2017年07月29日

北海道開拓の村再訪

DSC00135c.jpg
       ” 村内の馬車鉄道(7月19日曇り)”

 先日、札幌に出掛けた時、「北海道開拓の村」を再び訪れた。昔を再現した施設は、那須に近い南会津の大内宿等、各地に点在するが、この開拓村は村内に馬車鉄道が走り、私好みの環境でもある。昨年同じ日に訪れて興味を持ち、その施設内を楽しもうと再訪したが、前回、馬車鉄道の車掌をしていたS嬢のスナップ写真をお渡しするのも目的の一つになっていた。今回は、残念ながら非番で他の女性車掌にお渡しした。「わ〜良いんだ、私も撮ってください、これは必ず彼女にお渡しします。」と頼まれ、願っても無いことでスナップをした。これでは又、再訪する理由が出来てしまった。

page7.29-1.jpg
       ” 左上:新札幌行きバス停 左中;写真館スタジオ
        左下;床屋 右:ポスト(投函口開閉式)”

 村内は、北海道開拓当時の家屋、施設が復元されている。どちらかというと、復元された家屋は、裕福な住民と思われる。それでも、寒い北海道暖を取る手段も限られていただろうと想像すると今の自分の幸せが有難い。村内には、多くのボランティアガイドがおられる。まず施設の情報を知るうえで困ることはない。
 「北海道開拓の村」の入場料だが、65歳以上は無料である。何と太っ腹な応対だ。次回は、雪景色の開拓村を訪れてみたい。
posted by はらっち at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記