2020年01月14日

ケヤキ伐採後のその後

DSC09180c.jpg
  ” 伐採後の枝の処理 (1月13日)”

 ケヤキの大木を伐採した後、大量の枝がでた。業者に頼めば有料で処分をしてくれると思うのだが、安易に自分で処分が出来るだろうと、駐車場に積んでいた。薪ストーブでは燃やしにくい小枝の処分を何とか、労力を少なく出来ないかと思案した。那須クリーンステーションに相談した。「45Lのごみ袋に入れてごみで出してください」と期待外れの返答。手間を掛けずに長いまま処分できることを期待していた。止む無く親指程の太さ以上は、薪ストーブ用にしよう、それ以外はゴミに出そうと判断した。ごみ袋はビニールなので枝が突き抜けて破れて始末に負えない。枝は、10〜20p位の長さに鉈(なた)で切った。これが厄介で3日間も掛かった。右手が棒のようになっている。しかし、枝程度の太さは、薪ストーブには不向きだ。積む場所ばかり取りそうだ。出来るだけ費用を掛けたくないと判断したのだが、やはりお金を掛けるべきで慣れないことはやるものではないと素人判断を後悔している。
posted by はらっち at 18:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記