2017年11月20日

会津は雪景色

DSC02681c.jpg
       
 先週17日に南会津へ行った。その日は、那須高原でも寒い朝だった。西郷と下郷の境にある甲子トンネルを通り抜けると、「そこは雪国だった」がぴったり。オールシーズンタイヤ装着しているが、冬は、スタットレスに履き替えている。オールシーズンタイヤでも積雪の下り坂は気を遣う。周囲の山は冠雪して紅葉の山肌と屏風絵を成している。これから本格的な雪の季節が訪れるのであろう。つかの間の光景だ。
posted by はらっち at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月18日

南会津「そば処なかい」へ

page.jpg

 南会津には「蕎麦街道」があるほど、蕎麦屋が多い。南会津に行くには、68号線を通り甲子トンネルを抜けて、下郷に出る。甲子トンネルを抜けて、道の駅を横目に集落に入ると、「そば処なかい」のぼり旗が目にはいる。以前一度、寄ってみたのだが休みだった。今日は、リンゴを買いに来たのだが、昼食は、「そば処なかい」で頂くことが出来た。如何にも民家を改装して店にしたという雰囲気が、外観、店舗内にも感じられる。
 会津の蕎麦屋では、もりそばを頼むと野菜天が付いてくることが多いが、ここでは「もり天そば」になっている。エビ天が付いているのでやむを得ないのだろう。1200円也。特徴の一つに、「えごまたれ」が付いてくる。「そばつゆを1/3くらい加えてください」とおかみさんのアドバイス。付けてみたが、これは好みの味ではない。蕎麦の美味しさをこわす、と早々に諦める。
 入店した時は、最初の客だったがその後三組ほど入ってきた。新蕎麦ということもあり、蕎麦の香りもよく美味しく頂いた。
posted by はらっち at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2017年11月16日

那須連山は冠雪

DSC02662c.jpg
     ” 那須高原小深堀付近より(11月16日14時頃)”

 今朝冷え込んだ。いよいよ晩秋から初冬への趣になってきた。既に那須連山は大分前に雪を被っているが、今日は特に、冠雪の広がりが大きいようだ。

page1.jpg

 小深堀付近の景色をスナップした。この場所は山野草の宝庫だったが、大分前から立ち入り禁止になり、それが、荒れ放題の引き金になっているようだ。又、牧草地を背にペンションが営業していたが、現在は、空き家になっているらしい。この風景も好きで、帰りに立ち寄ることが多い。那須高原の牧歌的な風景の一つである。
posted by はらっち at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月12日

久しぶりの東京

page.jpg

 写真関係の無料セミナーを見つけて、久しぶりに上京した。開講時間が11時ということもり高速バスでは間に合わず、新幹線を利用。「大人の休日倶楽部」の会員特権を利用して30%OFF。週末に利用することは殆どない新幹線。いつものホームや車内の光景と明らかに違う。普段と異なる混み具合だ。仙台発の各停を考えると座れるか心配するほどだ。
 セミナー会場は、銀座6丁目。何回か訪れている会場であり気持ちにも時間的にも少し余裕があるので、オリオン通り、並木通りなどをぶらついた。店舗も様変わりしている。でもやはり銀座の香りがする。
 セミナーを受講した後日比谷近くのガード下の寿司店へ。客に外国人が目立つ。本場の寿司を食べて、母国での名ばかりの寿司との違いを知ってくれれば嬉しい、等とにわか日本観光大使に。その後は、大型量販店へ。思わずスマフォを衝動買いしてしまった。当分、使い方を理解するまで、時間が掛かりそうだ。
 大丸の地下へ行って夕食を購入。帰宅して食べればよいのだが、新幹線に乗る時は弁当持参、という習性が身についているようだ。人混みの多さに東京ってこの様に混んでいたのか、と回想しつつ帰路に。 
posted by はらっち at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月09日

山文魚(やまぶんうお)であんこう鍋を頂く

page11.9.jpg

 久しぶりに日立市で事業を営まれているS先輩ご夫妻を訪れた。入社時にお世話になり、退職後も、私的にお世話になっている。我が家からは、大子(だいご)を経て行く一般道路利用と、遠回りだが磐越道か北関東自動車道を利用する方法がある。
 一般道を利用すると約100km、高速道路を利用するとその倍約200kmになる。水戸で用事を済ませてから伺う計画だったが、その用事がなくなり時間に余裕が出来たこともあり、行きは一般道路を利用した。
 約3時間で到着。昔話や健康の話に花が咲いた後、「山文魚」で昼食をご馳走になった。以前もお連れ頂き、気分の良い思い出がある。既に奥方があんこうが入荷の確認をされコースの設定をされている。いつもの気配り、気遣いに感謝。新鮮な魚介類にアスパラ、あんこう鍋と雑炊、全て美味しく頂いた。近くのカフェで歓談した後、帰路へ。帰りは、高速道路を利用、約1時間半。「ご帰宅後、夕食の用意も大変でしょう」と夕食のお土産まで頂く。山文魚の美味しさとSご夫妻の心温まるおもてなしに感服。
posted by はらっち at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2017年11月08日

コピスガーデンの秋へ

page11-81.jpg
 昨日の晴天と変わって、曇り空。「女性のカメラ」を修了した後、ランチを兼ねて「コピスガーデン」に撮影実習へ行った。昨日と変わって人影も少ない。曇り空は、紅葉の撮影には似合わない。

11-82.jpg

 小1時間園内の撮影をして、カフェレストランへ。我々は5人グループ。テーブルが空いていない。テラス席は空いているが、長居はチョット寒さ堪えそうで店内の窓際席へ。窓越しに外の紅葉が望めるという利点を優先。それぞれに注文する。カレーを注文した。何種類かの豆が入っている。最後にブレンドコーヒーを頂き仕上げに。やはり、新緑の季節の方が見映えがしそうだが、無料で入園出来、各種草花を眺め、購入を楽しめる。さて、講座の効果が発揮されたかは次回の講座で確認である。
posted by はらっち at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月05日

急遽、白河の写真展へ

page11.5.jpg

 急遽、隣町というか隣の県の白河へ写真展を観に行った。別段しがらみがある訳ではない。先日、白河の額装店へ行った時、写真展の案内はがきを持ち帰ったことだ。風景写真の展示会というっことで気楽な気持ちで出かけた。案内はがきの作品からは、当事者には失礼乍ら余り期待はしていなかった。我が家から一般道路を走らせて29km、約40分ほどで着いた。開催場所の「マイタウン白河」へは初めての訪問。久しぶりに訪れた白河市街は、震災の後、再開発したのだろう、無電柱化、道路幅も広くなり見違えるようになっていた。
 一階の展示会場は広く、明るく素晴しい。この広さだと展示数の確保に難しいはずだが、レベルの高い作品が展示されていた。私の好きな作風でもあり、品位を感じる。主宰の椎名氏の指導も良いのだろう、ご挨拶と立ち話をする。「那須ではフォトコンテストやっています。生徒の皆さんにも先生からお声を掛けて頂けますか」とお願いをする。
 小1時間滞在して一般道路を走って昼には帰宅していた。
posted by はらっち at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

枯れ葉だね〜

DSC02658c.jpg
     ” デッキの愛犬(11月4日)”

 ここ数日北風が強い。庭の木々も冬の装いに忙しい。庭のケヤキは、こちらの迷惑にも無頓着で葉を散らしている。ケヤキの枯れ葉は厄介だ。硬くて腐りに難いのだ。毎日デッキを掃いても追いつかない。
 愛犬ミミーは相変わらずだ。「秋は落ち着くね、枯れ葉も良いわね〜」とデッキを我が物顔で過ごしている。明日は、庭の落ち葉を掃かなかねば。震災前は、燃やすこともそれほど厳しい取り締まりもなかったのだが、今は、焚火も出来ないので、片付けも厄介だ。
posted by はらっち at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月03日

那須高原を走る

mainvisual-01.jpg
" 公式サイトより ”

 第5回の「那須高原ハーフ&ファミリーマラソン」が今月26日に開催される。標高差176mとなると結構なコースだ。今日、主催者の那須町生涯学習課から応援の問い合わせがあった。「まさか、参加者が少ないので走って欲しい」ということないだろうとは思っていた。聞くところによると2000名のエントリーがある盛況だ。「那須シニアカレッジでボランティアスタッフをお願いできないか」ということだった。確かにこの参加者だとボランティアスタッフが幾らいても多すぎることは無いのだろうと想像する。早速に講師を通して受講生への働き賭けを御願いした。
 2qコースであれば何とか走れとは思うのだが、救急車の厄介にならないとも限らない。そうなると、違った意味で活字になりそうだ。その前に日々の練習から始めないと、気ばかり走って身体が走らない。やはり沿道でボランティアスタッフでの参加が似合っている。天候に恵まれて欲しいと願う。
posted by はらっち at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報