2016年06月26日

一夜漬けのサツキ盆栽の勉強

DSC02646c.jpg
      " 講習教材のサツキ (6月25日)”

 我が家には、「盆栽」と名前が付きそうな鉢が5鉢ある。その内の2鉢がサツキである。6〜7年前に鹿沼の「花木センター(かぼくセンター)」で購入したもの。確か「日光」「花月」という品種だったようにうっすらと記憶がある。購入時は、樹形も盆栽らしく仕立てられていたが、その後、手を加えることもなく、肥料と水やりを欠かさない事くらいだが、花付きも良く楽しませてくれている。しかし、余りにも樹形が乱れて見苦しくなってきた。何とか剪定、整形が出来ないものかと「花木センター」へメールで問い合わせてみた。早速に電話で回答があり、25日(土曜日)に片道約70q、鹿沼インター近くの花木センターへ出かけた。
初級者は私一人で、ベテラン講師とはマンツーマンという願ってもない待遇。我が家のサツキを題材に教えて頂こう思っていたが、それは叶わず花木センターで鉢植えのサツキが用意されていた。剪定の仕方、針金掛けの整形を教えて頂く。余りの手際よさに絶句。殆ど葉を取り丸裸状態に。「これで枯れませんか」と不躾な質問を。講師は笑って「今の時期に剪定すれば大丈夫だよ」と当然の回答。サンプルの選定が終わると、講師は幹の太さが腕位あるサツキの選定に。値札を観ると80万円とある。約1時間で終了。ここでも手際の様さに感服。
約2時間、2000円の講習料、サンプルのサツキを頂き帰路へ。サンプル付きを思うとリーズナブルな料金。記憶があるうちに我が家のサツキに取掛からなければ。

posted by はらっち at 16:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記