2016年08月09日

視界良好

1_r.jpg

 眼鏡を掛け初めて、既に20年位になる。手元のパソコンの画面が見えにくくなり仕事に支障が出始めたので、止む無く眼鏡を購入した。その後何年か経過して、遠近両用になっってしまった。今では手放せない。
 眼鏡の手入れには、レンズ拭き用のマイクロ紙を使う事にしているのだが、汚れが酷い時は洗っている。最近、汚れを落とす度にコーティングの劣化が気になってきた。曇りガラスのようなコーティングの剥離状態が現れている。大体、2年毎にこの状態になる。
 「このコート剥離はどのような原因で起こりますか?」と製造メーカーに問い合わせたことがある。「最も大きな原因は、太陽光が当たって温度が上昇して剥離することですね」という。カメラ用レンズではこのような現象は稀なので、材質がカメラ用レンズのガラスと違いプラスチックが引き金になっているようだ。それじゃー仕方ないね、という事で半ば諦めて散財をしている。
 4年前までは、地元眼鏡チェーン店を利用していたが、全国眼鏡チェーン店に切り替えた。同じ眼鏡(レンズのみ)が半額以下なのだ。黒磯から大田原へと店までの距離はのびたが、その苦労も苦にならない。今日は出来上がったレズの入れ替えに大田原の眼鏡店を訪れた。すっかり汚れが無くり見違えるように視界が明るくなり、もっと早く交換をすればよかったと反省である。
posted by はらっち at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記