2017年12月11日

那須町民俗資料館はひっそりと佇む

DSC02694c.jpg
      ” 民俗資料館 (12月8日)”

 「那須町民俗資料館」は、那須町役場本庁の裏手にひっそりと佇んでいる。建物の前は、職員の駐車場になっていて影が薄い。一度、7〜8年前に黒田原散策をする機会があって、その時にグループだったこともあるのだろうか、建物中の資料を観る機会があった。明治から昭和期の衣食住、農業、商業、漁業などの生活用品があったと記憶している。

page.jpg

 この民俗資料館は、皇居の吹上に建築された模型資料館を1973年(昭和48年)に、那須町が払い下げて移築復元し町制施行20年を記念して開館した。留め具のカバーなどには菊の御紋が施されている。所どころ、無くなっているのは不届き者の仕業か。いつも扉が閉ざされているが、手続きを踏めば見ることは出来るのだろう。しかし、もっと入館し易くして欲しいものだ。宝の持ち腐れにはして欲しくない。

posted by はらっち at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年12月09日

絶品の豆大福

DSC02710c.jpg
              ” 豆大福(12月9日)”

 「この大福、人気なんですよ」とご近所さんが持ってきてくれたのが今月初め。たっぷりのアンコと、豆の大きさ・味が絶妙なバランスなのだ。大きさもちょっと大きめだ。どこで売っているのか聞いてみると、病院の中の売店と知った。今日、黒磯へ出掛けた序に、立ち寄ってみた。病院の中からも外からも買い物が出来るコンビニだ。
 11過ぎだったのだが、既に最後の二つになっていた。桶のような入れ物に10個以上は入っているだろうか、それもヨモギと2種類なので20個はあるだろう。瞬く間に売れるらしい。
 大福は、庶民的和菓子の代表格らしく、和菓子売り場には必ずといっていうほど並んでいるが、この大福はそれらの中でトップにランクインするかもしれない。人気の高さが伺える。因みに一個130円也。
posted by はらっち at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2017年12月07日

余笹川ふれあい公園はグランドゴルフのメッカ

page.jpg

 那須町を縦断するように流れる余笹川、1998年の豪雨で氾濫して大災害を起こした。有名な歌手の別荘が流されたことでも全行的に知られることになった。その余笹川河畔にふれあい公園がある。広大な敷地に一面の芝生が敷き詰められている。
 9時前、文化センター開館前の時間つぶしに立ち寄ってみた。多くのゴルファーで賑わっていた。ゴルファーといっても、グランドゴルフを楽しむ人達だ。目の前で初めて目にした。ゲートボールを目にする機会が減ったように思うのだが、ひょっとしてグランドゴルフに人気が移ったのだろうか。ルールも全く判らないが、コースの距離は、ルール上で決まっているようで、距離測定機材まで置いてあった。パークゴルフと何が違うのか判らないが、大きな違いは、パークゴルフは、専用のコースで、通常のゴルフと変わらないらしいが、グランドゴルフは、場所を選ばないらしい。ここのふれあい公園は、全面芝生ということでメッカらしい。若い人がいないところをみると、やはりゲートボールの延長なのだろうか。
posted by はらっち at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年12月06日

公共の宿「那須いこいの家」で忘年会

page.jpg
      ” いこいの家の夕食(12月2日)”

 那須町には、公共の宿「那須いこいの家」がある。那須湯本、ビジターセンター近くにあり至便だ。先日、「那須遊歩会」の忘年会で久しぶりに訪れた。13年前、どの様なところか情報収集の目的で宿泊して以来だ。管理人が何人変わり、今では民間委託されている。
 特徴は何といっても料金と温泉に尽きる。料金は、町外の人が利用する場合は、1泊2食付きで6800円、町民は、5800円で60歳以上は何と3800円となり、食事代と入浴料程度になる。日帰り温泉も利用できる。温泉は単純泉だが、源泉かけ流しで確か御用邸と同じ源泉のはずだ。
 稼働率は満足できるものではないらしいが、料金、食事、温泉など十分満足できるもので大いに利用価値はありそうだ。忘年会も娯楽室を貸し切って、飲み会・カラオケと盛り上がった。
posted by はらっち at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年12月03日

いよいよ忘年会スタート

1.jpg
     ” イタリアンレストラン アミーユ(12月1日)”

 早々と忘年会第一弾。講師の綾香さんを囲んで英会話仲間との集い。綾香さんを覗いて、殆どが歳を忘れるにも数えきれないほど年齢の集まりである。昨年に続いて「イタリアンレストラン・カフェバー・アミーユ」さんが会場。皆さんは良く通われていて評判が良い。

page2.jpg
 
 間接光の明かりが、店内を柔らかく包んでいる。クリスマスシーズンを彩るデコレーションも雰囲気を演出している。それぞれ海外旅行の経験も豊富で、旅行や日頃のたわいもない会話で盛り上がり、毎回、最後はビンゴゲームでプレゼント交換で締めとなる。「アルコール召し上がるでしょう」とM夫人の気遣いに、送迎をM夫人のご主人にお世話になる。昨年も雪の夜空だったが、今年もうっすらと白く地面を染める。
 明日も、忘年会と続く。親交を深めるには良い機会だ。
posted by はらっち at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2017年12月01日

朝食用食パンを焼く

DSC00579c.jpg
       ” 食パン2種(12月1日)”

 朝食は殆ど食パンである。若い頃はご飯だったのだが、結婚して遠距離通勤をするようになって、どうも胃に合わず、パン食に切り替わった。極めて単純な理由だ。
 シニアカレッジのパン講座で習ってから、自分で食べる食パンは自分で焼くようにしている。折角身に付き始めた習い事の成果を利用しない手はない、又、習熟を重ねれば多少は腕も上がるだろう、ということもある。今朝、食パンを焼いた。いつも25%程準強力粉をいれて食感を変えているが、今日は、保存のラムレーズンがあったので、混ぜてみた。クープを入れて見映えも変えてみた。焼きたてが美味しいのだが、熱を取った後は、冷凍庫行き。これで、1週間ほどはしのげそうだ。
posted by はらっち at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パン生活