2018年08月30日

「ログコテージ茶臼の森」へ立ち寄る

DSC01978c.jpg
 ” 敷地内コテージの一つ(8月29日)”

 白河の画材店「夢工房」へ行った帰り道、68号線沿いにある「ログコテージ茶臼の森」に久しぶりに立ち寄った。午前中だったので客を送り出した後の忙しい時間帯のはずだが、オーナーご夫妻は元気な姿を見せてくれた。いつ来ても、ゆったりとした時間が流れる環境だ。敷地内には小川も流れて、春にはカタクリの群生が見事だ。都会の子供達には、普段お目に掛かれない自然に歓声を上げている光景が想像できる。
 いつもの拘りの珈琲を振舞っていただく。シニアカレッジ、写真、経営状態など広範囲は話題だが最後は健康の話に落ち着く。10月には手術を控えているという。元気な姿で想像できないが、我々の世代になるとどこか部品の劣化が現れてくる。「これも皆な通る道だね」と笑い話にあなる。愛犬は、昨年長命の16歳で天に召されたが、今は、子猫が足元で愛くるしい姿を見せていた。いつもの自然に溢れた茶臼の森だ。
posted by はらっち at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2018年08月27日

粗大ごみ処分の費用

IMG.jpg

 次男から譲り受けた3年物の冷蔵庫、我が家の年代物と代代わりすることになった。今まで活躍してくれた冷蔵庫はお払い箱に。何回かの手術を施しているので、全くの健康優良児とは言えないが、それでも今は元気に過ごしていただけに忍びない。
 郵便局へ出掛けてリサイクル券をを購入、4500円と手数料150円也。続いて「クリーンステーション那須」へ連絡し引き取りの手続きを取る。引き取り費用1500円也。「係員は屋内に入りませんので、屋外の引き取り易い場所へ出しておいてください」との依頼付き。ベランダまで引きずり出した。確かにこれだけの費用が掛かると、空き地に放置する族(ヤカラ)が、現れてくるのだろう。それにしても、屋内に入れないというのも判らないではないが、高齢者には難儀な事である。誰か立会人が要れば対応できるような方策も必要ではないだろうか。我が家の元気な冷蔵庫はリユースされることなくスクラップになると思うと寂しい。
posted by はらっち at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2018年08月25日

冷蔵庫運搬の費用は高価

GUM11_CL15092.jpg

 「冷蔵庫新しくするんだけど、今使っている奴使わない?」と次男からの電話。購入して3年、家族が増えて使い勝手が悪くなったらしい。「新しいっていつ購入したの」と妻が問いかける、「今年で3年目」とぶっきらぼうな返事。我が家の冷蔵庫も年代物になってきて、買い替えようかという話題が最近あった。まだ、延長保証期間無いということもあり、今使っているものと置き換えることにした。
 しかし、さてどの様にして運ぶか悩みになった。レンタカーを借りて、運ぶという手を考えたが、80s近くの重さでは、荷台への積み下ろし、デッキへ上げることも考えると、難しそうという判断になり、業者を探した。
 大手の宅配業者へ連絡すると「家財運搬サービス」なるものがあるという。大きさと重さで料金が異なるようだ。10700円という。どの様に運んでくれるのか聞いてみると、次男宅へ取りに行き、宇都宮の集荷センターへ戻り、翌日、我が家への配達となるという。思わず気の短さが出てしまった。「次男宅から我が家まで8q、何でそのような無駄なことをするの、そのまま運んだら費用削減になるでしょう」と。係りの女性は、上司と相談して回答しますと、時間を置いた。1時間ほどして電話があり、「ご希望に沿って配達させて頂きます」という。「ご希望でもないだろう」と一言言おうとしたが、堪えた。
 昨日冷蔵庫が届いた。現在設置の冷蔵庫を搬出するのに3000円掛かるという。10mくらい移動するのに何たること、自分で移動することにした。何のことはない。冷蔵庫の下部には滑車が付いていて、転がし移動が出来るのだ。 これから、古い冷蔵庫の後始末編を続編として書こうと思う。
posted by はらっち at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月22日

わが家のリンゴのその後

DSC05171c.jpg
” リンゴ(8月22日16時頃)”

 2〜3日前までは「やはり暑さ寒さも彼岸まで」を絵に描いたように涼しくなった。最低温度は10度、日中も26度と過ごしやすくなったと思たら、昨日から残暑がやってきた。
 庭のリンゴは、その涼しさに一揆に赤みを増した。13個結実したが、現在は、10個残っている。先日の強風で2個落果したが、もう1個は待ちきれなくなった妻が収穫した。南会津のリンゴ農園のオーナーが、「赤くなっても美味しい時期を見つけて収穫するのも長年の経験」と言っていたが、案の定早く収穫しすぎて青臭く甘みもない。さて落果させずに美味しいタイミングを見つけて収穫できるか、素人リンゴ愛好家の悩みは尽きない。
posted by はらっち at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月17日

石垣島旅行記を掲載

DSC04109ac.jpg
" 石垣島川平湾 (2018年5月15日)”

 最近、ホームページ「れすとroom那須高原」の更新が滞っている。その代わりといってはなんだが、「フォートラベル」に掲載する機会が殆どだ。これは、レイアウトの手間が掛からず、画像の貼り付けコメントを付け加えるだけのシンプルさが原因。今回、5月半ばに友人と出掛けた「石垣島」を掲載した。簡単な作業とはいえ、大分遅くなったものだ。その友人は、先日宮古島へ再訪したと聞く。石垣島より他の離島の方が魅力的のような気がする。宮古島へは、一度行ってみたいと思っている。
   https://4travel.jp/travelogue/11373543

posted by はらっち at 17:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月15日

霞ケ城公園の百日紅

DSC05160c.jpg
   ”霞ケ城跡公園つつじ邸付近(8月15日13時頃)”

 那須町の里地区に伊王野がある。かつては陸奥国と京の都を結ぶ東山道、中世鎌倉時代の「鎌倉街道」に所縁があり、伊王野氏が城山を構えて反映していた。今は、それらの面影は薄く、道の駅東山道伊王野の水車そばが有名だ。芦野に抜ける294号線沿いに山城、伊王野城別名霞ケ城の跡地を公園として整備している。
春にはカタクリの群生、つつじ、イチゲの群生が見られる。お世辞にも整備されているとは言い難く、足元に気を付けなければ歩くのも儘ならない。

page8.15.jpg

 今日は、車を走らせていると山肌に赤い花を見つけて、入ってみた。294号線からは100mと離れていない。百日紅だ。百日紅は赤い花と思っていたが、白色、紫色がある。今は、見栄えが良くない低木だが、毎年楽しみを大きくしてくれるはずだ。
posted by はらっち at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月12日

広報那須8月号

8.12.jpg

 「はらっちさん、シニアカレッジの募集記事が載ってますね」と知人から、連絡を頂いた。8月号に、那須シニアカレッジ13期新期受講生募集の掲載をお願いしていたので、その記事だ。町内への告知媒体は、「広報那須」が最も効果的である。今回は、これまでのレイアウトではなく、横書き掲載でお願いした。これだと紙面構成上、弥が上にも紙面の上段掲載になり目立ちやすい。いつも、ネット上で「那須町役場のHP」を見いているのだが、気になって友愛の森まで取りに行った。
 「広報那須」は、毎月10日頃に発行される。自治会に入会していると自治会から配布されるが、それ以外の人は、公的施設に取りに行くか、郵送依頼をして入手することになる。
「教室・講座受講生募集」のページから外れていたが、ページの上段に掲載されて目に留まりやすい。後は、どれほどの受講生が応募してくれるかだ。13〜17日が応募期間、期間中の動きが気になる。
posted by はらっち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年08月10日

「これでいいのか栃木県」入手

IMG.bmp

 知人のSさんからメールが届いた。いつもの情報提供だ。有難い。今回の情報は「これでいいのか栃木県」という、思わず破顔してしまいそうな単行本。通販で購入し今日届いた。
 全国では知名度の低い栃木県、特に西日本地区へ行くと、これは顕著になる。「リタイヤした後はどうされるんですか?」「横浜から栃木へ住まいを移しますよ、スローライフです」「えっ、栃木ってどこですか」絶句。これが、十数年前の会社での会話。関西では知られていないのである。それでも、「那須御用邸のあるところ」というと納得するが、それでも栃木とは結びつき難いらしい。同様の本には、「栃木あるある」「栃木のおきて」などがあるが、結構、ポイントを付いていて楽しめる。2〜3日、この本で時間つぶしが出来そうだ。
posted by はらっち at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月08日

ミッションインポッシブル(フォールアウト)を観る

IMG.jpg
 ” カタログをスキャンして拝借 ”

 いつ観てもトム・クルーズ主演作品は楽しい。今日観た「ミッションインポッシブル(フォールアウト)は、観たい映画としてリストアップしていた。3D、吹き替え、字幕とある中でいつもの如く字幕版を選択。1日に2階の上映、やはり吹き替え版、3Dより冷や飯を喰わされている。それでも大型スクリーンの4番ホールは、20%くらいの入り。
 オープニングテーマ曲は、聞きなれている。調べてみると1966年のテレビドラマ「スパイ大作戦」より使われている。1999年から映画で「ミッションインポッシブル」として上映されるようになったっらしい。テーマ曲は、テンポも良く好きだ。
 トム・クルーズはスタントマンを極力使わず自分自身でアクションをこなすと言われている。そう云えば、ビルからビルへ飛び移るシーンで骨折し、一時撮影を中断したが、その飛び移るシーンには目を凝らしてしまった。CGもふんだんに使われているが、アクション娯楽映画として楽しめる、最後には胸をなでおろして映画館を後にすることが出来る。楽しい映画の一つ。
posted by はらっち at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年08月05日

久しぶりのSUBWAYへ

DSC03792c2.jpg
  ” サンドウィッチ・ローストビーフ(8月5日)”

 久しぶりに大田原東武内「SUBWAY」へ行った。ファーストフード店で最も近いのは、黒磯地区内のマクドナルドだが、最近は、「SUBWAY]のパンに嵌ってから殆ど足を運べことが無い。といっても直近で言った記憶を思い起こせないほどの期間が空いている。自宅から25q離れていれば、このために行くことは無く、何かの序になる。昨年、4月末にニュージーランド空港近くの店で友人と食べて以来と思う。
 バカの一つ覚えのように「ローストビーフ」だ。「ハニーオーツブレッド」を焼いて、オニオン抜きというのは定番、590円也、これにアメリカンスタイルのコーラ、今日だけはカロリーを気にせずに被りつく。
気になるのは、日曜日の昼時なのに客が少ないことだ。この店が無くなると68q離れた宇都宮になる。何とか繁盛して欲しいと願う。 
posted by はらっち at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2018年08月02日

やはり高地は別世界

page8.2.jpg
 ” 奥那須の風景(8月2日14時頃)”

 愛車の坂道走行を兼ねて、那須街道からボルケノハイウエィーを大丸から峠の茶屋まで走ってみた。自宅近くでの車載温度計は32度、峠の茶屋では24度、エアコン要らずでさわやかな風が気持ち良い。大丸駐車場ではリンドウ茶屋へお邪魔して珈琲を頂き、女将の那須美さんとしばしの談笑。「こんな良い景色を毎日眺めながら羨ましい」というと「飽きちゃったわね」と笑顔が返ってきた。初夏から晩秋までは快適だが、初冬から晩春までは、寒さと強風がやってくる。しかし、今は、明らかに天国だ。羨ましい。
posted by はらっち at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報