2019年05月31日

ナスヒオウギアヤメが盛り

DSC07554c.jpg
 ” ナスヒオウギアヤメ(5月31日13時頃曇り)”

 知人のブログで「ナスヒオウギアヤメ」が開花しているとの情報を得た。早速、車を走らせた。我が家から3分。場所は、68号線のエミール・ガレ美術館近く。昨日も通った道路際だが、すっかりと失念していた。
 この「ヒオウギアヤメ」は、昭和天皇が1961年(昭和36年)6月7日に那須町内一ツ樅で発見した変種のアヤメである。当時、皇居に持ち帰られて東御苑で栽培されたと聞く。最近では、ご当地の那須町より県内の各所で栽培されて、本家の影が薄いと嘆く知人。
 ナスヒオウギアヤメ群生地を囲むように県外ナンバーが並び、カメラを構えている。ここでも天皇所縁の場所を楽しめる。
posted by はらっち at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年05月30日

さわやかな高原の初夏

DSC07539aw.jpg
" 小深堀の風景(5月30日14時頃 快晴)”

 今朝の気温は8度、室内は18度、妻はファンヒーターを点けはじめた。10時過ぎると晴れ間と共に気温が上昇してきたが、湿度が低いこともあり木陰は、さわやかだ。
 久しぶりに小深堀へ車を走らせた。我が家からは10分と掛からない。小深堀の湿原が立ち入り禁止になってから久しいが、その近くの丘陵地帯が好きだ。今は営業をしていないペンションが佇んでいる。来るたびに外壁が傷んでいく姿を目にすると痛々しいい。
 真っ青な青空を背景に北海道のようなドイツのような光景が広がっている。
posted by はらっち at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年05月28日

腰痛開けは「那須陽光ゴルフクラブ」へ

DSC06682w.jpg
  ”那須陽光ゴルフクラブ北コース9番ホール(5月28日)”

 腰痛も約90%の回復基調、一月ぶりにコースへ出た。コースは「那須陽光ゴルフクラブ」。メンバーは、いつもお誘い頂いているO田さんを始めとする別荘グループの皆さん。今日は、計8名のメンバーに加えて頂いた。皆さんは、昨日は「ちふり湖CC」プレーされ今日は二日目。毎月のことだがお元気だ。
 昨日の炎天下と変わって曇り空の涼しい一日。腰痛の再発があってはいけないと恐る恐るのスイングも、次第に忘れてきてマンブリになる。今日は、県知事杯の予選ラウンドも開催されているのだが、プレーヤーの人影が少ない。ランチタイムの時も、ゆったりとした雰囲気だ。ワンラウンドを終えて上がると1時過ぎ、シャワー浴びて会計すると、割引券を使ったこともあり1400円也。何と年金生活者の懐に優しい。那須町は、ゴルフ好きにとっては天国。
posted by はらっち at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月27日

那須セントミッシェル教会でスナップ撮影

page.jpg
 ”那須セントミッシェル教会(5月27日)”

 写真仲間のご婦人たちと「那須セントミッシェル教会」へスナップ撮影に出掛けた。我が家からは車で10分と掛からない。この教会は、ステンドグラス美術館と並び結婚式会場としても人気が高い。今日は、照り付けるような陽射しだったが、木陰に入れば高原のさわやかさで救われる。新緑のまぶしい時期でもある。教会内はフラッシュ撮影も可能で、カメラの撮影実習には屋外、屋内と環境に恵まれている。ステンドグラスも素敵だ。教会内は、人影もなくゆったりと講座が出来た。次は10月過ぎの紅葉の時期がねらい目である。
posted by はらっち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年05月24日

芍薬の開花

DSC07422ac.jpg
 ” コーラムチャーム(5月24日9時頃)”

 わが家の庭には、芍薬が数種類大事に育てられている。その一つに「コーラムチャーム」がある。淡いピンク色が、新緑の庭に映えている。昨年シンクイムシにやられたので心配していたが、何とか小ぶりの花を付けた。予備に同種のものを植え付けたが、まだ開花していない。最近の気温上昇で数日中に開花するだろう。こちらも楽しみだ。
posted by はらっち at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月22日

集団検診の日

page.jpg
 ” 上;高原公民館 下:高原公民館近くの山ツツジ(5月22日10時頃)”

 那須町では、集団検診を実施している。年中町内の何処かの会場で実施しているといっても過言ではない。自分の都合の良い日、会場を選択する。これまで最も大きな会場と云える「ゆめぷらざ」を利用することが多かったが、比較的空いている高原公民館で検診を受けるようになった。距離的に自宅から近いこともある。
 検診項目も多岐にわたり、胃、肺のがん検診、大腸がん2日検便、血液検査、眼底検査、心電図、血圧測定、そして医師による総合検診になっている。胃がん検診は、バリウムによる投影法だが簡易的なように思える。この検査で見つかるようでは、衝撃が大き過ぎるかもしれない。
 受付で名前を呼ばれると美女から声を掛けられる「はらっちさん、久しぶりです」A夫人だ。悪い気はしない。以前記念誌作成時にお手伝い頂いた仲間だ。検診用着に着替えていないところを見ると、胃の検査はパスしたようだ。
 この検査の良いところは、検査結果報告時に過去の検査データを表記し、教えてくれるところだ。自分でもデータ管理は出来るが、手を煩わせることなく有難い。それに無料となれば、有難いことこの上ない。検診結果は、約一月後、報告会に出席しないと自動的に郵送されてくる。再精密検査が無いことを望むばかり。
posted by はらっち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年05月20日

「運び屋」を観る

無題2.png

 「運び屋」を観に行った。前回の「グリーンブック」以来だ。映画の内容を調べず、「クリント・イーストウッド」監督主演との情報で選んだ。映画館はいつもの「フォーラム那須塩原」。朝思い立ってオンライン予約を入れた。 上映開始は12時40分。画面を開くと前席予約なし。「えっ、人気無し?」と不安が募った。映画館敷地内のホームセンターで時間つぶしをして、上映室へ。何と、予想に反して100名席の半分くらいは埋まってきた。
 「クリント・イーストウッド」は巨匠の称号を得ているが、主演は10年ぶりとのこと。幼い頃「ローハイド」で観ていた頃を思うと老いたものだと思うが、それは自分も同じ。今回の作品では、87歳の老人役をこなしているが、本人の年齢が88歳となれば、演じるより地で行くといいたいが、ファンからお叱りを頂くかもしれない。渋く演じている姿は、好きな俳優の一人である。
posted by はらっち at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年05月17日

牡丹白翁殿が咲く

DSC07386c.jpg
  ” ボタン白翁殿(5月17日 9時頃)”

 牡丹・芍薬の蕾が大きくなっている中、その一つ「白翁殿」が今年も咲いてくれた。大輪で見栄えが良い。その他にも赤系の「春の苑(はるのその)」があったが、ヨトウムシかシンクイムシに食い荒らされて枯れてしまった。防虫剤、殺虫剤など施しているつもりなのだが、彼らの知恵が上回っている。今年は、これまでの経験を活かして、何とか対策を講じたい。これから、もう一種類の牡丹と、数種類の芍薬が開花する。支柱を立てたので強風対策は出来ていると思うのだが、楽しみが終わるまでは、良い天気を望みたい。
posted by はらっち at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月16日

中央運動公園付近のつつじ

page.jpg
 ” 那須町中央運動公園付近(5月16日9時頃 曇り、コンデジで撮影)”

 那須町の余笹川沿いのふれあい公園近くに「那須町中央運動公園」がある。トラック競技場、野球・ソフトボールのグランドとしても整備されて、ソフトボール実業団リーグ戦にも使用される。黒田原方面より豊原高久線を右折してJRの鉄橋をくぐると、目の前にツツジが道路両サイドに華やかに現れる。グランドの土手を飾るように植栽している。毎年のことだが、今年は特に花付きが良いようだ。手入れも良いのだろう。文化センターへ行く度に遠回りして目の保養をしている。
posted by はらっち at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年05月15日

クマガイソウ群生地の情報

page5.15.jpg
  ” 福島県水原のクマガイソウ群生地(Sさん提供画像)”

 カメラ講座受講生のS夫人、福島に邸宅を構えて事業を営みながら那須高原に別邸を構えている。週の半数を行ったり来たりらしい。「お花と孫の写真を撮りたいの」と4月から入会した。そのS夫人から、スマフォのLINEに近況報告があった。クマガイソウの画像を添付している。「此処どこですか?」「水原です」と返ってきた。調べてみると有名な群生地。福島には、花の題材に事欠かない名所が幾つかある。「水原のクマガイソウ群生地」は、我が家からは150q位だろうか。出掛けたい気持ちもあるが悩ましい。
posted by はらっち at 09:09| Comment(2) | TrackBack(0) |

2019年05月13日

散歩の思わぬ功徳

DSC03850c.jpg
  ” 庭のオダマキ (5月11日)”

 腰痛停滞前線も軟化して、久しぶりに散歩をした。医者には、「血液改善には日々歩くことです」と言われ、プロゴルファーの青木功氏の言葉を借りれば、「アマチュアのスコアアップは歩いて鍛えることです」という。我が家周辺では、常連の散歩をする人がいるが、話を聞くととんでもない距離を歩いている。今日は、ゴルフ場沿いを歩いた。
 その近くには、10年ほど前に宅地化され新築の定住宅が並ぶ。山野草を楽しむお宅で、水やりをしているご婦人が目に入った。確か1年ぶりの挨拶かと思う。厚かましく声を掛けた。「お邪魔して宜しいですか」というと、「お久しぶりです、黒磯山草展のご案内行きましたか?」と返ってきた。「中へ入ってゆっくりと見て行ってください」との言葉に甘えて温室内へ。山野草会員らしく多種の山野草もオリジナリティー溢れる鉢に植えられている。「ワタナベソウ、ハンショウズルお持ちですか」「いや〜、私は大衆食堂の定番メニューみたいなものばかりで、初めて耳にします」「じゃー、お持ちください、増やして皆さんに差し上げるのも楽しみなの」と2鉢頂いてしまった。帰宅して図鑑を調べてみると、興味深い花が咲くようだ。久しぶりの散歩で思い掛けない嬉しい出来事に感謝。
posted by はらっち at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月11日

那須連山を望む

DSC07334c.jpg
" 六斗地付近より那須連山を望む(5月12日12時半頃晴れ)”
 
 「三本槍岳(1917m)」「朝日岳(1896m)」「茶臼岳(1915m)」「南月山(1776m」「黒尾谷岳(1589m)」を那須五峰という。那須住民にとっては、振り返ればいつでも目にする光景。「黒尾谷岳」の隣に白笹山がある。今日は、その白笹山中腹の別荘分譲地にある知人宅へ出向いた。久しぶりに茶話会である。
 那須街道広谷地の交差点を左折し30号線に入り、高原大橋の手前で右折し那珂川沿いにハイランドパークを目指して車を走らせた。遠くにハイランドパークの観覧車が見に入る。途中は、田植えを終えた田園風景が広がる。長閑だ。思わず車を停めて1枚スナップした。いつも目にする真正面から姿でないが、この角度も那須高原らしい。
posted by はらっち at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月08日

那須町バスブック

IMG5.8.bmp

 高齢者運転事故の話題が尽きない。運転免許証の失効年齢を決めるべきだとの過激な意見も耳にする。田舎暮らしでは、移動手段として車は不可欠だ。幸いして我が家は、田舎暮らしでも大型スパー、ホームセンター、郵便局、高速バス停が500m範囲にあり、車が無くても殆ど生活には困らない。しかし、町の中心黒田原への移動や、近隣の総合病院へ行くとなると車が無いと移動手段に頭を悩まさせる。その解決手段としては公共交通環境の整備に他ならない。
 先日、隣の那須塩原市の公共交通マップを目にした。那須町にもこのような情報誌が必要だろうと考えていたが、本日文化センターで、「那須町バスブック」を目にした。2019年4月発行とあるので、出来立てのほやほやだ。「路線バス運行経路」「那須町民バス時刻表」「「キュービー号運行予定時刻表」「那須町デマンド型乗り合い交通のご案内」などで構成している。町内のアクセスマップとして分かり易く利用者として有難い。
 敢えて課題を挙げれば、路線バスがネックになり、それぞれのルートが細切れで完結型でないことだ。那須町人口の減少、町外からの移住者比率の増加、定住化の促進、高齢化の進展などを加味すると、交通アクセスの充実は、早急に改善しなければならない課題と云える。
 「那須町バスブック」PDF⇒http://www.town.nasu.lg.jp/0085/info-0000001267-1.html
posted by はらっち at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月07日

腰痛前線停滞中

GUM06_CL06085.jpg

 「先生、2週間経過しても良くならないので診察して頂こうと来ました」「どんな痛みですか」等と問診が始まる。4月中旬軽い腰痛だった。いつものことでその内治るだろうと軽く考え、19日ゴルフをした。最初は鈍痛程度だったが、プレーに夢中になり痛みを忘れていた。翌週23日、いつもの別荘族グループと月例があり、陽光ゴルフのスタートでティーショットを打つと何と正常のスイングが出来ない。クラブが振れない。その後は、キャディー役で1日を過ごした。
 それからは、悲惨な日々が続く。湿布を貼り、コルセットをして回復を待つが、重いものを持つことが出来ない。階段を上がるにも不自由になり、止む無く整形外科を訪ねたのだ。「レントゲン撮りますか」と医師が尋ねるくらいだから、腰痛の要因・治療は定番の診察結果なのだろう。念のためレントゲン撮影をお願いした。
「骨には異常はありませんね、この辺の脊椎に髭のような骨が神経に触るんですね。これが原因でしょう。特にどの辺が痛いですか、注射を打っておきましょう、薬を飲むほどでもないので、湿布を出しておきます。1週間経って良くならなかったら、再診に来てください、それから、今使っているコルセットは、効きませんから、新しいものを使ってください」「先生、これって加齢が原因ですか」「加齢とは言いたくないですが、そんなものです」唖然。
 明日は、月例のゴルフコンペだ。幹事だからと変な責任感を感じている。ベランダに出てクラブを恐る恐る振ってみる。激痛が走る。やはり、明日の参加は希望が持てそうもない。腰痛前線停滞中である。
posted by はらっち at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月06日

連休最終日の紫陽花街道

page.jpg
 ” 那須街道赤松林付近(5月6日16時頃小雨)”

 講座の帰りに迂回して県道17号線を走ってみた。旧4号線と交わう分岐点から湯本方面に向かって17号線が続く。県道約5qを両脇から挟むように赤松林が続き、道路脇にはアジサイが咲き誇る。このことから、アジサイ街道とも赤松林街道とも云われる。アジサイはもっと先の季節。訪れた時間帯は16時と遅かったこともあるのだろう。車の影を探すのも至難なくらい閑散としていて、渋滞だったのが嘘のようだ。
 今は、木々が芽吹きを始め新緑の装い。ツツジも咲き始めて街道を彩る。林の中に設けられた自然道も散歩・ウオーキングを楽しむ人達で賑わう。これからその季節到来だ。
posted by はらっち at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年05月04日

那須街道は大渋滞

DSC07302c.jpg
 ” 庭のケマンソウ(5月4日16時頃)”

 連休後半、渋滞も緩和されるだろうと高を括り、昨日、午前中の外出を予定した。9時過ぎ那須街道に入ると湯本行き方面は大渋滞、黒磯方面はスムースに運行。正午近くに那須街道へ戻ると、湯本方面行きは相変わらず大渋滞、今から上っても観光は出来ないだろうに、と独り言を言いながら抜け道を迂回して帰宅。昼食を取って再び、黒磯の理髪店へ。先ほどと変わりなく湯本方面は渋滞。15時過ぎに那須街道へ戻ると、湯本方面は渋滞緩和、その代わり黒磯方面は大渋滞。この状態は明日も続くのだろう。明日は、外出せずにのんびりと自宅で過ごすことにする。 
posted by はらっち at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月03日

一冊の本(日本国憲法)

DSC07225c.jpg

 今日は「憲法記念日」である。例年のことだが、ゴールデンウイークの騒がしさに飲み込まれて影が薄くなっていると云われている。日本国憲法は、1946年(昭和21年)の「11月3日」に公布、1947年(昭和22年)の「5月3日」に施行され、その日を記念して祝日となった。
 わが家の蔵書の中に埋もれ気味の「日本国憲法」の一冊。1982年に購入したと記されている。確か当時、改憲論が騒がしくなり始めた時期かと記憶している。真摯に憲法を読んで見ようと手に入れた。難しい文言は脚注に解説されて、私向きだった。当時の購入価格は700円也。
 第11章103条まであるが、前文は知られた「戦争放棄」に目が留まる。第1章は「天皇」、先日の天皇の退位・改元でより身近に感じる。主権が国民にあり、国政は国民の信託であり、その福利は国民が享受するとあるが、政権は果たしてこの前文に合っているのか我々国民の関心が不可欠になる。
 毎日が日曜日、十分な時間は享受できる。久しぶりにページを捲ってみようかと思う。今日は、那須高原にも初夏の陽ざしが降り注いでいる。
posted by はらっち at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月02日

シロヤシオツツジ繚乱

DSC07212c.jpg
  ” シロヤシオ(5月2日16時頃日陰)”

 わが家にシロヤシオツツジが1本ある。十数年前に庭の手入れをした時に、業者に「那須高原ではシロヤシオがなくちゃ」といって大枚を叩いた。昨年まで数える程度の花数だった。今年ほど咲き乱れたことは無い。
 「シロヤシオ」は、五葉ツツジともいい那須高原では知られた樹木。それも愛子内親王殿下の「お印」になってから更に知られるところになった。成長が遅い。それも有難みの要因の一つかもしれない。腕の太さ位の幹になると200〜300年とも云われている。
 那須高原では、マウントジーンズスキー場を上がった中の大倉付近が群生地で、その時期は多くの観光客で賑わう。我が家は、標高も低く早い時期の開花だ。開花している期間がそれほど長くなく、楽しめる期間も限られているが、令和の始まりに花を添えてくれた。
posted by はらっち at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月01日

令和の幕開けを祝う

page5.1.jpg
" 庭のシラネアオイ(白&紫 4月30日小雨)”

 今日から元号が「平成」から「令和」になった。平成改元の時は、昭和天皇の崩御による改元で世の中静かに迎えた記憶がある。今回は、生前退位という事でひと時物議を醸しだしたが、テレビで放映される歓迎ぶりのニュースを見ると嬉しくなってしまう。昭和、平成、令和と三代生きていることになるが、平成は戦争の無い時代を当たり前のように謳歌してきた。令和もそうであって欲しい。
 サラリーマ時代は、年号(和暦)より西暦を利用していたので、正直、感動は少ない。手元にある行政の各申請書類を提出するのに、「訂正するのが面倒だな」などと苦笑している。
 「永和」が付く知人がいる。報道によると「永和」も候補に挙がったようで、この名前が元号に採用されてらどうしようと知人に伝えると「私の時代が来た」と冗談とも本気ともつかないコメントが返ってきた。
 今日は、那須御用邸で記帳が行われているのではないだろうか。以前は、本邸横の事務所で行われていたが、その後、入り口近くの仮設事務所になり、最近ではビジターセンターに変わったと聞く。仮設事務所で行われるようになってから、記帳をしなくなった。主旨を理解しない不届き者に類するかもしれないが、やはり、本邸を横目に記帳したいものだ。
 今日も雨が降り続いている。庭には純白のシラネアオイが楚々と咲いている。 
posted by はらっち at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) |