2017年05月13日

傍若無人の振る舞いに眉をひそめる

DSC_0048-2s.jpg
      ” クイーンズタウンの夜景(友人M氏撮影)”

 今回のニュージーランド旅行は、友人と二人ずれ。共通の趣味写真撮影に興じた。クイーンズタウンでレンタカーを借りて、最終日のクライストチャーチまで時速100qの一般道路を走り切った。どの町でも、某隣国の団体観光客が溢れていいた。レンタカーを運転するグループも隣国の姿。確か、某隣国では国際運転免許証の交付が無いと聞いいているが。
 夕刻、夜の撮影スポットでは、その某隣国の人達で騒がしい。使用しているカメラは、日本製の高級一眼レフとなれば、眉を潜めてばかりにはゆかないが、所かまわず唾を吐く、手鼻をかむ、食べ残りを道端に捨てる、人前を構わず横切るなど目に余る。テカポ湖では友人と「湖畔から離れて撮影スポットを探そうか」と、騒がしさから離れた。
 そう云えば1980年、ドイツのカメラ関係イベント(フォトキナ)に10名ほどのグループで出張したことがあった。ドイツ国内の移動で飛行機に搭乗した時の出来事、当時は国内線は自由席。若手の私は一歩下がっての同行、隣の席は空席、あとから若い外国女性が近寄ってきた。「あいてますか?」「どうぞ」チャーミングな女性に落ち着かなかったことを記憶している。彼女は、カナダトロントからで添乗員とのこと「ドイツ語しゃべれるの?」「しゃべれるよ、いつも、や〜や〜や〜だけどね」というと爆笑し、その後片言の英会話は、私に好都合のレッスン。最後に「あなた達、ノウキョウ?」と投げかけてきた。思わず失笑。当時は、日本人のグループ旅行というと「ノウキョウ」が世界を席巻していた。どの町でも、赤系の衣装でひときわ目立つ某隣国の旅行者を見て、昔のことを思い出している。
posted by はらっち at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行