2019年01月30日

マスカレードホテルを観る

6ff4d49d-90cf-4aae-9523-9b284fb72539.jpg
  ” フォーラム那須塩原HPより拝借 ”

 今日、友人と「マスカレード・ホテル」を観に行った。朝一番9時半上映。スクリーンは、1番スクリーンで292+2名の一番収容能力が大きい。このプログラムに対する映画館の期待度の現れなのだろう。朝一番は、観客も比較的少ないので良く利用するのだが、今日は予想が外れ半分ほど埋まっている。見渡すと、若い女性客が多いようだ。
 物語がホテル内だけという珍しい展開、そのホテルも東宝スタジオにセットを組んだと聞く。潜入捜査、連続殺人というのがキーワードかと思うが、キムタク主演の「HERO」の様な展開を期待していたので、予想が外れた。先日、鑑賞済みの友人から辛口のコメントがメールで届いていたが、同行した友人には高評価だった。
 カメラワークでパンニングが早く気になったので、エピローグのスタッフ陣(カメラマン)のテロップに目を凝らしていると、ドローン撮影をしているようだ。人間の眼の自然な見え方と異なる視野は、苦手だ。それともう一つは、出演者に「明石家さんま」とテロップが流れた。さてどこで出演したのか見逃している。
 東野圭吾の小説は何冊か目を通しているが、「マスカレードホテルは」未読だ。この映画が原作に沿っているのか気になるところ。その内、原作を読んでみようと思う。
posted by はらっち at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画