2017年10月02日

「僕のワンダフル・ライフ」を観る

10.2.jpg
        ” カタログの一部を拝借 ”

 映画館に行く。レセプションで迷う。「ダンケルク」を第一候補にしていたが、「僕のワンダフル・ライフ」に気が変わった。上映開始時間が殆ど一緒だったことが迷いの第一要因だ。この映画は先週末に封切りになったばかり。
 犬が主人公で飼い犬のイーサンに会いたいばかりに、何度も生まれ変ってゆく。最後には愛犬家にはたまらない展開が待っている。生まれ変わる犬種の中に、我が家の愛犬と同じコーギーが登場するが、これも気持ちをほっこりとさせてくれる。
 シニアスな映画やSF映画などを好んで観るが、このような映画も時には良いものだ。
posted by はらっち at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

「那須ブックセンター」オープン間もなく

22185025_1000253153448240_377354739_n.jpg

 ブログ仲間のF川(ハンドルネーム、晴++さん)さんから、「那須ブックセンター開店」のご連絡を頂いた。10月13日が開店とのこと。開店に漕ぎつけた詳細は判らないが、「産業振興、地域交流、街の活性化につなげたい」と意気込みが記してあった。
 那須町には、黒田原駅前に「金子書店」があるが、お世辞にも蔵書が多いとは言えず、種類も雑誌関係が主だ。黒磯にツタヤがあり、そこまで足を延ばすか、内容が判っているものはネットで購入することが多い。
 現役時代、ショールームを担当し専門書の販売に取り組んだ頃があるが、独特な商慣習・取引に唖然としたことがある。図書販売業の現状は、極めて厳しい。スマフォ・タブレットによる図書離れや、商圏の重層が無く、固定されている。しかし、地域密着型で魅力的な店舗として存在価値を高めている例も少なくない。
 新規開店初日は、避けられない他の用事があって残念ながら足を運ぶことが出来ない。本は、どちらかというと借りて読むより購入するタイプ、身近な書店として大いに利用しようと思う。
posted by はらっち at 08:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 那須情報