2019年07月04日

睡眠機会が多くなった愛犬

DSC07867c.jpg
 ” 爆睡状態の愛犬(7月4日)”

 最近、愛犬の睡眠時間が長くなったようだ。睡眠機会も多くなった。イビキまでとは言えないが寝息も大きくなった。犬は幼い頃から睡眠時間が長いという。ペット化されてからも夜行性の習性が残り、昼間は、身体を休めているらしいが、小さな物音でも敏感に反応して直ぐに首をもたげて、周囲を伺う様子は動物だ。しかし、 睡眠中も近くを歩いても反応が無い。飼い主の足音を聞き分けているとしか思えない。9月の誕生日を迎えると14歳の高齢になる愛犬、お互い老々介護だけは避けたいと願っている。
posted by はらっち at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記