2018年12月26日

「さがんぼ」って?

14.gif
 ” 郷土料理HPより拝借 ”

 「テレビでサガンボのことやっていましたけど観ました?」と知人のS先生よりメールが届いた。「観てませんね」と返信すると、BLが郵送されてきた。いつものことだが、アクションが早い。
 5〜6年前だったろうか、「もろ料理」のことを知り調べていると「サガンボ」に辿り着いたが、その名前の由来は知らなかった。サガンボは、アブラツノザメの料理の一つで、那須地区では比較的食べられている。空揚げや煮物に適しているらしい。らしいというには、我が家経験が無いからである。
 サガンボは茨城地方で、ツララのことを言うが、あばらつのざめがその形に似ているので、サガンボになったがその言葉が栃木県にも伝わったようだ。
 海なしの栃木県は、今の様に物量が整ってなく、冷蔵庫も無かった時代、日持ちのする魚として塩引き鮭とサガンボだった。これから、地方の伝統料理の一つとして食卓に並ぶ機会が増える。
posted by はらっち at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報