2016年09月21日

横浜ベイスターズ番長三浦引退表明

dd679a2e42669c040f806b5db53df5681.png
        ” 横浜スタジアムHPより拝借 ”

 昨日、横浜ベイスターズの三浦大輔投手兼コーチの現役引退表明があった。引退より勇退の言葉が適当と思う。横浜は、大洋ホエールズ時代からのファンなのでかれこれ半世紀になる。大洋時代は川崎球場へ、横浜になってからは、横浜スタジアムへよく足を運んだ。1998年の優勝時は、大阪から観戦に訪れた同僚達とダックアウト上の席で観戦し、中華街で祝杯をあげた。若い頃と違って入れ込むことも無く、野球観戦を楽しむレベルになっているが、やはり横浜の試合結果は気になる。
 三浦投手は、今では、若手の台頭もあり主力投手の座は譲っているが、ドラフト6位で入団して無名に近かっただけに、その努力が賞賛される。独特のリーゼント髪型も話題の一つだ。
 その三浦投手とのエピソードがある。2011年春のキャンプに沖縄宜野湾へ訪れた時、室内練習場へ入ろうとする本人に声を掛けた。「写真をご一緒に撮らせて頂けますか?」というと、球団職員の女性が駆け寄り気さくに記念写真撮影に応じてくれた。三浦投手は大きな体格では無い方だが、横に並んでみると172pの私が見上げるほどだった。キャンプに訪れるファンが少ないことが皮肉にも私にチャンスを与えてくれたのだ。
 残り4試合、連続24年勝利に向けて登板の機会はあるのだろうか。チームは2位を狙おうとしているだけに取りこぼしがきかないが、さて、有終の美となるか気がかりでもある。
posted by はらっち at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記