2019年06月08日

梅雨の夜空に篠笛の音色

page.jpg
” 黒田原マルシェステージ上のアッシュ&ダッキャン(6月8日19時頃)”

 アッシュ&ダッキャンの篠笛の音色が黒田原の夜空を焦がす。ドラムと篠笛だけだが、リズミカルなラテン調から切ない音色まで幅広く最近の活躍が見える。今夜は、黒田原マルシェのステージリニューアルオープン記念のイベントに参加。多数の催し物があったが、私には無料で聴ける有難さを満喫。
黒田原マルシェは、黒田原駅前通り沿いにある。大型古民家の中庭にステージを常設した。これまでにもいろいろなイベントが催されていた。「今夜、りニューアルオープンするから来て」とこの施設のリニューアルに尽力した元町議のH氏からお誘いの電話を頂き義理を欠いてはまずいと馳せ参じた。帳(とばり)が下りるとともにタングステン光の輝きが増して、マルシェ全体が柔らかな雰囲気を作り出す。篠笛はこの雰囲気を更に心地よいものにしている。黒田原地区地域活性化の一環なのだろう。これからもイベント会場としての役割は大きそうだ。期待したい。

 
posted by はらっち at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記