2019年05月31日

ナスヒオウギアヤメが盛り

DSC07554c.jpg
 ” ナスヒオウギアヤメ(5月31日13時頃曇り)”

 知人のブログで「ナスヒオウギアヤメ」が開花しているとの情報を得た。早速、車を走らせた。我が家から3分。場所は、68号線のエミール・ガレ美術館近く。昨日も通った道路際だが、すっかりと失念していた。
 この「ヒオウギアヤメ」は、昭和天皇が1961年(昭和36年)6月7日に那須町内一ツ樅で発見した変種のアヤメである。当時、皇居に持ち帰られて東御苑で栽培されたと聞く。最近では、ご当地の那須町より県内の各所で栽培されて、本家の影が薄いと嘆く知人。
 ナスヒオウギアヤメ群生地を囲むように県外ナンバーが並び、カメラを構えている。ここでも天皇所縁の場所を楽しめる。
posted by はらっち at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報