2019年01月12日

雪の湯野上温泉駅へ

page.jpg
   ” 湯野上温泉駅 (1月12日11時頃)”

 雪景色を求めて会津方面へ友人と車を走らせた。289号線甲子トンネルを過ぎると小説の一節では無いが、「そこは雪国だった」。「下郷の道の駅」まで曲がりくねっていた道路の直線化、拡張化も終わり、走り易くなっていた。観音沼へ行こうと289号線から山道に入ると工事中で通行止め、係員と出遭い「この先行けませんか?」と尋ねると「通行止めです」とさりげなく回答してきた。それなら、山道入り口に「この先通行止めの看板出しておいてよ」と嘆く。其の後、塔のへつりへの近道を走る。横目で風景に目を走らせるが年末以降、降雪・積雪が無く地肌が見えている個所があちらこちらに。塔のへつりへ行くと観光客は誰一人いない。この殺風景な光景では売り物にならないだろう。その後、湯野上温泉駅へ。カタログなどで紹介されている「かやぶき屋根」に積もる雪の光景も残念な状態。足湯には姿が無い。駅待合室のいろりにも人影無し、天気が良いのは有難いのだが、雪が少ないのは想定外だ。積雪の情報を得て再訪したいと思う。我が家から75分の距離。
 
posted by はらっち at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記