2019年05月08日

那須町バスブック

IMG5.8.bmp

 高齢者運転事故の話題が尽きない。運転免許証の失効年齢を決めるべきだとの過激な意見も耳にする。田舎暮らしでは、移動手段として車は不可欠だ。幸いして我が家は、田舎暮らしでも大型スパー、ホームセンター、郵便局、高速バス停が500m範囲にあり、車が無くても殆ど生活には困らない。しかし、町の中心黒田原への移動や、近隣の総合病院へ行くとなると車が無いと移動手段に頭を悩まさせる。その解決手段としては公共交通環境の整備に他ならない。
 先日、隣の那須塩原市の公共交通マップを目にした。那須町にもこのような情報誌が必要だろうと考えていたが、本日文化センターで、「那須町バスブック」を目にした。2019年4月発行とあるので、出来立てのほやほやだ。「路線バス運行経路」「那須町民バス時刻表」「「キュービー号運行予定時刻表」「那須町デマンド型乗り合い交通のご案内」などで構成している。町内のアクセスマップとして分かり易く利用者として有難い。
 敢えて課題を挙げれば、路線バスがネックになり、それぞれのルートが細切れで完結型でないことだ。那須町人口の減少、町外からの移住者比率の増加、定住化の促進、高齢化の進展などを加味すると、交通アクセスの充実は、早急に改善しなければならない課題と云える。
 「那須町バスブック」PDF⇒http://www.town.nasu.lg.jp/0085/info-0000001267-1.html
posted by はらっち at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記