2018年01月31日

五箇山(菅沼)合掌造りの里

DSC03001c.jpg
  ”五箇山(菅沼)の合掌造り(1月28日)”

 1月27日(土曜日)〜28日(日曜日)に掛けて、バスツアーで白川郷・五箇山合掌造り里巡りに行ってきた。寒い那須高原から更に寒い岐阜の山奥まで訪れることも無いのだが、雪の合掌造り風景に興味があった。朝8時、宇都宮から小山・栃木で参加者を拾って、北関東道⇒松本⇒安房峠⇒高山⇒白川郷⇒富山(宿泊)⇒2日目、五箇山⇒高山⇒平湯⇒安房峠⇒松本⇒北関東道⇒栃木⇒小山⇒宇都宮 で過ごす。
 1日目の白川郷は夕刻5時に到着、既に帳が下りてライトアップ撮影を待つだけになっていた。この場所も東南アジア系の団体旅行客が多い。民家園のライトアップは、18時からでツアー貸し切りになっていた。足元を気にしながら、スナップをして歩く。三脚を忘れてしまい手振れが気になってしょうがない。
 今回は、一人参加でも追加料金が無い。というのも宿泊場所が富山のビジネスホテルということもあるのだろう。翌日は、ホテルで朝食を済ませて8時に出発、五箇山には1時間も掛からずに到着。白川郷と違って観光客の姿も殆どいない。積雪は1.5mと表示されていた。除雪されてはいるが圧雪道を歩く。1995年に世界遺産登録されている。機会があれば宿泊して本当の魅力を体験することかもしれない。
posted by はらっち at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記