2017年10月21日

いつもの美味しさにあり付けず

DSC00401.JPG
" かも南蛮つけ蕎麦(10月20日昼)”

 19日一泊で現役時代の仕事仲間が那須へやってきた。若かりし頃、仕事で訪れたり、プライベートで訪れたことはあったようだが大分年数が経っていた。愛車で二組、新幹線で一組の計5名、懐かしい顔ぶれだ。14時に我が家に集合、1時間ほどたった後、S夫妻の家族に不幸があり、急遽戻らなければならないという、突然のことが起きた。その後、N夫妻とT氏とで宿泊のホテルで夕食を過ごし、翌日は、那須高原、芦野・伊王野を案内をした。小雨模様の駒止の滝の紅葉に感嘆の声。その後、芦野・伊王野地区へ。初めて訪れたようで、那須にも歴史的な場所があることを再認識したようだ。
 「那須でお勧めの料理は蕎麦だよね」ということで、昼は、某道の駅のそば処へ。「ここは、行列が絶えない人気店、旨くて安いのでね」と前振りして店内へ。「そばの美味しさを知るには、冷たいそばでしょう」ということで、S夫妻は「水車もりそば」810円也、私とT氏は、「かも南蛮つけ蕎麦」を注文。1190円也。しかし、誠に残念なことに、いつもと全く蕎麦の硬さも味も違う。スーパーで購入してもこれほどのものは少ないというほどだ。これまで数えきれないほど利用しているが、以前、同様なことがあり関係者にそのことを告げると、分かっていて複雑な思いをしたことがある。今回も、原因が分かっていればよいのだが。それにしても友人達に大見得を切っただけに誠に残念な思いをした。
posted by はらっち at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記