2018年07月27日

愛車8代目は還暦カラー

pic_main_visual.jpg
 ” 愛車と同型車(HPより)”

 「CRVを乗りつぶすんじゃなかったんですか?、私には嬉しい誤算ですが」「いや〜、シニア世代運転に過信は禁物なので、運転支援機能付きにしようと思ってね」「それじゃ〜、新しいCRVでいいですか」「いや〜、大きすぎるし、高すぎるよ。年金生活者だよ、チョット小ぶりなやつをね」の会話でヴェゼルになった。 
「ハイブリット車は、高いよね、どれ位乗れば回収できるかね」「この車で年間1万km走って、約4〜5年ですかね、ガソリン価格にもよりますけど」このような、ディーラー担当者とのやり取り。そして最後に担当者曰く「あとは環境意識ですかね」の一言に清水の舞台から飛び降りた。
 「色は何にしますか」「大胆に還暦カラーの赤色で」とお願いした。定番のカラーより6万円も高い。
還暦カラーは、JAFの事故統計では最も非事故率が低い、即ちぶつけられない。又、還暦カラーユニホームを着たゴールキーパーのセーブ率が最も高いという。威圧感があるらしい。このような理由を拾い集めて決めた。緑豊かな那須高原、少し違和感があるが我慢していただくことにしよう。燃費は、すこぶる良さそうだ。でも費用回収に4〜5年掛かる予想。これが、乗りつぶす愛車になりそうだ。
posted by はらっち at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報