2016年10月09日

刈り取りを待つ蕎麦畑

DSC09489c.jpg
       ” 南会津十文字高原 (10月5日)”

 那須、会津には蕎麦畑が目につく。母方の実家鹿沼市の奥の山間部では、昔は水稲が儘ならず蕎麦、コンニャクなどが畑の収穫物だった。当然、蕎麦は安価な副食品だったが、今は、高価な蕎麦を提供する店がある。理解し難い。
 先日、十文字高原へ行った時、いつもの撮影場所へ行ってみた。蕎麦畑の背景にカラマツの木々が並び、絶景をなしていたのだが、残念なことにカラマツは伐採されていた。日当たりが悪いことなのだろう。十文字高原には、撮影場所でも知られている猿楽台の蕎麦畑がある。早朝、三脚が並ぶ。
 那須地方とは少し色付きが早い蕎麦畑。近い内に刈り取られて乾燥されて蕎麦の実が収穫される。新蕎麦が楽しみだ。
posted by はらっち at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記