2020年01月21日

さがんぼを頂く

aburatunozame1_2.jpg
  ” ネットより画像拝借 ”

 先日、「さがんぼ」の煮つけを頂いた。那須高原へ移住して間もなく「もろ料理」「さがんぼ」を耳にした時、同じ栃木県人として全く分からなかった。那須町在住の知人に尋ねると当たり前のように食している料理と知った。栃木県は、海無し県で冷蔵庫が無かった時代海の幸は限られていいた。私の記憶では最もポピュラーな魚は「塩鮭」だった。今思うとあの塩の塊を食べていれば高血圧になる人が増えるのは当然のことなのだろう。
 「さがんぼ」とは、サメ料理をいう。太平洋沿岸の気仙沼や茨城県の平潟港辺りから「棒ざめ」が運ばれてきたらしい。「棒ざめ」とは、「アブラツノザメ」の頭と皮を剥いだ状態をいうが、スパーにも切り身で並んでいる。この「棒ざめ」は、アンモニア質で腐り難く長持ちすることも、昔の流通の悪さをカバーした商品として重宝がられたようだ。文献などを紐解くと栃木県が主ともあるが、茨木県、福島県でも食されているとある。
 色いろな調理方法があるようだが、煮つけ、から揚げが美味しくいただける料理のようだ。白身でくせがない。頂いたS氏の奥方の調理の腕にもよるのだろうが郷土料理を美味しく頂いた。
posted by はらっち at 12:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記