2019年03月30日

花粉症対策に新兵器導入

DSC06751c.jpg
  ” 加湿空気清浄機(3月30日)”

 10数年前より人並みに花粉症にやられている。那須へ移住してもその症状は緩和さることなく症状は悪化の一途を辿っているようだ。症状は、鼻水に目の痒さ喉のいがいがとフルコース、2〜3カ月は悩まされていた。今年は、3月初めにゴルフに行った時、最初の症状が現れた。外出先での花粉の多さは止む無しと思うが、どうも室内でもその傾向は変わらないようで悩んでいた。長男が都会から来ると、花粉症の時期に関係なくくしゃみの連発でハウスダストが多いのでは無いかと指摘していた。住んでいる我々にはその症状は無いが気にはなっていた。
 居間には、横浜時代からの空気清浄機が甲斐甲斐しく働いているが、長男の意見などでその効き目にも疑問を持っていた。先日、家電量販店に行くと「居間の大きさに合っていませんね、性能が小さすぎます」とセールストークを薄めても刺激的な説明を受け止めざるを得なかった。
 買い替えることにした。居間は天井が吹き抜けで高いので、実質床面積は広くなる。それならと大枚をはたいて一番能力の高い40畳タイプを購入した。設置すると花粉やハウスダストの検知警告が頻繁しに発生し機械がフル回転して2〜3分すると落ち着く。部屋の中は人並みに綺麗にしてるつもりだが、愛犬の同居も影響しているようだ。それでも、機械を設置してから、部屋の中では、花粉症の症状も殆ど気にならなくなった。この傾向で何とか費用回収をして欲しいと願っている。
posted by はらっち at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記