原木の4.4トンで例年と変わりない。作業スピードも衰えているとは思えない。考えられるのは、今回は40cmに短く切った。それだけ実質本数が増えた。小割にしているなど、作業量が増えてことが最大の要因かもしれない。窓越しに残った20本ほどを見て「明日割るんですか?」と妻が言う。「いや〜、手割の楽しみにするよ」と明日続けて作業をする元気がない。
 シャワーを浴びてヘルスメーターに乗ると、なんと3s減っている。如何に普段怠けているかである。身体中の筋肉が痛い。後始末のことは忘れて、久しぶりに極上のビールに至福のひと時。
posted by はらっち at 21:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報