2020年07月08日

「那須町の文化遺産」紹介パンフ

7.8.bmp
   ” パンフレットをスキャン (7月8日)”

 那須町は、栃木県で県北地区と云われ福島県白河市、棚倉町、茨城県の大子町に隣接している。町内には奥州街道、東山道(義経街道)、原街道など中央(都)と地方を結ぶ街道筋になっていた。奥の細道の一部であり、歴史的にも史跡、文化財に事欠かない。それらをまとめた書物に那須町教育委員会が発行している「那須町の文化遺産」がある。那須町の文化財を知る教科書的な存在だ。今日、文化センターへ用事で赴くと頒布物テーブルに同じタイトルの「那須町の文化遺産」というポケット型のパンフレットに目が留まった。内容を見ると、教育委員会発行の本がA4サイズで持ち歩くには不向きだが、こちらは、ダイジェスト版と云った内容で、観光地図も載っている。発行元は、那須町文化協会とある。発行日を見ると19.3と記されている。さて、どれほどの人が手にしてるのだろうか、気になるところだ。
posted by はらっち at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報