2016年08月16日

送り盆

DSC08676c.jpg

 お盆の風習・仕来りはその土地柄や家庭によって異なる。那須に拙宅を構えながら、那須の風習を知らず、菩提寺のご住職にいろいろと教えて頂く機会が多い。「仏さまに失礼の無いようにされれば、型にはまることはありませんよ」と諭された。何が失礼にあたるのか判らないところが気になるが、多少の間違いは、母も許してくれるだろうと勝手に判断している。
 13日迎えに墓参をした。提灯に火を入れて自宅に迎えた。自宅前でオガラを燃やしてご先祖を迎えるという方法が一般的だが、我が家では提灯だ。そして今日、送っていった。短い滞在だ。本堂に上がって焼香をして、住職としばし話をする。京都大覚寺の立派な書物が並んでいたので、手に取って大覚寺の話になる。若かりし頃の住職の姿を見つける。「若い頃はやせていたんですよ」と笑顔で住職の声。そういえば、京都にも大分足が遠のいている。
 周囲のお墓は、花で飾られ線香の煙が漂う。お盆が過ぎると那須は短い残暑が終わり、秋に突入する。
posted by はらっち at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記