2020年02月17日

スターウオーズ(エピソード9)を観る

IMG.jpg
" パンフレット表紙(2月17日)”

 「上映20日迄」の告知に慌てて「フォーラム那須塩原」へ観に行った。新型コロナウイルスが話題になっているこの時期、密閉された不特定多数の集合場所へ出掛けるのも如何なものかと自問自答。マスクに手袋を付ける。9時5分の上映時間になって周りを見回すと、観客は5名と拍子抜けである。
 「スターウオーズ」には懐かしい思い出がある。1977年アメリカ出張の時、ニュージャージーの映画館で駐在員達と観た。チケットが取れずに最終上映の22時頃だった。映画館の座席やスクリーン、音響など当時の日本と違って感激したことを鮮明に覚えている。頭上を宇宙戦艦が現れるプロローグも。又、劇中でレイア姫がルークに救出されるシーンでは拍手と歓声が起きた。その頃は、日本の映画館では絶滅していた。鞍馬天狗が現れたシーンと重なり妙に感激したことを思い出す。SF映画もこの「スターウオーズ」でCG技術が向上して認知されたと云われている。娯楽映画の最たるものではないだろうか。
posted by はらっち at 16:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画