2016年08月20日

芦野聖天花火大会は聞きしに勝る賑わい

DSC02885c.jpg
           ” 遊行柳 (8月18日11時頃曇り)”

 翌日の「芦野聖天花火大会」へ鑑賞ポイントと写真撮影スポットを探しに、事前に現地を観に行った。大変な人手と耳にしているが、「四季の那須フォトコンテスト」には、聖天花火に関する作品が応募された記憶が無い。芦野の有名なスポットの一つ遊行柳を入れ込んで花火大会の撮影が出来ないものかと画策していた。当日は、駐車場も限られていて、又、あぜ道に三脚を立てての撮影が可能か疑問を持ちながら、前日の下調べを終えて帰宅。

page4.20.jpg

 19日当日、友人二人を誘って遊行柳駐車場へ。時は、6時半。既に満車表示。止む無く芦野小学校へ。ここも満車。止む無く、御殿山を正面に観る芦野温泉方面のあぜ道へ。車は路駐である。7時半に打ち上げ開始。あぜ道には7〜8台の三脚が並ぶ。引率者と思しき人が撮影の仕方をレクチャーしている。気になる言葉を耳にし、訂正をしたいというお節介を自重。
 しかし、カメラ講師としてお恥ずかしい事態に。撮影ポイントが近すぎ、持参したレンズの焦点距離が長すぎて、花火の主役スターマイン系の花火がフレーミングできない。それにしても聞きしに勝る人と車の多さに驚きながら、目的未達成まま次回への課題を抱えて帰宅へ。
posted by はらっち at 08:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記