2016年07月30日

ターザンを観る

IMG7.29-1.jpg
      " ターザンパンフレットより(7月30日)”

 先日、「グランドフィナーレ」を観た。難解で最後のオペラのシーンだけが記憶に残った程度。映画通の友人にこのことを話すと「イタリア映画?、そりゃー難しいいよ」と答えが返った来た。口直しという訳ではないのだが、「シンゴジラ」か「ターザン」にするか迷った。ターザンの上映回数が少なく、早く打ち切りになることも危惧して、「ターザン」を選択した。土曜日の客席は結構埋まっていた。
 「ターザン」と云えば、数多くの俳優が演じているが、最も記憶に残るのは、ワイズミューラーだった。戦前のオリンピックの水泳選手でゴールドメダリストだ。あの雄たけびは、今でも鮮明に記憶にある。今回の映画は、30年ぶりらしい。主演は、スカルスガルドだがこの役になりきるために肉体改造をしたという。青年になって、ジャングルを訪れるシーンがあるが、ライオンが寄ってきてターザン(ジョン)に頬ずりするシーンは、ちょっと感動的だ。しかし、撮影秘話を聞いて愕然とする。今日では当たり前なのだがCGとのこと。30年前の動物達との絡みはどうして撮影できたのか、気になりだした。約2時間、娯楽映画を楽しんだが、今回は、ターザンの雄たけびが無かったのはちょっと心残りだ。
posted by はらっち at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年07月29日

万歩計の復活

106_r.jpg
          " 愛用の万歩計 (HJ-106)”

 「血糖値を下げないと脳内血管の狭窄が進みますよ」「甘いものを控える、水を沢山飲む、運動をする、やってますか?」と毎度のことで、定期診察の医師のコメント。判っちゃいるのだが、どれほどのレベルがクリア基準か判らない。血液検査の値が改善されないのが答えなのだろう。
 帰宅して気持ちが消えない内に何かしようと考える。まず歩くか、という事で万歩計を取り出した。今では、デジタルヘルスケアの一つとして「ウエアラブルデバイス」とスマホで連携し、いろいろなデーターを読み取り管理することも出来るらしい。残念ながら、スマホは持ち合わせていないので、身近な万歩計を取り出した訳である。
 今日、早速にゴルフ場で使用した。フェアウエーにカート乗り入れが可能で、いつもより歩く距離が短い。暑い時は、これは最高に有り難いのだが、万歩計には好ましくない。帰宅してデータを観ると、10770歩、消費カロリー384kcalとある。1万歩歩いて400kcal弱、愕然とする。明日から、消費カロリーを上げる方策を考えなければ。果たして長続きするのか甚だ疑問。
posted by はらっち at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月28日

ご帰京の両陛下をお見送り

DSC02840c.jpg
       " ご帰京の両陛下 (7月28日15時)”

 月曜日の13時20分頃、広谷地交差点付近でお迎えをした。警備中の若い警察官に「お帰りはいつ?」と問いかけると、「木曜日です。時間ははっきりしていません」と答えてくれた。先ほど、15時前に上空でヘリコプターの音を聞き慌てて68号線に自転車を走らせた。我が家から500mの緩やかな坂道。運動不足がスピードを鈍らせる。スパーダイユーの前には既に人だかりが。「後、2分で到着します」と警察官の声。この場所は、反対車線側で殆ど拝顔することが出来ない。100m先のコメリの前まで走る。既にここも多くの人で溢れていた。
 「ラキーだね」と若いカップルが興奮気味に会話をしている。小さな子供が若い父親を見上げて「誰が来るの?」と話しかけている。「う〜ん、有名な人、そのうち学校で習うからね」と説明に困りながら答えていた。間もなく、車列が現れた。2台目のセダンにお乗りだ。歩道側は、いつものように妃殿下がにこやかに手を振られている。
 「窓を開けて、手を振りながら那須塩原駅まで行くの大変だよね」と、妻と余計な心配をする。毎年7月末の数日は那須の御用邸にお見えになられる。今年は例年に増して過ごし易かったのではないだろうか。来月末は、皇太子ご一家がお見えになられるはず。暑さが酷くならなければよいのだが。
posted by はらっち at 16:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年07月27日

別世界のダット&マム(Dad&Mam)

DSC08632.JPG
      ” カカオオーレ (7月25日)”

 久しぶりに友人達と「ダット&マム」へ。昼食を済ませた後でカフェタイムである。何回か訪れている店なので迷うことなく到着。 今日はカカオオーレを頼んだ。店の雰囲気はいつも心地よい。

page7.27.jpg

 インテリアも凝っている。どれをとっても話題に事欠かない。カメラの題材にも良い。タングステン光の明かりも雰囲気を醸し出し、室内に流れる軽音楽も心地よく時間を忘れさせてくれる。病みつきになる店の一つに間違いない。

posted by はらっち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年07月26日

ヤマユリが増えている

DSC08981.JPG
       ” 庭のヤマユリ(7月26日)パートカラー処理 ”

 那須高原の至る所でヤマユリが満開である。我が家の庭にも咲き始めた。毎年、数を増やしている。年を重ねるごとに花数が増え大輪になるようだ。移住したころは、1本しかなかったが、今では5本あり全て花を付けている。「ユリの女王」とも云われているようだ。
 我が家では切り花にして花瓶に飾られることは無い。私があの濃厚な香りを好まないからだ。背丈も高く頭を垂れているので、支柱を立ててやった。当分、あの独特な香りが庭一面に独占しそうだ。
posted by はらっち at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月25日

マッサンとリタの理想郷余市蒸溜所

DSC02752c.jpg
       ” 余市蒸溜所敷地内 (7月19日13時頃、小雨)”

 札幌懇親ツアー二日目、「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」へ出かけた。札幌駅から快速で小樽へ乗り継いで余市まで1時間20分程度。静かな停車場へ到着。駅前で、海鮮丼を頂く。情報通の写真家阿部氏のお薦めの店である。
13時からの「蒸溜所ガイドツアー(無料)」も阿部氏がすでに予約済。見学待合室にて前段の説明があり、敷地内ツアーに出発。

page7.25.jpg

 この余市蒸溜所は、朝ドラで知られたマッサンこと竹鶴政孝の「ニッカウヰスキー発祥地」の一つ。朝ドラ以降、入場者数もうなぎ上りと聞く。広大な敷地に乾燥棟、蒸溜棟、貯蔵庫、旧竹鶴邸、博物館など多くの関連施設が並ぶ。現在も稼働している施設である。

page7.25-1.jpg

 最近、ウイスキーの本場、スコットランド、イングランドでも日本製のウイスキーの評価は高いらしい。海外在住の友人が、お土産に日本製ウイスキー、それも高価なウイスキーを要求してくる。現地では手に入りにくいという。 敷地内は、ラベンダーも見ごろで雰囲気作りに一役買っている。 錦秋の秋、白銀の冬の佇まいも見応えがありそうだ。
posted by はらっち at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月23日

野外博物館「北海道開拓の村」へ

DSC02799c.jpg
      ” 馬車鉄道 (7月20日 曇り)”

 18日から楽しんだ札幌懇親旅行最終日の20日、帰りの便までの時間を「北海道開拓の村」で過ごした。
開拓の村の敷地は、54.2haと広大だ。1983年4月に開村した。「明治から昭和初期に掛けて建築された北海道各地の建造物を、移築・再現した野外博物館」とリーフレットで解説。
 村内を走る「馬車鉄道」は夏季期間中で冬季期間は馬そりになるとある。大人250円(片道)

page7.22-1.jpg

左上;開拓の村入り口付近より「旧札幌停車場(現管理棟)を望む
左中;屯田兵寄宿舎内
左下;旧広瀬写真館(岩見沢、対象13年)
右上;馬車鉄道車掌
右下;旧札幌警察署南一条巡査派出所(明治44年)

 馬車鉄道車掌は、若い女性が乗車していた。気さくに撮影に応じて頂いた。又、写真館は2階がスタジオになっていたが、自然光を取り入れた間接光照射を考えられ、今でも、このような規模で営業されている写真館も稀ではないだろうか。

DSC02822c.jpg
     ” 開拓の村 バス停留所 ”
 
 すすきののホテルより、地下鉄南北線・東西線を乗り継ぎ新札幌駅へ。新札幌バスターミナル10番線より開拓の村行きに乗車。1時間に2本程度の本数。約20分ほどで到着。210円はSUICAで支払った。
 管理棟のチケット売り場へ。入場料800円と思い1000円札を出すと、係員の女性が「これに該当しませんか」とラミネート仕上げの案内書を指さす。「65歳以上に該当しますね」「それでは無料です」と入場券を手渡される。
 行きは、馬車鉄道を利用して「旧ソーケシュオマベツ駅逓所」まで20分ほど乗車。けなげに客車を引くどさんこ馬を見て、何か複雑な心境になる。あとで車掌に聞く。「この馬一日中引いているの」「いや他にもう一頭いますので交代です」という。ちょっと安堵。 帰りは、村内を歩きながらスナップをして管理棟へ。
 新緑の季節も良いが紅葉の時期にゆったりと再訪したいと強く感じながら飛行場へ。


posted by はらっち at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月22日

再生エネルギーの実態を知って唖然とする

IMG7.17.jpg
      ” 講演のリーフレット (7月16日)”

 先日、「ギャラリーバーン」で、山田征氏の「自然エネルギーのホントの話」という講演があった。ギャラリー瀧さんからお誘いを受けて聴講した。山田氏は年間の3割は講演活動を続けられていると聞く。その道の専門家である。那須町に広がり続ける太陽光パネル設置による自然破壊、秩序ある開発に出来ないものかという疑問を持つ多くの人達がいる。今は国策として打つ手が無いと自治体は云う。
 講演は、自然エネルギー、再生エネルギー施策について詳細な説明がなされた。自分の無知に愕然とする。特に毎月請求されている電気料金に「再生エネルギー賦課金」があることすら知らなかった。自宅へ帰って調べてみると我が家では、毎月600〜900円請求されていた。この「再生エネルギー賦課金」は、電力会社が徴収し、その金額は、太陽光パネル設置の促進費用として充てられるようだ。という事は、ご近所の太陽光パネル設置の補助金を我々が負担していることになるのか。一方で、自然エネルギーで発電された電力は、十分に使われていないという。現在の電力環境では処理できないらしい。という事は捨てている?電力は安定していることが絶対条件で、変化の大きい自然エネルギーによる電力はまだ、日常の電力環境には馴染まないという。 大規模太陽光発電は環境破壊をするとして九州の由布市では条例を制定した。手をこまねいている自治体には煎じて飲ませたい。
 原子力、石化燃料による発電から再生エネルギーへの転換は、時代の流れであり納得している。太陽光パネル発電もデメリットを抱えながらも、技術革新により改善が進むはずだ。やはり手を打って欲しいのは自然環境を破壊してまで進めることだ。適正な設置場所の指針作りを望みたい。それは、那須高原の自然環境を求め移住してきた者、自然環境の豊かさを保全してきた地元民の共通した思いではないだろうか。 
 
posted by はらっち at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月21日

札幌好日

DSC02697c.jpg
     ” 北大 ポプラ並木 (7月18日13時頃)”

 福島空港を10時前に飛び立ち、札幌JR駅には12時に着いていた。曇天の空は、いつもの札幌と印象が違う。18時からの懇親会までにはたっぷりと時間がある。さてどうしたものかと空を見上げて思案。まず腹ごしらえと目に入ったラーメン店へ。それから、歩いて5分ほどの北大へ向かった。これまで数え切れないほど札幌に足を運んでいるが、初めて訪れた。お目当てはポプラ並木だが、駅構内のインフォメーションセンターの係員の話では、「依然と違うので期待に応えないかもしれませんよ」と悲観的なアドバイス。
キャンバス内をゆったりと歩き15分ほどでポプラ並木へ。確かに補修はされているものの、樹形、樹高も寂しい。

page7.20.jpg
   ” 上;旧北海道庁 下;すすきの交差点近くの市電 (7月18日) ”

 宿をすすきのに取った。懇親会会場に至便というのが理由だ。久しぶりにすすきのの交差点に立って驚く。景色が違うのだ。それは、すすきの交差点が終着駅だったのだが、線路が延びて周回(循環)になっていた。街中を走る市電・トラムのある景色は好きである。明日の空模様を気にしながら、待ち合わせ場所へ向かう。
posted by はらっち at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月20日

我が家の空の玄関は福島空港

DSC08597c.jpg
      ” 上空より福島空港全景 (7月18日10時頃機上から)”

 札幌へ所用で久しぶりに福島空港へ車を走らせた。福島空港へは我が家から57q、東北道、あぶくま高原道路を通り、約40分の距離になる。千歳行き9時55分発に乗るため、余裕をみて8時に我が家を出た。9時前には、空港へ着いた。

page7.18.jpg

 すっかり福島空港の発着便巣が減り、千歳行きは朝の1便、大阪伊丹行きは、4便になった。震災以降、国際便も臨時便のみになったと聞く。福島空港へ足を踏み入れると至る所でウルトラマンが歓迎してくれる。須賀川出身の円谷英二氏の関係だ。
 この空港の良さは、駐車料金が掛からないことである。係員が巡回していて安心感もある。この空港を多く利用する訳ではないので発言に重みがないが、便数の激減に残念な思いをしている。さて、札幌で所用と云ったが、何のことは無い懇親会である。楽しまなくては。いざ。
posted by はらっち at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月17日

7月のCOPPE教室へ

page7.17-2.jpg
     ” 上;カレーパン 下;クミンフランスパン (7月17日)”

 5月より一月飛ばして今日、COPPEパン教室を受講した。自宅では殆ど食パンを焼いているので、それ以外のパンには興味も少なく、勝手気ままに講座内容を選択して受講させて頂いている。メニューを見て苦手な成形関係の技術を覚えられる講座を優先している。ハード系のフランスパンには全く興味がないことは、澄子先生も承知されていて、その関連メニューの誘いはされない。今回は、カレーパンにフランスパンの2種類、「はらっちさんは、興味ないわね」と言っていたが、カレーパンに誘われて受講した。カレーパンは、以前受講したがその時の好印象が引き金になった。揚げずに焼くヘルシーさが気に入っていた。今回は、カレーフィリングの作り方を実演をして頂いた。
 今回は、私を含めて4名の受講生、お二人のご婦人とは初対面だった。お一人は初心者という。発酵時の待ち時間にはいつものように、ランチのようなおもてなしを頂く。マスターが炒れてくれる珈琲が付くのはいつものこと。1時過ぎ3時間の楽しい受講を終えて散会となった。
posted by はらっち at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パン生活

2016年07月16日

那須塩原「フランシーズ・ナチュール」へ再び

page7.16.jpg
     ” ハンバーグ(トマト&チーズ)ランチセット(7月15日)”

 国際医療福祉大病院へ行く途中でランチをした。店は近くにある「フランシーズ・ナチュール」店、3度目の訪れになる。最初に紹介されたのは、パン教室OB会での食事会で女性幹事のセットアップだった。ランチタイムは、込み合うという事が判っていたので2日前に予約を取った。「ご用意するのにお時間が掛かりますが」といつもの説明が受話器から流れる。確かに、ランチセットを食べるのに1時間は必要だ。
 家族3人それぞれのメニューを注文する。ハンバーグセットの3種類の中から、「トマトソース&パルメザンチーズ掛け」を選んだ。この店は、食材や器に拘りがある。又、作り置きをしないという事で時間が掛かる。店の雰囲気はアンティークな小物、ディスプレーで雰囲気作りがしてある。
 サラダ、コーンスープ、ハンバーグ(パンorごはん付き)、デザート、コーヒーがセットメニューで1,480円(税込み)。シェフ業を齧る愚息にも及第点らしい。敢えてあらを探せば「サラダとその器は冷やしておいて欲しいね」と異口同音。時間が許せば、ゆったりとランチを楽しむお薦めのレストランの一つだ。
posted by はらっち at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年07月15日

画像処理環境の改善に散財をする

DSC02685.JPG
   ” 届いたEIZO製モニター、照明器具、モニターフード類 ”

 デジタルカメラの急速な進展で、フイルムカメラは殆ど出番がなく防湿庫に静かに鎮座するようになっている。小生も使用するカメラは、殆どデジタルカメラになった。フイルムカメラ時は、フイルムの購入、現像、プリントにカメラ店との繋がりは欠かせなかったが、デジタルカメラの場合、特別な事情を除いて、自分で現像、プリントも出来るようになり、カメラ店と疎遠になった。

IMG7.14.jpg
     ” 望ましい作業環境(EIZO資料より)

 フイルムカメラ時代と違って、情報化の進展、ネット環境の拡大など環境の大きな変化にデジタルカメラの使い方も変わってきた。写真プリントするに限らず、ホームページ、フェースブック、ブログへの画像やデータを幅広く活用するようになった。デジタル画像は、フイルム画像と違って、自分自身でいろいろと加工出来ることが、良い様であり厄介なことになっている。撮影した画像は、モニター(ディスプレー)で確認をして、気に入らなければそこで加工をすることになる。モニターの性能や、モニターを取り巻く照明環境で映し出される画像が異なってくる。厄介な話である。
 この環境を整えたいと思い、清水の舞台から飛び降りた。散財をしてしまった。モニターだけでテレビ1台を購入できるほどの費用、さて無用の長物にならないように使いこなさなければと、肝に銘じながら開梱している。
posted by はらっち at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月14日

「インデペンデンス・デイ・リサージェンス」を観る

IMG.jpg
      ” リーフレットを拝借(7月12日)”

 気分転換に映画館に行った。いつもの「フォーラム那須塩原」だ。観た映画は「インデペンデンス・デイ」の2作目。9時半の上映は、最も収容人数の多いスクリーン2だが、観客数は6名、いつもの光景。前作も見たのだが、1996年とある。20年前という認識は無い。映画館で見ずに大分経ってからDVDで見たのかもしれない。アメリカ独立記念日に異星人の地球襲撃から守ったSF映画だったが、その続編になる。CGを駆使した映像は変わりない。展開も前作と同じでアメリカ独立記念日に合わせ、終焉はアメリカ賛歌になるが、続編を匂わせるエピローグになっている。
 最近のハリウッド映画には、中国人の役割が随所に登場する。この映画もしかり。やはり、市場、配給先を考えてのことなのかと思うが、以前は日本人も同様な扱われたことを思うと、時代の流れと見るべきなのかもしれない。娯楽映画は頭を空っぽにして楽しめるの好きである。
posted by はらっち at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年07月12日

那須街道の今

page7.12.jpg
      ” 那須街道(アジサイ街道)(7月12日12時頃)”

 黒磯へ出かけた帰り道、県道17号線那須街道赤松林に車を停めてみた。赤松林は約2.5q続いているが道路沿いにはアジサイが植えられている。2.5qでは開花状況も異なるが、略満開に近い。今日は、下草刈りもされていて、アジサイが観易くなった。ヤマユリは、残念ながら殆ど花は痛んでしまった。1週間前であれば、楽しめたかと思う。
 県道に沿って林の中には散策路があるが、その途中に石碑を見つけた。「那須温泉まで3里27丁」と記してある。約15qといったところか。確かにその位の距離になる。今夜からは雨になるらしい。雨上がりに赤松林に出かけるとアジサイを楽しむことが出来そうだ。
posted by はらっち at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年07月11日

ゴルフ場でランチタイムの談義

page7.11.jpg

 毎月恒例のゴルフにお誘いを頂き「ちふり湖CC」へ。メンバーは、別荘族の皆さん。いつも2日間のラウンドをされるが、私は一日のお付き合いが殆ど。今回は、友の会メンバーは、1900円(税込み)のプレー費と格安。昼食時の会話は、やはり昨日の参議院議員の選挙について。
「18歳からの選挙権交付にしては投票率は低いね」
「そういえば、未成年諸君はどのような選択肢をしたのかね」
「新聞に出口調査結果が出てますね」
「えっ、最も関心の高い選択肢が、雇用・経済なの?」
「これじゃ〜、おっちゃんと変わりないね、もっと反骨精神とか、若さが無いのかね」
「将来が思いやられるね」等と悲観的なシニア世代の意見が賑わう。
二人に一人が投票を棄権した今回の選挙、「この結果をどうとらえるかだね」と話しながら、後半のINプレーに向かう。陽射しが厳しいものの、木陰は涼しい。1900円で高原ゴルフを楽しむ好日に感謝。 
 
posted by はらっち at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月10日

オーニングは効果てきめん

page7.10.jpg
    ” 上;出来側から見たところ、下;居間から庭方面を観たところ”

 先日、上京したおり東京の蒸し暑さを久しぶりに体験した。10年前までは当たり前に過ごしていた環境だが、那須の生活に慣れて違和感を感じるようになった。那須でも高原地区と里地区では気温が数度異なるようだが、朝晩の涼しさ、日中でも陽ざしを避けて木陰に身を置けば、涼しさがやってくる。
 我が家では、デッキが南向きで夏の陽射しが居間に注ぎ込む。何とかしたいと思い、大掛かりなデッキの改修も考えたが、コストに見合うほど余命を享受出来るのだろうかなどと無粋な考えが過ぎり、オーニングでお茶を濁した。しかし、これが思ってた以上に効果がある。夏の陽射しを遮ることと雨の日は、雨除けになってデッキへの出入りが傘要らずになった。「早くつければよかったな〜」と後悔。部屋の温度が上がら無い理由はもう一つ、3月に修繕した屋根、外壁の遮熱塗料の効果が大きいのかもしれない。都会の熱帯夜をしり目に快適な夜は、那須高原の特権であろう。
posted by はらっち at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月09日

セミナー受講へ銀座へ行く

page7.9.jpg
    

 7月8日、OB会懇親会が午後からという事もあり、午前中の時間をセミナー受講した。以前から興味のあった写真画像処理用のモニターの知識習得、無料という事も後押しをした。10時半からの開始時間には30分ほど時間の余裕があり、西銀座5〜7丁目付近を歩いてみた。陽ざしもきつくなく汗をかく様なこともなく、時間をつぶした。10年前までは、夜な夜なネオンに引寄せられて散財をしたところである。通い慣れた店の看板を探してみたが、見つけられなかった。閉店をしたのかもしれない。
 10時半を過ぎてセミナーが始まった。受講生は私を含めて2名、開始時間が5分ほど遅れたのは、もう一人の遅刻が原因。腹立たしい。講師は、若い女性で慣れているらしくてきぱきと好印象の講義が進む。モニターを買い替えようとおもっていたのだが、購入動機付けになった。ムダ金ではないはずっと自分に言い聞かせながら散財してしまう。
posted by はらっち at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月08日

久々の浅草「和えん亭吉幸」へ

DSC08546c.jpg
        " 和えん亭吉幸 (7月8日)”

 久々に浅草仲見世に足を踏み入れた。様変わりにたじろぐ。観光客の顔ぶれが外国人で埋め尽くされている。テレビニュースやドキュメント番組で放映されているので多少の情報はあったが、これほどとは想像していなかった。仲見世の雑踏を避けて裏通りへ。
 今日は、例年開催のOB会の懇親会への参加である。場所はいつもの「和えん亭吉幸」。13時からの開始だが貸し切り状態に20名の参加。座敷で胡坐をかきながらの長時間は辛いものがあったが、今年は、足元が掘ってあって座椅子付きで座り易くなっていた。シニアには歓迎だ。懐石風の料理と飲み放題の酒が進む。そして、いつもの津軽三味線の演奏が奏でられる。今年は、民謡が唱和された。若い民謡歌手でレコードも出しているとのこと。張りのある透き通るような声に圧倒される。15時過ぎ店の前で集合写真を撮って三々五々解散となった。今晩から、浅草寺境内でほおずき市が始まるようで、準備に余念がなかった。この江戸情緒が残る催しも外国人には新鮮に映るはずだ。久しぶりに短時間滞在の浅草だったが、いつ来ても心躍る街である。
posted by はらっち at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月07日

キンバイソウが咲き始めた

DSC08952c.jpg
      ” キンバイソウ (7月6日16時頃)”

 庭の日陰地に「キンバイソウ」を植えてから5年ほど経過する。毎年株を大きくし花を咲かせてくれる。本当は、「サンカヨウ」が欲しかったのだが、その時シラネアオイ園には、分けて頂くものがなく、翌年になった。サンカヨウは二株あるのだが、どうした訳かこちらは花を咲かせてくれない。
 キンバイソウは独特な葉の形をしている。先端は、弓矢の矢羽のように二つに割れのこぎり葉がある。花はあまり持たずに短い期間で散ってゆく。丈は40cm位である。関東以西の山地の谷沿いに咲く花らしいので、栃木県北部が限界なのだろうか。純白の花が緑に映えている。
posted by はらっち at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) |