2016年07月05日

忘れた頃にカトレアが咲いた

DSC08939c.jpg
        ” カトレア (7月5日15時頃)”

 6月初め、最低気温が12度を下回らなくなったので、屋外に出した。毎年のことだ。大分枯らして70鉢ほどになった。風に当てることと適当な日差しを当てることで生育が良くなる。適当に陽を合ってやることだが当てすぎると葉焼けしてしまい見苦しくなることと、生育が鈍くなってくるようだ。1週間前に水やりをしていると、奥にあったカトレアが大きなつぼみを持っていることに気が付き、目につく所に置きなおした。昨日開花したので、居間に飾った。香りも良い。初めての開花だが、花の大きさと云いカトレアらしい。夏咲きなのだろう、当分楽しめそうだ。過保護にならない程度に可愛がってやり、来シーズンも気分良く咲いて欲しいと願う。
posted by はらっち at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年07月04日

うにぎりは絶品

DSC08513c.jpg
        " うにぎり (7月2日熊吉店内20時頃)”

 「四季の那須フォトコンテスト」作品展アテンド後、我々三人は代々木公園前の郷土料理店「熊吉」へご案内頂いた。この店は、写真家阿部秀之氏が懇意にされているお店で、阿部氏のフェースブックにもしばしば登場し目にしているので、初めて訪れたような気がしない。昨年の懇親会では「栃木は海無し県、そりゃー魚料理が食べたいですよ」と勝手なことをお話ししたようで、阿部氏はそのことを覚えていたらしく「今日は魚料理を頼んでおきましたからね」と開口一番。最初に出てきたのは「刺身の盛り合わせ」なのだが、これまでに目にしたことの無い盛り合わせに「こりゃー凄い」と異口同音。船盛は判るが、大きなまな板り物語風の色居な種類の魚が並ぶ。これも店長が阿部氏の顔をつぶさないようにする心配りとみた。最後に、「何か、食べますか?、お薦めは、うにぎりですね」という。ウニで結んだ焼きおにぎりとのこと。我々三人はそれを注文する。おにぎりの握り加減も抜群だが、ウニを焼いた味・香りも抜群だ。極めて贅沢なおにぎり。10時半、美味しい料理を頂き、「熊吉」を後にする。
posted by はらっち at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月03日

作品展へのアテンド

DSC08525.JPG
    ” 展示光景 パオラマ撮影(7月3日)フレーマンギンザにて”

 昨年に引き続き「フレームマンギンザサロン」で「四季の那須フォトコンテスト」入賞作品展が開催された。フレームマンギンザサロンは首都高道路下の銀座ファイブ2階にある。立地は申し分ない。
 2日(土曜日)と3日(日曜日)2日間をアテンドした。展示されたご本人やご家族、友人知人の来訪者も多い。又、通りすがりの人も美しい写真に見入られている。展示された作品は、殆どがデジタルカメラ撮影だが、銀塩プリントだ。自宅でプリントするインクジェットプリントとは違い発色も異なることから、該当者のご本人も驚かれている。久しぶりの慣れない接客、流石に疲れた。しかし、カメラ片手に那須を訪れて頂けるなら嬉しい。新緑の季節から9月末の紅葉へ、カメラ愛好家に魅力的な季節に違いない。
posted by はらっち at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年07月01日

カーディーラーまでが遠い

7.1.jpg

 車検を安く上げようと2年前大手チェーンガソリンスタンド店を利用した。このチェーン店ではどこでも車検を受けてくれる訳ではなく、整備士が常駐している店に限られる。最も近いところで25q離れた大田原市になる。ディーラー車検と異なり最低必要な部品の交換で済ませるので、当然安価になる。特典として次回の車検まで4回のオイル交換が無料である。2回利用したのだが、その時必要以上に整備ヵ所の有料ヵ所の増加を勧めるので嫌気を指していた。目安の5000qを超えたのでオイル交換をディーラーに予約を入れた。
 昨晩、そのディーラーの担当課長から「オイル交換でお見え頂くんですね、有難うございます。その時、リコールのエアーバック交換をさせてください」と電話があった。
 今日、予約の時間3時前に大田原三島のディーラーへ車を持ち込んだ。担当課長と一緒に整備士がやってきた。「私が担当させて頂きます」と挨拶を受ける。その場を去って間もなく戻ってきた。「エレメントはいつ交換されましたか?前回のガソリンスタンドで換えましたか?」「いや〜前回は交換していないね」「それでは交換した方が良いと思いますが、如何しますか」「交換してください」と即座に返答。迷ってもし方がないという気持ちが優先する。
「この車、乗りまわしがよくて、新車に交換する気になれないんです」と担当課長に話しかける。「今は、品質が一層向上していますから長く乗れますよ、但し20万q付近から、部品の劣化が増えますからね」という。現在、総走行距離12万q、年間1.2万q乗っているので後5〜6年が目安なのか、と頭の中で計算をする。「加齢が進むから、次は小型の自動衝突防止付きがいいですかね」というと「これからの車は標準装備ですね」と時間つぶしの会話が進む。その後、整備光景が見える場所に移動する。
 約2時間弱待たされてディーラーを後にする。簡単な整備であれば身近な整備工場で事足りるが、リコール整備となるとそうも行かない。それにしても片道27q、都会暮らしでは考えられない生活がある。

posted by はらっち at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報