2019年11月04日

那須温泉神社の紅葉

DSC08828c.jpg
 ” 那須温泉神社二の鳥居からの参道(11月4日9時半頃)”

 3連休の最終日、冷たい風が吹いていたが、晴れ間も覗き観光客で湯本駐車場は満杯状態だ。シニアカレッジのカメラ講座があり、実写を兼ねて見立神社前に集合した。
 那須温泉神社(ゆぜんじんじゃと云う)は、創立630年と云われている。狩人(狩野三郎行広)が子牛ほどの鹿を射損じ追い続けていたが、矢傷を受けた鹿が温泉の湧き口に浸かっているのを発見、狩人はそれに因んで温泉神社を創立したと云われている。又、源平合戦屋島の戦いで知られる那須与一宗隆の所縁も深い。

DSC08834c.jpg
 ” 見立神社の紅葉(11月4日9時半頃)”

 638年に建立されたという。温泉神として祀られ温泉を見立てるというところから見立て神社という。
見立神社祭は(例祭日)は、5月27日であるが、10月8日の湯汲み祭の時に分湯場から湯を汲み、見立神社へ祀る方が馴染み深い。
 湯元付近の紅葉もこの三連休で見納めだろう。

posted by はらっち at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報