2020年04月26日

我が家のマスク事情

GUM06_CL15012.jpg

 世間では、マスク品薄が続き購入出来ない、「アベノマスク」は、配布開始したものの品質不具合で回収、配布見直しなど、欲しい人の手に入らない状況にある。1週間から10日に一度大量の買い出しに行くが、その時ドラッグストア、ホームセンター等の店先に「マスクありません」の張り紙に、那須地区でもマスク入手が困難な状況を知る。そのようなマスク状況を他人事のようにいっているが、我が家では、「新型コロナウイルス」騒ぎの前に購入した「使い捨てマスク65枚入り」1箱と「立体マスク10枚入り」で事足りている。
それに、頂いた手製マスクと妻作成の手製マスクだ。妻作成の手製マスクは、連日テレビに登場する小池都知事のセンスの良い手製マスクに触発されて、立体マスク作りに余念がない。マスク使用料が少ない最大の理由は、外出しないので使う機会が少ないことだ。今年は、花粉症の症状も軽く、マスクの使用頻度が少ないことも輪を掛けている。神様もこのご時世、花粉症で追い打ちは掛けられまいと自重してくれているのかもしれない。
 本日も濃厚接触者1名継続中。
posted by はらっち at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記