2020年03月03日

町議会を傍聴

DSC08726c.jpg
" 那須町庁舎 ”

 月初めは、シニアカレッジの手続きで、黒田原地域にある行政所管の施設へ訪れる。手続きを終えて庁舎の議場へ向かった。途中、大型のドラッグストアがあるのだが、開店後間もない時間なのに、駐車場入り口には子供連れの親子が、両手に持ちきれないトイレットペーパーの包みを抱えている姿を見た。この田舎でもトイレットペーパーの買い占めが起きているらしい。
 庁舎5階の傍聴席には、10分前に着いた。途中エレベーターで知り合いの町議員お二人と遭遇。「今日から我々も傍聴される方もマスク着用だべ、でもマスク着けてるから良かったな」「えっ、そうでしたか」「このマスクも自前だよ」とA氏。
 今日は、令和2年第1回の定例会で2月27日より3月16日の会期日程の一般質問日、質問者は4名、午前中の2名の傍聴をした。既に準備されている質疑だが、どう見ても民間で仕事をしてきた者としては理解に苦しむ答弁もあり、愕然とする。条例という縛りと縦割り組織の弊害が要因なのかもしれない。それにしても13名(1名議長)の町議員が在籍しているのに、質問者が4名とは解せない。普段の町政チェックが乏しいのでは、と疑ってしまう。議場、傍聴席が全員マスク姿という異様な光景は早く解消したいものだ。
posted by はらっち at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記