2016年09月02日

「熟女と下僕のちょい旅」悠湯里庵へ

page8.31-4.jpg

 「田園プラザ川場」から奥日光へ回遊する途中で、川場村内にある「悠湯里庵」に立ち寄った。お目当ては古民家風の雰囲気もさることながら「豆腐とそば会席、入浴セット」を楽しむためである。「悠湯里庵」は、三度目の訪問になる。古民家風の建物が点在する宿泊施設といったところだろうか。カタログには、「かやぶきの源泉湯宿」と紹介されている。

page8.31-5.jpg

 10数年前より、テレビ、雑誌関係で取り上げられて名前が知れ渡っている。若い従業員を主に接遇・接客も心地よい。長屋門入り口を入り受付で支払いを済ませて温泉へ。源泉掛け流しのアルカリ性泉質でPHが9.2とと高く、一般に言われる「美肌の湯」である。流石に真昼となると入浴客も少なかった。入浴後は、お食事処の個室に案内されたが、初めてである。この特典は事前予約のご褒美なのかもしれない。「豆腐と蕎麦会席」コースを頂いた。又、再訪問という事で、スープが振る舞われた。チョットしたくすぐりおもてなし。

index_img_03.jpg
        ” 豆腐とそば会席コース(HPより)”

 このコースは、最もリーズナブルだ。ランチコースとして量、味とも皆さんに満足頂けたようだ。約1時間、ゆっくりと賞味した。
その後、120号線通り金精峠を上り奥日光湯の湖、竜頭の滝、華厳の滝を見物し、日光宇都宮道路、東北道路を経て、17時過ぎに那須へ舞い戻った。川場村へのちょい旅だったが、天候に恵まれたことが何よりだ。



posted by はらっち at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月01日

「熟女と下僕のちょい旅」はプラザ川場へ-エピソード1

DSC09162c.jpg
       ” 帰り道に立ち寄った奥日光竜頭の滝 (8月31日14時頃)”

 「田園プラザ川場で買い物」「悠湯里庵でランチ」をメインに熟女達の添乗員兼運転手で出かけてきた。昨日の台風の被害もなく台風一過、青空が広がる。那須インターを8時に出発し、東北道を南下し北関東道、関越道沼田ICで出て、「道の駅田園プラザ川場」へ。

page8.31-3.jpg

 川場村が地域活性村おこしの一環として「道の駅」を設置した。我々が普段目にする道の駅と違って、幾つかの棟に分かれている。物産館、パン工房、ミート工房、ミルク工房、ビール工房、ビジターセンター等など、広域に点在する。いつもと違って人出が少ない。夏休み最後の日、月末、そして水曜日とマイナス要因が重なったことだろうと異口同音。残念ながら、目的の一つ「パン工房」は定休日らしい。しかしHPにも公示はされていない、店頭にもその表示が無い。「道の駅」の模範として関係者にも人気を博している「田園プラザ川場」だが、「残念だわ〜」と憤懣やるかたない。 その後、「悠湯里庵」へ温泉付きランチへ向かう。

posted by はらっち at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記