2019年05月01日

令和の幕開けを祝う

page5.1.jpg
" 庭のシラネアオイ(白&紫 4月30日小雨)”

 今日から元号が「平成」から「令和」になった。平成改元の時は、昭和天皇の崩御による改元で世の中静かに迎えた記憶がある。今回は、生前退位という事でひと時物議を醸しだしたが、テレビで放映される歓迎ぶりのニュースを見ると嬉しくなってしまう。昭和、平成、令和と三代生きていることになるが、平成は戦争の無い時代を当たり前のように謳歌してきた。令和もそうであって欲しい。
 サラリーマ時代は、年号(和暦)より西暦を利用していたので、正直、感動は少ない。手元にある行政の各申請書類を提出するのに、「訂正するのが面倒だな」などと苦笑している。
 「永和」が付く知人がいる。報道によると「永和」も候補に挙がったようで、この名前が元号に採用されてらどうしようと知人に伝えると「私の時代が来た」と冗談とも本気ともつかないコメントが返ってきた。
 今日は、那須御用邸で記帳が行われているのではないだろうか。以前は、本邸横の事務所で行われていたが、その後、入り口近くの仮設事務所になり、最近ではビジターセンターに変わったと聞く。仮設事務所で行われるようになってから、記帳をしなくなった。主旨を理解しない不届き者に類するかもしれないが、やはり、本邸を横目に記帳したいものだ。
 今日も雨が降り続いている。庭には純白のシラネアオイが楚々と咲いている。 
posted by はらっち at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) |