2016年08月12日

THE Jungle Book(ジャングル・ブック)を観る

IMG8.12.jpg
         ” パンフレット表紙 ”

 自宅に映画館を有する(160インチのスクリーンと本格的な音響設備)善通寺の友人へ「最近のお薦めの映画は?」と問いかけた。「ジャングル・ブックですかね」という。主人公の少年以外は全てCGで制作されたようで、現時点のCGのレベルを観たいという。「シン・ゴジラ」を観る予定だったが、来週に延期して「ジャングル・ブック」を観た。昨日の封切りで、夏休み、盆休みという混雑の条件が気になっていたが、朝一番9時10分の上映に足を運んだ。160人収容の観客席は32名ほど、大半が、おじいちゃん、おばあちゃんに付き添われた子供達である。拍子抜けだ。この映画の内容を物語っている。CGのレベルを見よう等というのは私ぐらいかも。
 登場する動物達は、実物と遜色なく驚く。ストーリーは子供の情操教育には適している。上映作は、3D、2Dとも吹き替え版で日本語だが、英語版の声優も有名な俳優が担当している。CGの出来映えには異論がないが、スクリーンサイズ(アスペクト比)が3:2のスタンダード。ビスタサイズ、よりワイドなスコープサイズの方が見映えがするので少々残念だ。又、画面全体の彩度も低く暗い感じに仕上がっている。これは、「フォーラム那須塩原」映画館の影響とも思えない.
 撮影秘話を確かめたくて、帰りには720円をはたいてパンフレットを購入して帰路へ。来週は「シン・ゴジラ」のCGの出来映えを観に行く予定だ。
posted by はらっち at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画