2018年01月11日

蕎麦屋おり田へ

page3.jpg
      ” 蕎麦屋おり田 (1月10日)”

 昨日、奥塩原元湯へ行った後、昼食を求めて400号線を会津方面へ車を走らせた。上三依のひなびた蕎麦屋へ。店は雪に覆われて休業だった。そのまま400号線と合体する121号線を会津方面へ。会津鉄道の鉄橋をくぐり352号線を館岩方面へ。道路は除雪はされているものの、雪道に変わりはない。10分ほど走ると「おり田」の暖簾が目に入る。昨年、木賊(とくさ)温泉の帰りに寄り愉快な仲間達の評判の良かった店だ。暖簾をくぐると店内には客の姿は無い。我々が貸し切り状態。古民家風の店は、10名も入れば満杯になる。私は「ちたけきのこつけ蕎麦の大盛」を注文。この寒さは、汁は温かなものが欲しくなる。蕎麦は香り、ゆで加減、太さも申し分ない。テーブル近くに貼り紙があった。「イチジクのワイン漬け」「数は幾つありますか?」「三個です」「それじゃ〜ケンカしないで済みます」と他愛もないやり取り。美味しく頂いた。食事中は、カメラ談義や世間話に花が咲く。温泉に蕎麦、申し分ない冬の一日。
posted by はらっち at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店