2016年10月05日

十文字高原のそば処ばんない

page10.5.jpg

 南会津へ出かけると蕎麦を食べることが楽しみの一つである。好きな店は3〜4店。その一つに、十文字高原にある「ばんない」。那須高原より甲子道路を経て長い甲子トンネルをでると下り坂になる。そのまま下郷347号線に向かう方法もあるが、途中で山道に入り観音沼方面へ向かう。それから十文字高原内の舗装された道路を両サイドの景色を楽しむように下って行くと、静かな佇まいの「ばんない」の看板が目に入る。
 今日は、駐車している車が無い、休業かと心配しながらノレンをかき分け「やってますか」と声を掛けてみる。「はい〜」といつもの声が返ってきた。
 この店は、もう10年程通っている。移住してから写真が取り持つ縁で、画家であり写真家のY田さんと知り合い、この店を紹介された。八十歳近くになると思われるご夫妻が営業をしている。メニューは、「ざるそば」と「ざるぞば大盛」の2種類。初めて訪れた時、注文しない天ぷらが付いてきた。驚いていると、会津では蕎麦に野菜テンが付いてくると聞いた。
 今日も待たされた。天ぷらを揚げている時間が掛かっているようだ。10割蕎麦はいつもの湯で加減だ。野菜テンも温かく美味しい。これから、寒くなると休業が多くなる。今月下旬は、観音沼の紅葉も見頃を迎えるはずだ。「ばんない」昼食付きで友人を誘ってみようと思う。
posted by はらっち at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店