2016年09月30日

初秋の黒川橋梁

DSC09454c.jpg
      ” 黒川橋梁 福島県側より(9月30日9時ごろ)”

 久しぶりの秋晴れ、黒田原へ出かけた序に、豊原まで足を延ばした。那須町役場前を通り、豊原駅前を横目に黒川橋梁へ。真直ぐに伸びた農道は快適だ。一面に黄金色の田園が続く、所々でコンバインが働き、稲刈りの姿も見える。
 何度か訪れている黒川橋梁は、土木遺産にも指定されている。黒川をまたぐように那須町と福島県白河市に架かる。大正9年に建設されたようだ。最近は撮鉄の撮影場所になっているとも聞くが、今日は姿が無い。
「四季の那須フォトコンテスト」の応募規定も広がり鉄道写真も認められるようになっているが、昨年の応募作品には記憶が無い。確かに、黒川橋梁を入れての那須連山は、撮影場所が福島県側になり、涙を呑むところでもある。客車の通過数は少なく貨物列車の方が多いように思うが、橋梁を通過するリズミカルな乾いた音を聞きながらファインダーを覗くのも良いものだ。
posted by はらっち at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年09月28日

初めてのリンゴ

DSC09180c.jpg
          " アルプス乙女 (9月27日 午後)”

 雨が降り続いている。日曜日につかの間の晴れ間があったが、秋雨の範疇を超えているのではないだろうか。庭の草花がこの天候に気分を害して、来年芽を出さないことが心配だ。
 3年前に植えたリンゴの苗木が二つ実を持った。種類の異なる木を植えた方が結実の確立が高いという、カタログの説明を信じて、「アルプス乙女」「つがる姫」を植えた。沢山の白い花を付けたが、自然な受粉に任せたことが悪かったのか、二つだけだった。大量の収穫をしようとも思っていないことが、消極的にしたのかもしれない。来年は、手作業で受粉を助けたいと思っている。袋掛けをしていないので、雨に打たれて肌艶が悪い。もう少し大きくなったら収穫してみようと思っているが、それまでに力尽きて落果しなければよいのだが。
posted by はらっち at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月27日

ほろ酔い加減の酔芙蓉

DSC09172c.jpg
" 酔芙蓉 (9月26日夕刻小雨)”

 昨日の夕刻、窓越しに小雨の庭を眺めていると、酔芙蓉がいつもより赤く染まっていた。横浜から移住した時に庭に下すと、勢いを増して多くの花を付けるようになったが、2m近くの丈になり存在感を増すというより、少し邪魔になりつつある。小雨でも夕刻になると、いつものように赤く染まってゆく。酒に染まる顔色の変化に似ていることが酔芙蓉名前の由来らしい。

page9.27.jpg

 同じ酔芙蓉なのだが、毎年、花の色が異なる。白からピンク、赤色に変わるのは普通だと思うのだが、黄色、真っ白に中央部が紅色など異なる。その理由は判らないが、情感豊かな我が家の酔芙蓉である。
posted by はらっち at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年09月26日

那須高原の紅葉は?

DSC09161c.jpg
     " 朝日岳 (9月26日10時頃曇り)”

 小雨が降り続いている。最近は天候不順が続いている。例年、今週頃から、茶臼岳の北側 姥が平では紅葉が始まる時期だ。先週、行き付けの理髪店で紅葉を話題にした時、三斗小屋の従業員の紅葉情報を耳にしたが、今年は遅いという。峠の茶屋まで車を走らせた。朝日岳を見上げると紅葉をしはじめた様子は見えるが少々遅れ気味のようだ。その後、駒止の滝へ。

page9.26.jpg
      ” 駒止の滝 左;9月26日 右;2015年10月17日)”
 
 やはり、紅葉の気配すら見えない。一部色付き始めた木も見えるが、後約20日過ぎになるだろうか。観光客らしき女性から「以前来た時は、この滝は無かったように思うんですが」と話を投げ掛けられる。「もちろん、以前からありましたよ。この観瀑台が出来るまでは観ることが出来ませんでしたが」「そうですよね、造る訳ないですものね」と笑い転げていた。紅葉は青空の下で観賞したいものだ。
 
posted by はらっち at 13:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年09月24日

我が家の愛犬は11歳の誕生日

DSC08627.JPG
      ” カメラが苦手な愛犬 (9月24日)”

 我が家の愛犬ミミーが11歳の誕生日を迎えた。2005年9月24日九州福岡の生まれ。11月初めANA便で福島空港へ姉と一緒に那須へやってきた。兄・姉5匹兄弟姉妹の末っ子だ。ご近所の愛犬家I氏が2匹目を飼うにあたり、勧められた。これまで犬を飼ったことが無く育てる自信が無かったこともあるが、「留守居することも多く無理ですね」とお断りしたが、「その時我が家でお預かりしますから」とお話を頂いたのが飼い始めたきっかけだ。一緒にやってきた姉キャッシーは、5年前になるだろうか短い生涯を閉じた。その後、I氏も他界してしまった。
 犬は、外で飼うものと決めていたが、その考えは10日もしない内に撤回することになった。那須の夜の寒さを思うと忍びないと思ったのがいけなかった。今ではすっかり家の中での生活である。
 犬種は、コーギーだ。胴長短足で腰を病むことが多いと聞き、デブになることに気を遣っている。現在は、9.6s、仲間内ではスリムな方だ。犬の年齢を人間の年齢に例えることが多いが、11歳というと50歳〜60歳にはなるのだろうか。餌の栄養やケアも十分になり長命になっているという。そう云えば、ミミーも元気溌剌だ。どうみても「おばちゃん」とは思えない。しかし、大人しくなった。これが加齢なのかもしれない。食事時やパソコン作業時は足元で身を寄せている。すっかりと我が家の家族の一員になった愛犬、シニア夫婦の生活に潤いを与えてくれているが、間違っても愛犬に介護されないように健康寿命を延ばしたいと願っている。
posted by はらっち at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月23日

芦野旧墳墓へ

DSC09407c.jpg
       ” 芦野旧墳墓竹林 (9月23日11時頃小雨)”

 10月1日(土曜日)、芦野旧墳墓で「竹灯り」イベントが開催される。竹細工のモニュメントも予定されているらしい。当夜の灯りを撮影したいと思っているが、大掛かりになるようで事前に現状を撮影しに行った。準備の途中で竹が切り倒されて、歩く所も整備に手を付け始めたところのようだ。連日の雨でぬかるみ足が取られる。竹林の入り口付近は彼岸花も色どりを添えて、赤と緑の配色が良い雰囲気を作り出している。

DSC09146ac.jpg
      ” 彼岸花とそば畑 (大和須付近 12時頃小雨)”

 旧墳墓より大和須の彼岸花の開花状況を調べに、足を延ばした。前回の「四季の那須フォトコンテスト」のグランプリ作品は、大和須の彼岸花が選ばれた。その撮影場所へ行くと、何と畔の彼岸花はすっかりと草刈りをされて、彼岸花の姿はなかった。毎年、蓑沢と違って自然な姿が良かっただけに、何か所有者の逆鱗に触れるような出来事があったのだろうか。
 今が盛りの蕎麦の花、彼岸花との色合いは、旧墳墓と異なりこちらは清楚な雰囲気があって心が和む。連日の雨模様、何とか彼岸花が花を落とす前に青空が欲しい。

posted by はらっち at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年09月21日

横浜ベイスターズ番長三浦引退表明

dd679a2e42669c040f806b5db53df5681.png
        ” 横浜スタジアムHPより拝借 ”

 昨日、横浜ベイスターズの三浦大輔投手兼コーチの現役引退表明があった。引退より勇退の言葉が適当と思う。横浜は、大洋ホエールズ時代からのファンなのでかれこれ半世紀になる。大洋時代は川崎球場へ、横浜になってからは、横浜スタジアムへよく足を運んだ。1998年の優勝時は、大阪から観戦に訪れた同僚達とダックアウト上の席で観戦し、中華街で祝杯をあげた。若い頃と違って入れ込むことも無く、野球観戦を楽しむレベルになっているが、やはり横浜の試合結果は気になる。
 三浦投手は、今では、若手の台頭もあり主力投手の座は譲っているが、ドラフト6位で入団して無名に近かっただけに、その努力が賞賛される。独特のリーゼント髪型も話題の一つだ。
 その三浦投手とのエピソードがある。2011年春のキャンプに沖縄宜野湾へ訪れた時、室内練習場へ入ろうとする本人に声を掛けた。「写真をご一緒に撮らせて頂けますか?」というと、球団職員の女性が駆け寄り気さくに記念写真撮影に応じてくれた。三浦投手は大きな体格では無い方だが、横に並んでみると172pの私が見上げるほどだった。キャンプに訪れるファンが少ないことが皮肉にも私にチャンスを与えてくれたのだ。
 残り4試合、連続24年勝利に向けて登板の機会はあるのだろうか。チームは2位を狙おうとしているだけに取りこぼしがきかないが、さて、有終の美となるか気がかりでもある。
posted by はらっち at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月20日

三連休のストレス

page9.20.jpg

 那須高原の幹線道路が渋滞する季節、日がある。春休み、GW、連休、旧盆、秋の行楽期間等。紅葉の季節には早い、9月17〜19日の三連休も例年通り、幹線道路は身動きが取れない状態で、我が家の横を通る道路も抜け道に利用されて、頻繁な往来がある。
 18日、無謀にも1.5q離れたスーパードラッグストアに買い物へ行く羽目になった。我が家から幹線道路の68号線までは500m、いつもだと比較的走り易い68号線の下りも渋滞している。「この状況は何に?、事故渋滞?」と思案、亀の歩行のようにゆっくりと進むと、間もなくして原因が分かった。最近人気の「宝石探し」の施設に駐車しようとする車で、右往左往しているのだ。その施設を通り過ぎて50m、目的のスーパードラッグストアに着くと、駐車場は満杯。このようなことはこれまでに経験していない。この店舗は、満杯になることは無いのだ。理由は、「宝石探し」利用客が駐車場と利用しているのだ。店員へ苦情を言う「店を利用したい客の駐車できないのは問題でしょう、何か対策をしないと店の売り上げにも影響するのでは」。手をこまねいているようだ。帰りは、大回りをして抜け道をつなぎながら我が家へ。
 観光を資源としている那須町、集客に奔走しルール作りや住民の生活がなおざりに。住民流出が進み人口減少が進む。歯止めし定住化促進を進めようとしているが、課題は山積している。
posted by はらっち at 08:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月18日

ミュンヘン「オクトーバーフェスト」を想い出す

page9.18.jpg
        ” オクトーバーフェスト(公式フェースブックより借用)”

 昨日(17日)より、恒例の「ミュンヘン・オクトーバーフェスト」が始まったとのニュースが流れていた。最近は、日本国内でも東京日比谷など各地で「オクトーバーフェスト」の冠名のビール祭りが催されるようになった。
 私が訪れたのは、1980年9月ドイツが統一される前の西ドイツ時代だ。もう、36年前の話になる。当時世界最大のカメラショーの「フォトキナ」見学と技術提携企業訪問を兼ねて出かけた時に、ミュンヘンの企業が我々をこの「オクトーバーフェスト」に招待してくれた。何の前知識も無いまま会場へ行き、唯々驚きばかりだったことを記憶している。まず広大な敷地に1000人規模の巨大テントが並んでいる、敷地内には遊園地、又、ビールグラスがリッタージョキなのだ。テーブルを囲んで周囲の現地人と殆ど通じない会話だったが、「ヤーパンは好きだがイタコーは弱腰だ」と、口々に言う。第二次世界大戦の三国同盟のことを引き合いに出していた。
 帰国して間もなく、この会場で爆破テロ事件が発生し、翌日から中止になったことをニュースで知らされ肝を冷やしたことを想い出す。今でも、ドイツへ行くと日本人を歓待してくれる雰囲気が心地よいこともあるが、ソーセージにビール、巨大テント、オクトーバーフェストのニュースに昨日のことのように思い出す。
posted by はらっち at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

那須町無形民俗文化財「北条の獅子舞」

DSC09355c.jpg
       ” 北条の獅子舞の牡獅子 (9月17日愛宕神社境内にて)”

 年に2回春と秋に獅子舞が奉納されるが、17日、秋の催しがあった。那須町近郷には8カ村で催されていたというが、北条の獅子舞もその一つ。ロイヤルロードに沿った北条地区集落センターの近く、愛宕神社で行われた。周りを見渡すと田園地帯で稲穂が色づいて、何とも穏やかな風景だ。
 130段近くの参道の石段を上って境内には11半頃に着いた。これから準備を進めようとしていた。神社は周囲を杉、ケヤキで囲まれて田舎の神社といった静寂な雰囲気の佇まいだ。境内はこの日の為に草刈りがされている。

page9.17.jpg

 12時過ぎ、参道を笛の音と共に獅子が3面上がってきた。境内には、東京芸大の若者6人が先生に引率されて伝統芸能(特に笛の音)の研究に姿を見せ、他には地元選出の衆議院議員と数名の見物客程度だった。
 男衆だけの奉納祭りで年齢制限もあるらしいが、見渡すと遥かに制限を超えている男衆も多く、若者の地元離れが進んでいることが想像できる。一ツ樅の獅子舞、狸久保の獅子舞と獅子の姿が良く似ている。昼食休みを挟んで前半と後半に分かれているが、約2時間近く、それにしても中腰の獅子舞は大変そうだ。
 無形民俗伝統芸能、300年以上の歴史がるという。これからも絶えることなく護って欲しいと願う。
posted by はらっち at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年09月15日

ベルリンの壁崩壊への経緯を知る

DSC00391c.jpg
   "ポツダム駅前に保存されたベルリンの壁(2015年5月24日)”

 先日、テレビで「べルリンの壁崩壊」の事実を垣間見た。2015年5月に初めてベルリンの訪れ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリーストリートを観て感動を覚えたのだが、歴史の一部分を観たに過ぎないことを知らされた。

DSC00441c.jpg
     ” 有名な壁画(ブルジネフ&ホウネッカーの接吻)”

 社会主義から民主主義へと移行したハンガリー、アジア騎馬民族が末裔と云われている。名前の呼び方も日本と同じ姓、名の順序らしい。そのハンガリーの一都市にオーストリアに囲まれるような位置に「シェプロン」がある。その都市で開催された「ヨーロッパピクニック」が大勢の東ドイツ人の西ドイツへの脱出の糸口になりベルリンの壁崩壊へと続く。1989年8月の出来事で古い話ではなく、現地には多くの当事者が存命して当時の動画も残されていた。
 恥ずかしいことに今頃この話を耳にして、再訪したいという思いが強くなった。歴史的な背景を少し調べて訪れれば、更に感動が増すに違いない。
posted by はらっち at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月14日

秋海棠が盛ん

DSC09130c.jpg
        ” 庭の秋海棠 (9月12日)”
 
 秋晴れが殆ど無く秋雨が降る日が多い。庭に水を上げる手間が省けて良いともいえるが、品種によっては、根腐れの心配がある。そのような庭に秋明菊と秋海棠がピンク色を競っている。秋海棠は多年草だが良く増えて間引くのに手間が掛かる程だ。
 江戸時代に中国から輸入された帰化植物という。別名ヨウラクソウ。ベゴニアの親戚らしい。確かにどことなく花の形などが似ている。花の寿命は長くないが、秋らしい庭の装いに一役買っている。
posted by はらっち at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年09月13日

テッポウムシ幼虫の被害

DSC09112ac.jpg
    ” 被害を免れたベニバナヤマシャクヤク (9月10日)”

 先日、「モミジが早々と紅葉して綺麗ですね」とご近所さんの賛辞。しかし全体に紅葉をしている訳ではなく、又、季節外れで首を傾げていた。ゆっくりと木の周りを眺めていると、何と細かな木くずが落ちている。見上げると木肌の一部にそれらしきものが付着している。テッポウムシの幼虫が入り込んだのだ。草をわけて根元をみるとここにも木のくずが大量にあった。養分を吸い取り木本体に栄養が行き渡らず、紅葉のような姿になったのだ。早速に、殺虫剤を木に注入する。周囲の草花を視るとヤマシャクヤクも3本幼虫が入った跡がある。数日後、残念なことに葉が落ちてしまった。又、ドウダンツツジも数本、同様な被害が。日ごろ、殺虫剤を掛けて、注意はしていたのだが、やられてしまった。過去12年、このようなことは無かった。過去にない天候不順、このような所にも例年に無い状況が発生している。
posted by はらっち at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) |

2016年09月11日

ブルックリンを観る

IMG.jpg
       ” カタログの一部分を抜粋 ”

 カタログの画像が気にいったことと「ブルックリン」という名前に惹かれて、「ブルックリン」を観た。アカデミー賞作品賞/主演女優賞ノミネート作品という謳い文句だが、マイナーな印象なのだろか、観客は少なかった。映画通の友人M氏が住む善通寺では、上映の予定が無いという。
 「ブルックリン」はアメリカニューヨーク州の5つの地区の一つで、最も賑やかなマンハッタン地区とイースト河を介して在る。現ロスアンジェルスドジャースの前身ブルックリンドジャースやボーリング用語のブルックリンでも馴染がある。ボーリングのブルックリンは、ストライクポケットに対して反対側というある面では差別的な扱いともとれる。
 現役時代20年前くらいであろうか、ブルックリンに在ったサポート企業を二度ほど訪ねたことがあるが、下町風の雰囲気が印象に残っている。
 映画は、アイルランドからニューヨークに職を求めて来た女性が、洗練されてニューヨーカーに変わってゆくストーリだ。「故郷も愛も二つは持てない」という映画のキャッチフレーズが内容を的確に物語っている。 ブルックリンの街並みを背景にした、主演女優のシアーシャ・ローナンも素敵だ。久しぶりに物語のある映画を観たような気がする。 
posted by はらっち at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年09月10日

Franklin'S Cafeへ

9.9.jpg
       ”フランクリンズ カフェのカタログ表紙”

 昨日、東京からゴルフに訪れていた仲間を「Frannkulin'S Cafe」に案内した。「ビックリするようなところにある カフェに案内するよ」という誘い文句である。先週土曜日は、別の来訪者を案内したが、生憎にLiveをやっていて満席だった。あぜ道を林の中の悪路を進むと突然に木造の店が現れる。それぞれに思いは、感想は異なるのだろうが「えっ?」というのが異口同音。  

DSC08699.JPG

 軽い夕食にするという事で、パスタ系を注文する者が二人、私と年長者のN氏は「豚肉と野菜のライス」を注文した。前菜、スープまで付いて800円〜900円、リーズナブルな料金に「こんなに安いの?」と口を揃える。コーヒーにも拘りがあるようだ。「男4人、それもおっちゃんで来る所ではないね」と笑い声。那須の田舎に話題作りに訪れる店の一つである。
posted by はらっち at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年09月08日

明日に向けて付焼刃

IMG.jpg
       ” 購入したゴルフ上達の本(9月8日)”

 身近な書店、といっても10〜15q離れているが、那須町黒田原に1軒、黒磯に1軒ある。蔵書数からいえば圧倒的に黒磯の書店になる。購入目的が有る訳でもなく時間つぶしに黒磯の書店に立ち寄った。目に入ったのが「ゴルフ上達のメカニズム」(税込み626円)。パラパラとめくると悩みごとの一つについて解説してある。これを読んだからと云って直ぐに解消するとは思えないが、藁にもすがる心境がそうさせた。
 台風の影響で強い雨が降り続いている。明日と明後日、東京から若者達が休暇を取ってゴルフにやってくる。天気予報では晴れマークになっている。さて、この本の効果が出てくれるか、楽しみである。
posted by はらっち at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月07日

静寂の大雄寺へ

DSC09212c.jpg
       ” 大雄寺 本堂 (9月3日)”

 東京からの友人達を雲厳寺と大雄寺(だいおうじ)に案内した。那須訪問の目的が天体撮影なので、日中は時間の余裕があり、那須から大田原へと少し足を延ばした。「大雄寺」は、牡丹の咲く時期は大変な賑わいだが、今の時期は人影が無い。久しぶりの暑さに参道をゆったりと歩を進めたが、やぶ蚊に襲われて気も落ち着かない。

page9.7.jpg 

 「大雄寺」は大田原市にあり、寺の佇まいから時代劇のロケ地としても知られている。曹洞宗で山号は黒羽山で1448年、大関忠増によって再建されたと聞く。約670年も遡る。夏の時期は参拝者、観光客も少なく静寂の境内を楽しむことが出来る。友人達もシャッターを押し続けていた。
posted by はらっち at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月05日

ヒノキの石鹸置き台を頂く

DSC09224.JPG
        ” ヒノキの石鹸置き台 (9月5日)”

 お風呂の贅沢の一つにヒノキ風呂がある。最近は殆ど入浴する機会が無くなった。今日、SUZUKEN社長ご夫妻がお見えになった時、手元に気になるものを発見。「それは、フェースブックに紹介されていたものですか?」「???」というやり取りの後に、フェースブック紹介記事とは別物の「石鹸置き台」と判った。「いただけませんか」と強引にお願いした。
 ヒノキ角材に水切り用のスキマがあり、その上に石鹸を置く。濡れるとヒノキの香りを楽しめるようだ。消費期限もあるらしく、お付き合いの人からは「匂いが切れたので新しいものを」という注文があるという。ヒノキ角材の端切れ?だと思うのだが、このような使い方があることは新鮮な驚きだ。
posted by はらっち at 15:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月04日

見上げてご覧〜♪

DSC09176.JPG
         ” 天井壁紙修復中 (9月2日)”

 以前から天井の壁紙の一部が剥がれていて気になっていたが、「見上げなければいいじゃないの」と修復をためらっていた。屋根・外壁塗装をお願いしたSUZUKEN社長に相談すると、2〜3の案を頂いたのだが、見積金額が予算内だったので二つ返事でお願いした。手の届く所は自分でもトライ出来そうだが、約5mの天井となるとお手上げだ。届く脚立があっても上る勇気もない。それを業者の若者は何事もないように作業を進めて行く。SUZUKEN社長が家の中をチェックすると小さな隙間があり修復が必要な数か所を指摘される。専門家の目で見ると分かるようだ。殆どが地震の影響らしい。「作業量が増えても料金は変わりません」という説明に安堵。約2.5時間、作業が終了。これからは躊躇することなく天井を見上げることが出来そうだ。
posted by はらっち at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月03日

今夜は新月、天体撮影に友人来る

アーチーズ.jpg
      ” 友人Ⅿ氏の作品(グランドサークル内アーチーズにて)”

 昨日、東京から部下を伴って友人Y氏が天体撮影のために訪れた。この数日新月で天体撮影に向いているらしい。2年前、善通寺の友人とグランドサークルへ撮影ツアーに出掛けた時、友人が夜空を見上げて満天の星空に感激をしていたのだが、その光景を見て「那須の星空と変わりないよ」と揶揄したことが、Y氏に伝わり気持ちを動かしたらしい。
 昼過ぎ、事前に我が家に届いていた機材の引き渡しを兼ねて事前打ち合わせをして、撮影場所のロケハンにご案内。Y氏は現在大手カメラメーカーの開発担当者、天体に関しては専門誌に載るほどの専門家、幸いにして現役時代から知り合いで、いろいろと教えて頂くことも多く、今回も天体撮影の極意の一部を教えて頂こうと手ぐすねを引いて待っていた。
 しかし残念なことに夜空の天候が思わしくない予報に昨晩の撮影は中止を決定。それでは、という事でホテルの一室でレクチャーをして頂く。まず、機材の種類に驚き、レンズの高額が輪をかける。星景写真と天体写真は異なるが、天体写真には専門的な知識が求められ、私の範疇を超えているようだ。
 さて、今夜の那須の夜空は、来訪客友人を満足させてくれるような振る舞いをしてくれるだろうか。神頼みである。
posted by はらっち at 08:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記