2020年04月27日

小夏ちゃんが我が家に

page.jpg
  ” 頂いた小夏 (4月27日)”

 「高知へ行ったので果物を送ります」と香川の友人から連絡があった。昨日、宅配便で「小夏」が大量に届いた。小夏は、ミカンの形に似ている。初めて口にする。
小夏購入にはエピソードがあったようだ。友人は、大阪からの来た知り合いの元カメラメーカー技術者のお供で高知の山間部へお供したようだ。知り合いの技術者は、天体に関しては日本でも知られた存在。寒い夜にファインダー越しに星空を覗き続けたようだ。寝不足の身体で帰宅すると、娘さんの叱責を浴びたらしい。この時期に外出、それも大阪の人と一緒何て信じられないと、確かに普段は娘さんの子供達を面倒見る保育士的な存在、娘さんにとっては気が気でないのだろう。友人も板挟みで頭を抱えていた。
 そのような曰く付きの「小夏」、初めて食したが、グレープフルーツから酸味を除き、甘夏のような甘さで美味しい。友人の苦労はさておいて美味しくいただいている。 
posted by はらっち at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記