2018年10月31日

達沢の不動滝の紅葉は下り坂

DSC05613c.jpg
 ” 達沢の不動滝(10月31日11時頃小雨)”

 福島県猪苗代町達沢の「達沢不動の滝」へ撮影に出掛けた。昨晩までは予定になかったが、天気予報では「昼頃から晴れ間が覗く」とあり、急遽車を走らせた。我が家から東北道を走り磐梯熱海ICを経由して中ノ沢温泉地区へ。雨が強く降り続く。103km約1時間半の距離。 駐車場で少し様子をみていると小降りになってきた。カメラを気にしながら現場へ。この天気をものともせず3人の愛好家が三脚を立てている。
 紅葉が黄色になり最盛期を過ぎたようだ。
「達沢の不動滝」は、NHK大河ドラマ「八重の桜」のプロローグに登場し、一躍有名になった。その前に一度撮影に来たことがあるが、駐車場が遠く雪の中をやっとたどり着いたことを思い出す。今は、駐車場から300m程だろうか。
 冬も良いのだが、凍結道路を走るのも尻込みをする。雨が止みそうになく、切り上げて帰路に着いた。
posted by はらっち at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月30日

月例どんぐりの会は那須CCで

ss01.jpg
  ” 那須CCHPより拝借 ”

 毎月、「どんぐりの会」のゴルフコンペが開催される。公民館主催のゴルフレッスン受講者を主に構成されている。その資格が無い私だが、穴埋めで誘われて以降居座っている。メンバー構成は12名、女性も3名含まれる。幹事は、優勝者とBBで翌月の会場のセットアップ役になる。優勝したからといって、商品がある訳ではなく、名誉だけが与えられるというシンプルなもの。
 昨日は、「那須カントリークラブ」で開催。11名が参加した。我が家からは、車で15分程度で至便な距離。余談だが、このコースは「午後スループレー」という料金がある。10時半以降スタートで昼食無しで回るセットだが、2400円(税込み)という破格のプレー費だ。日の長い初夏から初秋までは大いに利用価値がある。昨日のプレー費は、4300円(昼食込み)、それにしても都会では考えられないリーズナブルさ。
 2時過ぎに修了、2階の談話室で順位の確認、次回の幹事を決めて散会となったが、今回も81歳のS氏が3回連続の幹事、それにしても80台前半で回る腕前に脱帽だ。次回は、11月20日。
 
posted by はらっち at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月29日

座席テーブルが化粧台に早変わり

19649390_v1238744048.jpg

 田舎暮らしの弱点に都会での絵画鑑賞、各種イベントなどへ気楽に出掛けられないことがある。時間がたっぷりある時は、普通電車や高速バス利用、急ぎの時は新幹線となる。今は、「大人の休日倶楽部」会員で安く行けるが、それでも泊まって旧交を温めようという機会も少なくなった。
 先日久しぶりでセミナー聴講に上京した。場所は銀座7丁目懐かしいところである。10時半開講となると新幹線利用。自宅から車を走らせ、駅近くの駐車場に車を預けて、那須塩原始発に乗る。通勤時間から外れて8時18分始発となれば満席になることも少ないだろうと、いつもの二人掛けと異なり3人席に座る。
 宇都宮から予想外に多くの人が乗ってきた。私の隣の二人分の空席に若い女性二人がこちらに目もくれず座った。すると間もなく前の座席に付いているテーブルを引き寄せ、数種類の化粧品と大きめの鏡をセットした。にわか化粧台へと早変わりしたのだ。それも二人揃ってである。女性の化粧姿をのぞき見する訳には行かないが、隣となれば自然に見えてくる。宇都宮から上野まで約40分近く磨きに磨きが掛けられた。二人顔を見合わせて「どう?」と出来映えのチェック。上野に着くと何事も無かったように足早に下りて行った。
 最近、テレビ放映で「車内で人の眼を憚らず化粧をする女性」が取り上げられて、トーク番組になっている。目の前で化けるプロセスを見ては興ざめだし、変化に驚くことも無い。隣のおっちゃんは人畜無害と存在感が薄かったのかも知れないが、女性の恥じらいはどこに捨ててきてしまったのだろうか。久しぶりに刺激的な場面に遭遇した。
posted by はらっち at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月26日

ぐ〜ちょきぱん屋さん

page.jpg
  ” ぐ〜ちょきぱん屋さん(10月24日)”
 
 那須の幹線道路から外れた私が抜け道に利用する道路沿いにパン屋がある。ログハウスだ。ご主人の手作りらしい。横目に見ながら様子を伺っても営業しているようには見えない。オーナーと親しい友人に聞いてみると「火曜日と土曜日」の二日間で、「売り切れ御免」で商品が無くなると「本日の営業は終了しました」となるようだ。3時ごろから起きて商品の準備をし、午前中には殆ど売り切れてしまうとのこと。一見さんというより地元のリピーターが多いのだろう。時々は、訪問販売や指定のカフェにも卸しているとのこと。秋の気配と共に風情のある佇まいが印象的な「ぐーちょきぱん屋」さんだ。
posted by はらっち at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2018年10月22日

洋ランは室内温室へ

DSC09562c.jpg

 洋ランのご機嫌取りは難しい。最近愛情が薄くなったこともあり、生育が宜しくない。夏場は、庭先に出して涼しい風にあて、気温が下がり始めると室内温室へ取り込むのが例年の作業。洋ラン仲間の知人達は、わざわざ、涼しいところを求めて夏場だけ疎開「やまあげ」をする者もいる。「あんたは、涼しいところで羨ましいよ」と言われるが、今の那須高原は、それほど涼しくなく、メリットが大きい訳ではない。
 蘭の種類によって生育地が異なり、最低温度も違ってくる。カトレヤ系は、10度くらいが限界で15度くらいが好ましいと云われているが、最近の急激な気温の低下で、タイミングを失った。慌てて取り込んだ。デンファレ系だけは、5度くらいまで我慢した方が花付きが良いので、置いてたが、最低温度計を見てビックリ。何と4度を指している。明け方は、結構冷えているようだ。最盛期は、80鉢以上あって室内温室を2つも使うことがあった。今回は、メイン1か所で何とか収まってしまった。パフイオ系が少なくなり比較的丈夫なカトレア系になった。さてこれからどのような花を咲かせてくれるか期待したいが、愛情の薄さがそのまま表されてしまいそうで怖い。
posted by はらっち at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年10月20日

那須高原には馴染まないメガソーラ

IMG.jpg
 ”那須御用邸下メガソーラ建設中止を求める会のチラシより”

 再生可能エネルギーとしてソーラパネルによる発電が脚光を浴びている。この設置には、我々の電気代からも補填されている。至る所に建設が進み昨今、那須高原内にも数多く見られるようになった。空き地利用なら文句も言わないのだが、森林伐採を伴うと代償が大きすぎて首を傾げざるを得ない。「那須町は自然豊かな資源が財産、無秩序に開発が進むのは如何なものか」と以前、町の環境委員会で発言したところ、副町長の答弁は「国の施策なので遺憾ともし難い」と一蹴された。
 最近、那須御用邸下、那須国際ゴルフクラブに隣接して37haというとてつもないメガソーラ開発計画が浮き彫りにされた。外資系ファンドによる開発と聞く。森林保有者には、森林は伐採に多額の費用が掛かり、資産価値としては低く、メガソーラ開発などは現金収入が安定して入り、飛びつくと聞く。
 この開発を阻止しようと「那須御用邸下メガソーラ建設中止を求める会」が発足した。これをうねりとして那須町に秩序ある環境維持が出来るか、非常に興味深い。
posted by はらっち at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年10月19日

駒止の滝へ再訪

DSC05518c.jpg
 ” 駒止の滝 (10月18日16時頃)”

 前回は16日に訪れたが、紅葉がイマイチで18日再び訪れた。西陽が山肌を照らすと鮮やかさが増すので、期待して行くと、その時を待っていたように陽が陰った。それでも、一昨日より紅葉は進んだようだ。今度の日曜日頃が見頃では無いだろうか。混雑しそうだ。
posted by はらっち at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年10月17日

久しぶりの映画はクライムアクション

08bc0007-e14e-4f68-a77e-23bc4fd3062e.jpg
 ” パンフレットより拝借 ”

 最近、パソコンと向かい合う時間が多くストレス膨張中、リフレッシュを兼ねて「フォーラム那須塩原」へ車を走らせた。行こう決めたのが昼食が終わった後、パソコンを開いて時間に合うものが無いか探すと「イコライザー2」が目に入った。直ぐに席を予約しネットで支払いを済ませる。
 開演15分前に到着、ロビーは人影もまばらだ。館内に持ち込み用の珈琲を注文、値上がりして270円になった。13時10分開場、客は10名程度、これでは採算が合わないだろうと心配する。
「イコライザー2」は2が付くのだから続編らしい。PRの文言には、前作を見なくてもOKとある。デンゼル・ワシントンは、好きな俳優の一人。若い頃と比較するのは如何かと思うが、すっかり太ってしまった。若い頃のシャープさが無いのが気になる。題名からは凶器、ピストルと訳せるかと思うが、確かにそのようだ。
 最後は、正義は勝つ、ハッピーエンドといったところで、ストレス解消の映画を満喫。
posted by はらっち at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年10月16日

駒止の滝の紅葉

page.jpg
 ” 駒止の滝 (10月16日14時頃)”

 那須高原の道路は9月末から10月半ばまで至る所で渋滞が続く。我が家付近でもそうだから、茶臼岳の山麓になると駐車することも儘ならない。先日知り合いが、4時半に峠の茶屋駐車場に着くと、駐車するスペースが無く友人だけを置いて戻ってきたという。
 今日、昨年撮影した写真を参考に、駒止の滝へ出掛けてみた。道路は空いていた。観瀑台がある北温泉駐車場に着くと、駐車に余裕があった。紅葉真っ盛りと言い難い、後2〜3日といったところだろうか。手すりを支えにカメラをセットすれば三脚代わりになるだろうと軽く考えていたが、低速シャッターでは苦労した。次回は三脚を持参しよう。この後、茶臼岳、朝日岳山肌の紅葉を撮ろうとしたが、時既に遅し茶色になっていた。紅葉真っ盛りのタイミングを得ることは難しい。
posted by はらっち at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年10月13日

13期カメラの基礎知識講座&女性のカメラ講座開講

DSC03754ac.jpg
" 舟鼻峠の紅葉 ”

 「那須シニアカレッジ」は、10月より13期が開講した。講座数も新規5講座を含めて30講座になる。受講生も増えて、400名弱になった。私が昔の杵柄をふるって担当している「カメラの基礎知識講座」は、5期目を迎え、「女性のカメラ講座」も3期目を迎えて受講生が増えた。カメラのピント(焦点合わせ)、露出の自動化が進み、簡単に写真が撮れるようになっている。しかし高度化か進んでも所詮は機械である。人間の意図を全て汲み取ることなど出来ない。それを補完するには知識が必要不可欠になる。経験則で補おうとする人がよく目にするが、応用が利かない。それにはやはり豊富な知識を習得するしかない。何事にも満足が得られるレベルに達するには並大抵でない努力の積み重ねである。急ぎ過ぎる受講生程天性と感性が人並み以上に必要なのかもしれない。
 女性のカメラ講座は、特に楽しい。殆どカメラを齧っていないこともあり、純粋に理解しようと努めていて、それに伴ってめきめきと腕を上げている。年度末には、自分の好きなテーマでフォトブックを作るのだが、本人も驚く出来映えで「私の財産だわ」と満面の笑顔が嬉しい限りだ。ややもするとスマフォで気軽にスナップをしてしまう昨今だが、カメラを身近に感じて欲しいと、一緒に楽しんでいる。今年も楽しいスタートが切れた。
posted by はらっち at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年10月09日

巡回測定車の測定頻度は多いかも

DSC05445c.jpg
" 北海道神宮にて(10月5日)題名と無関係ですみません”

 先日、久しぶりに知人に電話を入れた。ご機嫌伺いだ。「立派なお宅に住んでますね」というと「あれっ、我が家に来たことも無いのね上手いこと言うね」と。「いや〜、今は、Google Mapで外観と周囲の環境が手に取るようにわかっちゃうんですよ」というと唖然としていた。一般に、地図、航空写真を観るが、ストリートビューはまで観ることは少ないのかもしれない。
 わが家がどのように表示されているか見たことがある。3年前頃だったろうか、屋根、外装の塗装修理をやっていた時で、足場が組んであったり、庭先で職人が休憩をしている姿まで写っていた。昨日みると、最近のものだった。ということは、測定車は2〜3年周期には巡回測定しているということになる。大変な労力と費用だろうと想像する。さて、情報量が多くなるのは歓迎だが、覗かれているよな気がして落ち着かない。
posted by はらっち at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月07日

円山動物園のホッキョクグマを訪問

DSC05417c.jpg
 ” チョット疲れて一休み(10月5日10時頃)”

 例年懇親会で札幌を訪れる時は、北海道開拓村へ行くことにしていたが、今回は、写真家A氏に同行して円山動物園へ行った。この動物園のお目当ては「ホッキョクグマ」。プールで泳ぐ姿を真下から観ることが出来るなど、今、流行りの鑑賞が出来ることも売りのようだ。入場料は600円。札幌在住のシニアは無料。園内は、幼稚園児、小学生など団体客が多く賑わっていた。写真家A氏は、年に何回か訪れていて、ホッキョクグマの写真を多く撮っている。その中には微笑ましいものも多い。「今頃の陽気になると、プールに入らないかも」と解説を聞きながら檻に近づく。有名人並みにそれぞれに名前が付いている。殆どのホッキョクグマは、陽射しを避けながら静かに佇んでいた。彼らの好きな陽気ではないらしい。

DSC05410c.jpg

 じっとしていては、観客に悪いと思ったのか、ゆっくりと岩場を歩き始めた。それでもプールには入ろうとしない。夏場か、雪の積もった彼らの季節に訪れれば、楽しい姿を観ることが出来るのだろう。今回は、下見ということに。
posted by はらっち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月06日

何十年ぶりかの双発プロペラ機に搭乗

page.jpg
" 千歳空港からの便(10月6日16時過ぎ)”

 「双発プロペラ機で向かいます」と仲間に冗談のメールを送った。札幌へ向かうには福島空港が近く、我が家から58q、約40分の道のりだ。駐車場が無慮なのも嬉しい。震災以降便数が減り、札幌へは午前中の1便になってしまった。帰りも夕刻の1便。往路は、いつもの737のジェット機。
翌日の帰り、空港ターミナルからバスで駐機中の飛行機に向かう、目の前に現れたのは何とプロペラ機。冗談が本当になってしまった。確か何十年か前に徳島伊丹間をYS11に乗った位である。「本機は、本日満席でございます。所定のお席をご利用ください」と、機内に入るとCAのアナウンス。聞こえは良いが、74席の狭い機内。思わず失笑。
 隣には仕事帰りという初老の紳士、那須塩原迄帰るという。「大十分ですかね?」と声を掛けてきた。大十分かの真相は判らない。「ま〜揺れは覚悟ですね」と。「機内は綺麗ですね、新しそうですね」と会話。「ボンバルディアDHC8-Q400」の新しい機材。定刻に滑走を始めるとあっという間に離陸した。高度は6000m、スピードもそん色ない。しかし、着席した9列目の横にプロペラが見える。騒音はそれほど苦にならないが、振動が伝わってくる。カタログ性能をみると、騒音も振動も大幅に改善されたと記載されている。
 車も飛行機も緊急時の回避能力はスピードに比例するとい云われている。現役時代航空移動にお世話になったが、その時は、出来るだけ大きな機材を選んで利用するようにしていた。久しぶりの双発プロぺラ機、着陸するまで気が気でない肝っ玉の小さな自分がいた。
posted by はらっち at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月03日

シニアカレッジ「カメラの基礎知識講座」開講

page.jpg
  ” 農道のコキア(10月3日13時頃)曇り)”

 10月1日より那須シニアカレッジの13期が開講した。「カメラの基礎知識講座」を担当して5期目を迎える。受講生の中には5期目もお付き合頂いている方が数人おられ、前期より充実した講義をしなければと気を引き締めている。現在のデジタルカメラは、フルオートにすれば、80%はそれなりの画像が得られるが、自分のイメージに合った画像を得ようとすれば、カメラの機能を習得することが早道である。少しでも良い写真になるような講座にしたいと思っている。
 会場は、「りぼーるたなか(旧田中小学校)」の教室だ。那須街道を走ることも簡単で近道なのだが、よく農道を走る。ファミリーロードの桃井牧場の交差点から漆塚に抜ける農道だ。殆ど対向車が無いことで、返って飛び出しに注意を払って運転している。東北道を潜り抜ける付近に農道を草花で飾っている方がいる。今は、コキア(ほうき草)が赤く色づき始めて、思わず車を停めてコンデジでスナップした。姿が見えれば、声を掛けたくなるほど手入れが良い。幹線道路にはない光景。講座の往復が楽しみである。
posted by はらっち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年10月01日

フランクリンズカフェ再訪

page.jpg

 昨日、「ちょっと会って話しませんか」と茶臼の森オーナーからの電話。「腰痛発症中、安静ですよ」と1日延ばしてもらった。今日は、椅子から立ち上る時は情けない格好だが、立ってしまえば問題なし。お迎えに行きますという言葉をないがしろにして、11時前に迎えに伺った。「茶臼の森のラウンジとよく似ている店はどうですか」とフランクリンズカフェへお連れした。初めてだったらしい。珈琲に拘っているのもよく似ている。お互いパスタを注文。ボロネーゼ、生ハムのペペロンチーノ。美味。一月に一度くらいは、音楽イベントが店内で催される。静かにソールミュージックが流れ、いつ来てもゆったりとした時間が流れている。
posted by はらっち at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店