2018年02月25日

空海(KU−KAI)を観る

IMG2.25.jpg
  ” カタログをスキャン ”
 
 24日封切りを待って「空海」を観にいつもの「フォーラム那須塩原」へ。前日、ネットでチケットの購入と座席指定をしておいた。その時は、座席指定は私が初めてで、前人気の高さに首を傾げたが、館内に入ると最も大きなスクリーン一番は、7割方埋まっていた。
 空海と云えば、菩提寺の真言宗を開祖した僧侶。キリストにまつわる映画は多く上映されるが、仏教に関するプログラムは少ない。真言宗徒と云え、恥ずかしいことに殆ど実態を知らない。勉強できるのではないかとその期待もあった。又、日本人の俳優も何人か出演している。唐の都長安の街を映画のために雄大なセット再現したようだ。中国映画らしいと思う。又、特撮も中国映画に匂いがする。「絢爛豪華!空前絶後のスケールで描く極上エンターテーメント」がカタログのキャッチフレーズ。「史上空前の超天才が美しき王妃の謎に挑む」とも。空海の生い立ちや真言宗開宗への展開を勝手に期待していたが、読みを間違えた。次回は、3月1日上映の「テロ」に期待。 
posted by はらっち at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画