2017年01月21日

黒田原初市2017

DSC00129c.jpg
       ” 雪の黒田原駅(1月21日10時頃)”

 昨晩、ドカ雪が降った。朝起きると約30p弱の積雪で一面の銀世界。昨日より風邪の前兆らしくのどが痛く微熱がある。しかし、今日は黒田原の初市。この日を逃すとだるまが入手できない。だるい身体だが車を走らせた。黒田原に近くになるにつれて積雪量も少なくなってゆく。初市開始時間には早いので、黒田原駅へ行きホームや滑り込む電車の風景などをスナップした。

page1.21.jpg

 5年前になるだろうか。黒磯の初市から黒田原の初市に場所を変えた。理由は、黒磯の初市は規模は大きく人手が多い。何となく田舎の光景が似合いそうな黒田原に変更した。もう一つの理由は、黒磯の初市で購入できるのは「高崎のだるま」、黒田原は「白河のだるま」で、我が家ではその白河の方が気に入っている。作者が違う事もあるようだが、表情が良い。しかし、毎年出店数が少なくなって行くことが気になる。
 除雪はされているが、雪解けのぬかるみを避けて歩く。10時開始なのだが、雪の影響なのだろう準備が遅れている中で、最も端のだるま店に行き「ち」号のだるまを購入した。「2500円だけど2000円で」と安くしてくれた。習わしによるとその安くしてくれた金額はご祝儀としてお店に返すことが良いらしいが、照れくさくてそのまま安くして頂いた。
 旧年ご利益があればだるまを大きくするらしいが、来年は、一回り大きなものを手に出来るように願いたいものだ。
posted by はらっち at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報