2019年06月06日

期待外れの「宮床湿原」

page.jpg
 ” 宮床湿原 (6月6日15時頃晴れ)”

 ワタスゲの景勝地として知られる福島県南会津の駒止湿原。10数年前写真仲間と数年訪れていた。その後期間が空いた。今日久しぶりで、写真仲間と駒止湿原へ行こうという事になった。昨晩、そのことをシラネアオイのオーナー佳奈さんへ告げると、つれない返事が返ってきた。「コマドは今立ち入り禁止ですよ。特に入りたい場合は予約を取り、シャトルバスで現地へ行くことになります。2500円の料金です」と。
 ワタスゲが見られる代替地が無いかと思案していると、「宮床湿原」の情報提供を頂いた。会津田島を出発して45分、車一台がやっと通れる山道を走り、「宮床湿原入り口」へ。空き地に車を置き、険しい上り坂を歩く事30分、昨日の雨が泥り更に足取りをおぼつかなくしている。湿原に着くと落胆の一言。ワタスゲが殆ど咲いていない。今年が不作なのか、初めての訪れなので判らない。駒止湿原と比較してしまう。全く人影が無かった。これでは、訪れる人も少ないだろう。カーナビをセットして走らせると「舘岩」の見慣れた光景が目に入る。遠回りをさせられてしまった。130q、我が家には、夕刻6時の帰宅。
posted by はらっち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記